大戦勃発〈2〉 (新潮文庫)

制作 : Tom Clancy  田村 源二 
  • 新潮社
3.43
  • (5)
  • (10)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 155
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (497ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102472224

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2巻のテーマは、毛沢東と共産主義。クランシーは、毛沢東の少女性癖を徹底的に糾弾することにより国家の象徴からバッサリ切る。

    そして、極めつけは中国警察(国家)による聖職者の殺害により悪の国家 中華人民共和国という位置付けを明確にする。しかも、国家による生まれたばかりの赤子の殺害の場面を組み合わせること野蛮国家とのレッテルを貼る。

    現代のアメリカ政権でもタブー視されている台湾の承認問題も民主政体支持というわかりやすい理屈でクランシー流のべき論を展開する。

    物語は、CNNによる聖職者兼外交官の銃殺というニュースが中国製品不買運動に発展し、おりしもの外貨不足に拍車がかかり追い詰められる中国の政権内部で隣国ロシアで発見された金鉱と油田を巡り、いよいよ戦争準備が進んでいく形が展開する。

  • やっぱり、男女の関係に関する話は
    要らないなぁ。。。と思いながら読んでました。

    ・・・( ̄  ̄;) うーん
    ☆4つは、甘かったかな・・・
    って思っているんですがね。。。

    軍レベルの方々が頑張ってるし
    まぁ、いいか。。。

全2件中 1 - 2件を表示

大戦勃発〈2〉 (新潮文庫)のその他の作品

Bear and the Dragon (Random House Large Print) ハードカバー Bear and the Dragon (Random House Large Print) トム・クランシー
The Bear and the Dragon Audible版 The Bear and the Dragon トム・クランシー
The Bear and the Dragon 図書館 The Bear and the Dragon トム・クランシー

トム・クランシーの作品

ツイートする