リヴァイアサン (新潮文庫)

制作 : Paul Auster  柴田 元幸 
  • 新潮社
3.60
  • (73)
  • (117)
  • (208)
  • (8)
  • (4)
本棚登録 : 959
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102451076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • で、村上春樹の次に読んだのが、このポールオースター作品なんだけど、内容の面白さでは完全にこっち。訳文も流石って感じで、飽きることなく一気に読んじゃいました。ガープもそうだったけど、文筆家を主人公に立てると、当たり前ながら本人達が一番よく分かっている世界のことだけに、素敵な物語が出来上がる、ってところはあるんでしょうか。他の作品も読んでみたいです。

  • 作品構成というか、プロットが秀逸だと思う。それによってリアリティを高く感じさせているように思う。こういうところが著者の旨さなのだろうなと感じる.作品中の映画や、本作のように作中作など、とても使いこなしがさりげないながらも心に響く。

  • 「僕に会えなくて寂しかったからです」
    「長旅に出て、葉書を買っておくのを忘れたんです。そうやって僕との連絡を保とうとしたんです」

    折り重なる偶然が紡ぎ出す、衝撃のラスト。
    友情や恋愛や裏切り、人間関係の機微を軸としながら繰り広げられるミステリーに、ページを繰る手が止まらなかった。

    多くの読者が共感可能な、平凡で無垢な作家である主人公に感情移入しながら、親友ベンジャミン・サックスの生き方や、その人生の終わらせ方までを一気に楽しめた。重厚でありながら人懐っこい、オースターの堂々たる傑作だ。

  • 今までのオースター作品とは少し毛色が違う感じ。

  • アメリカ各地の自由の女神像を爆破し続け、最後は道端で突然に爆死した”自由の怪人”は、実は自分の大事な作家仲間であったーなぜ優れた作家であった友人が”自由の怪人”と化していったのか、そこの潜む数々の奇跡的な偶然の連なりを、主人公が事件後に執筆されたノンフィクション小説という形式で描く。

    オースターの多くの作品では”偶然”というモチーフが、あたかも必然的な連なりをもって物語をドライブさせていくが、本書でのこの連なり方は、他作品に増してドラマティックに展開される。その点で、本書は自らの想像を超える奇跡的な偶然の連鎖に人が遭遇したときに、どのような反応をするのかという一種の思考実験としても面白く読める。

    「そこで起きた出来事を伝えることがいまだ私にとってショックを与えるのは、現実というものがつねに、我々が想像しうることの一歩先を行っているからにほかならない。(中略)この教訓はいまや私には逃れようのないものに思える。どんなことでも起きうる。そして、いずれは何らかの形で、事実どんなことでも起きるのだ。」
    (本書p266より引用)

  • 物語は人を癒す力がある、という話をどこかで聞いたような気がする。自分の中で、この本はその役割を担っていた。何がどう、というと上手く説明出来ないけど、わたしの中の何かを癒してくれた。大切な本になった。

  • ピーターが語る彼の友人サックスについてのある事件を発端とする物語。
    一つ一つの事柄に因果関係をはっきりとさせている、もしくはこじつけているが、これはピーターが語るサックスの好み(”奇妙な歴史的つながりをつぎつぎ並べてみせるのもお手の物だった”)の影響を受けたことを示すためにこのような文体にしているのかもしれないと思うと、語り手であるピーターが非常に親しみを感じ引き込まれていった。
    社会的な問題を論じる場面が多かったことから後々のメタファーとして深読みするべきかそうでないのか悩んだが、慣れてくるとそういった細かな事柄が後の高度へとつながっていく様子に毎度驚かされ刺激的だった。

    続けて同じ本を繰り返し読むのは苦手なので、時間を空けてもう一度読みたい本。

  • 「私」の親友サックスは、快活で強靭な意志を持つ男だ。彼は文筆家として生計を立て、妻ファニーとつつがなく暮らしていた。しかし彼の魅力こそが、彼を追い込み転落させてしまう。

    あたかも必然のように悲劇を迎えるのは、あくまでも「私」が書いた物語だからかもしれない。
    本作は、「私」がサックスについて記した物語、という形式をとっている。
    だが単なる伝記物語ではない。「私」がサックス(とその周辺)について語りながら、しかも「私」自身のことをも語る。
    その絡み方が綿密で、ただの物語とはいえない深みを与えてくれているのだ。

  • (2014/04/26購入)(2014/04/27読了)

  • 1人の男が爆死する。その男が自分の親友であることに気づく語り手がその男サックスの人生を語る物語。
    オースターは人生を描くのが本当上手い。精密な描写と物語に力がありぐいぐい読める。登場する人物もみな独特の個性があり魅力的で、全体的に物語もまとまっていてとても面白かった。

全90件中 11 - 20件を表示

リヴァイアサン (新潮文庫)のその他の作品

リヴァイアサン 単行本 リヴァイアサン ポール・オースター

ポール・オースターの作品

ツイートする