ムーン・パレス (新潮文庫)

制作 : Paul Auster  柴田 元幸 
  • 新潮社
3.86
  • (348)
  • (322)
  • (430)
  • (25)
  • (9)
本棚登録 : 2906
レビュー : 333
  • Amazon.co.jp ・本 (532ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102451045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悪くない…悪くはない。むしろ良いと思う。
    けど好みじゃない。
    数冊読んで好みが出てきたからなんですが…

    たくさんの大事な人を得てそして失ってきたこの主人公の心はとても繊細で破滅的。
    主人公なのに彼のエピソードの部分だけが好きになれない。
    そして希望を見出したように見える最後のあのシーン…
    あのあと彼は色々な事とちゃんと向き合えたのか、これからの人生でおこるであろう様々なことに立ち向かえたのか。
    1冊分の彼の人生をみてきた後では不安が残る…

    キャラが好きじゃないなと思いつつこんなことを思ってしまうのは共感してしまったのか作者の描写がとても上手なのか。
    ああいう感じに終わるのはいいんですが、彼のキャラクターを考えるともう少し違うエンドが欲しかったかな。

    この作者は4作目ですが自然に読める翻訳には毎回感心してしまいます。素晴らしい。

  • クズはクズでしかないのか。

  • 植物がグイグイ水を吸うみたいに、
    私の中にどんどん沁みてくる物語だった。
    ほかのどんな時でもない、
    今読めて本当によかった。

    物語が持ってる
    ワクワクさせてくれる力、
    それが人生のほんとうかもしれないと感じさせてくれる力、
    私にとってはそういうものがたくさん詰まった物語だった。

    愛おしいって言葉が1番しっくりくるな。
    私はこれを会社の行き帰りの満員電車の中で読み継いだけれど、
    読んでいる間、
    私はニューヨークのセントラルパークにいて、
    ユタの洞窟を探し、
    真夏の暑いさなかに汗をダラダラかきながらビールを飲む気持ちになった。
    本当にそこへ連れて行ってくれる物語だった。
    物語の楽しさを存分に楽しめる物語だった。

    解説にあったように、彼の人生はここから始まるのかもしれない。
    でも紛れもなくそこまでのあれもこれも、
    彼の人生の断片で
    なければここまで決してたどり着けなかったのだ。
    私はそれが奇跡で愛おしくて、
    ほかの誰とも違う彼、すなわち私がいることだと思う。

    何もかもなくしたい衝動というのを、
    人は持ってるのかもしれないと思った。
    もう一度、新しく生きるために。

  • ポールオースターの作品は初めてでしたが、面白かったです。
    あまりに都合が良すぎる展開は一種のコメディでしたが、主人公と周囲の人物の関わりからは哲学的な何かを感じさせられました。
    主人公が色んな人と出会い、人と繋がる喜び、大切なものを失う悲しみを知り、そして学生時代、自分の殻に閉じこもり、誰も受け入れなかった彼が、人を赦し受け入れていくことを学んでいく。400ページ程の本ですが、人生で人が成長していくために必要な経験が沢山書かれていると思います。
    少し回りくどい構成ですが、読み終わってみると、この構成でよかったとさえ思わせてしまうくらい、大人になるために必要なことが書かれていました。
    青春小説として素晴らしい本でした。

  • 波乱万丈の三代にわたる青春物語。ユーモアあふれる文体が読みやすく、一気に読んだ。コメディタッチではあるけれど、本質的には孤独を感じさせる、悲しみに満ちた物語でもあると思う。

  • 同じ状況に陥ったら同じように思い、感じるんじゃないだろうか。
    精神的に混乱しているときを含め、主人公の心の動きは自分にとって妙にリアルで、近さを感じた。
    そんな現実感で読んでいたところへ、エフィングの登場である。
    ひと癖もふた癖もある謎の老人。
    どこまで何が本当なのか。
    「このあたりもうちょっとはしょってもいいんじゃないか」と思い始めると、そこでググッと話が展開し引き込まれること2度3度。糸がつながってゆく。

    哀しくてあたたかい。
    すべてわかった今、少し時をおいたらもう一度読み直したいという気になっている。

  • オースターの作品のなかでもとりわけ人気が高いと言われる小説。
    端的に言うと自分探しのための生き方を一時期した青年の物語。
    それでいて最後まで読むと三世代の男たちの物語であることも分かる。

    大学生のフォッグが、唯一の肉親であるビクター伯父さんを亡くすことから始まる第一部が私は一番好きだった。
    大好きで拠り所としていた人を失い、悲しみのあまり自分の持っているものを全て失うように仕向け、そして全て手離して堕ちたところから再生が始まる。
    全て失ったように見えて、失っていないものの存在に気づく瞬間の温かさ。そしてまた再生していく、人間の力強さ。

    青春小説でありつつ謎解きのような要素も孕んでいるからあらすじは書けないけれど、第二部第三部と読み進んで少しずつ謎に気づいていくつくり。勘の良い人ならわりと早い段階で気づくのかも知れない。
    予定調和というか、あまりにも出来すぎた流れだと思うところもあるけれど、フォッグが大人になるためには必要な流れだったのだろうと思う。タイミングの妙みたいなもの。

    失う痛み、気づき、そして人を赦すこと。ひとつずつを経験して、人は自分を知っていく。

    ちょっと長くて正直読み進まなくなった場面もあるから、個人的にはもう少し物語が圧縮されてた方がより好ましい。
    しかしながら青春小説としては必読とも言える作品。圧巻。

  • なんともジャンル分けしにくい本を読んでしまった。
    中身じゃなくて、心がからっぽな人間の数奇な人生という感じ。
    私は読書に繊細さ、あるいは強固なものを汲み取るのだが
    この本は私とは性別が違うとはっきり言うことができる。

    おもしろいがあんまり共感できなかったので★3つ

    • 円軌道の外さん

      讃歌さん、はじめまして!
      関西出身で東京在住、
      読書は勿論、映画と音楽と猫には目がないプロボクサーです。
      遅くなりましたがフォロー...

      讃歌さん、はじめまして!
      関西出身で東京在住、
      読書は勿論、映画と音楽と猫には目がないプロボクサーです。
      遅くなりましたがフォローありがとうございました(^o^)

      奇遇でビックリしたんですが、
      今ちょうどこの本23年ぶりくらいに再読中で、
      あれ?こんな話だっけ?って
      延々と続く荒唐無稽なエピソードの数々と格闘しております(笑)

      それにしても、素敵な本棚のラインナップですね。
      感覚的で独創的なレビューにも
      かなり惹かれました。
      またオススメありましたら
      教えていただけると嬉しいです。

      ではでは、これからも末永くよろしくお願いします!

      あっ、コメントや花丸ポチいただければ
      必ずお返しに伺いますので
      こちらにもまた気軽に遊びに来てくださいね。
      (お返事は仕事の都合によってかなり遅くなったりもしますが、そこは御了承願います…汗)

      ではでは~(^^)




      2015/05/31
  • 訳書は日本語のリズムにどう移植するかが命。この本はテンポ良く、荒唐無稽な世界に気持ちよく連れていかれる。偶然が多いかもしれないけど所詮人生はそういう要素の積み重ねだと思える。この作者にとっては特殊な書き方らしいので、他のとも比べてみたい。

  • マーコと世界とをつなぐ唯一の存在であった伯父が亡くなり、彼はゆっくりと落下していく。ゆるやかな降下の中、偶然の出会いから自身の出生の謎へと導かれる。
    物語性と現実感が調和した作品。

全333件中 1 - 10件を表示

ムーン・パレス (新潮文庫)のその他の作品

ムーン・パレス 単行本 ムーン・パレス ポール・オースター

ポール・オースターの作品

ムーン・パレス (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする