サイエンス・サイトーク いのちを守る安全学 (新潮OH!文庫)

  • 新潮社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102900802

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 震災の報道は、東京で起こったらどうなっていたか、という視点で報じている。
    大震災で餓死した人は一人もいない。
    阪神大震災では交通渋滞で被害が拡大してしまった。
    失敗のメカニズムを知識化しないといけない。

  • 読書録「サイエンス・サイトークいのちを守る安全学」4

    著者 日垣隆、他
    出版 新潮OH!文庫

    P36より引用
    “どうも僕らは、数だけで、今年は去年より減ったとか、一万人
    突破だとかいうふうな、統計だけ知らされることによって、その
    なかで起きている一つ一つのしんどさっていうことに、なかなか
    考えがおよびません。”

     目次から抜粋引用
    “犯罪被害者になった時
     災害報道は何を伝えたか
     化学物質との正しいつきあい方
     失敗に学ぶ”

     ジャーナリストである著者による、ラジオとインターネットと
    文庫の形で発信された、各分野の著名な専門家との対談集。
     犯罪被害についてから失敗についてまで、いのちと安全につい
    てを主題にした対談が収録されています。

     上記の引用は、犯罪白書での統計を取り上げての一文。
    自分の周りが平穏であっても、今もどこかで苦しんでいる人がい
    るということを、忘れてはいけないんだなと思いました。
     化学物質について書かれた章での、p115辺りを読むと、視野を
    広く持つことの大切さを感じます。
     衝撃的でニュースになること以外の部分にも、目を向けるよう
    にしなければなと思いました。ただ、そういうことを扱う専門家
    でなければ、一番元の情報に触れるのはなかなか難しいことだと
    も思います。そういう意味では、触れることに出来ない情報をも
    たらしてくれるジャーナリストの方たちはありがたい存在です。

    ーーーーー

  • 2008年76冊目

全3件中 1 - 3件を表示

日垣隆の作品

ツイートする