上野池之端 鱗や繁盛記

著者 :
  • 新潮社
3.57
  • (11)
  • (50)
  • (52)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 227
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103003168

作品紹介・あらすじ

なぜみんな気がつかないの? 優しい若旦那の背中で口を開ける蛇の姿に――。騙されて江戸に来たお末の奉公先「鱗や」は料理も接客も三流の料理店だった。少しでもお客を喜ばせたい。お末の願いが同じ志を持つ若旦那に通じ、名店と呼ばれた昔を取り戻すための奮闘が始まった。甦った名物料理と粋なもてなしが通人の噂になる頃、お末は若旦那のもう一つの顔に気づいていく……。美味絶佳の人情時代小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 江戸の料理店が舞台。奉公に出されたお末、若旦那を八郎に軸に三流料理店「鱗や」が一流店に至るまでの繁盛記。お末の成長と思いととも八郎の秘められた過去が馬脚を現し始める。怨念、非道、欲望に裏打ちされた事件の解明もミステリー心を擽る。若旦那に掛けられた言葉にお末が明日の希望を見出し、その思いが若旦那の大罪を防ぐ防波堤となる ・・・意地らしい感動の場面。料理の描写に唾を飲み、人の情けに涙を流しサクサク染み入る文章に心の襞は踊り出す。最後の情景が一枚の絵となり暫く心はホカホカな予感です。

  • 落ちぶれた料理屋に半ば騙される形で奉公に出された女の子・お末が主人公の連作短編集。
    主人家族のダメダメっぷりにイラっとしながらも、お末の聡明さに救われ、お店がどんどん昔を取り戻していく姿にじんわりする。
    最後の終わり方が少し物足りなかったけど、ほんわかするお話でした。

  • 騙されて江戸の奉公先に連れて来られたお末。連れ込み宿同然の三流料理屋の鱗やを、若旦那とともに立て直していく。

    巻き込まれる事件の謎を解き明かしながら、料理屋を奉公人ともども作り替えていく前半は面白かった。料理の描写も美味しそうで、楽しく読めた。西條さんの料理描写は本当に素敵。大好きです。しかし、後半から、若旦那の過去が絡み、思いがけずシリアスな展開に。まぁ、最後は落ち着くところで落ち着いたけれど、若旦那が暴挙に走るところはちょっとなぁ、、、という感じ。お末に諭されなくとも、もうちょっと頭のいい振る舞い方も出来たのでは?と思った。

  • 人の心がかよっていてあつたかい小説。
     面白かった。後半に入って、若旦那やそれを取り巻く本筋がすべて読めた。

  • 『千年鬼』のあの、救われないのに爽やかに明るいのが強く印象に残っていて、読んでみようかな、と。
    ピーナツアレルギーのアナフィラキシーショックや、ストーカー殺人と言った超現代的なネタでミステリ仕立てな部分もあり、でも其々のキャラの機微はしっかりしてるかな。
    ラストが最大3行(?)何か足りないような気がした。
    残念なところはそこだけ。期待した通り、読後感は悪くなかったです。

  • 三流料理屋「鱗や」に奉公に出されたお末。
    盗みの疑いをかけられたお末を助けてくれたのは、鱗やに婿入りしてきた若旦那の八十八朗。
    八十八朗の、「鱗やをもっといい料理屋にしたい」という思いに賛同し、力になろうと懸命に働き出す。
    鱗やの評判が上がってきた時、お末は若旦那の裏の顔に気づき…。

    よくある巻き返しものというか下克上ものと思っていたら、最後にひとひねり。
    後味さわやか。


    収録作品:蛤鍋の客 桜楼の女将 千両役者 師走の雑煮 春の幽霊 八年桜

  • 江戸は上野、池之端の料理屋が舞台の時代小説。
    田舎から出てきた女の子が奉公に上がった店は、料理屋とは名ばかりの連れ込み茶屋だったが、婿入りした若旦那の差配のもと、店の者たちもやる気を出して、料理屋番付に乗るところまでとなる。その過程でトラブルが起きたり、それを解決したり、という展開で、そのまま人情話で終わっても良さそうな感じで進んでいく。しかし、ふとしたキッカケから女の子は若旦那に違和感を抱く。菩薩と呼ばれる若旦那は、両親と兄弟を殺し、店を乗っ取った男への復讐を周到に準備していたのだ。その男とは、店主であり婿入り先の舅だった。
    前半は女の子が苦労しながら、歯をくいしばって頑張る姿が健気。それが奉公を続けるうちに周りに気を配れるようになり、それは仕事でも生かされていくのだか、若旦那の裏の顔に気づいてしまうことにつながっていく。奉公人たちを一流の店に相応しくなるよう育ててきた若旦那にとって、女の子の成長は嬉しくもあり、皮肉な結果でもある。
    エンディングはちょっとうまく行き過ぎじゃないかなあと思うけど、復讐のくだりがドロドロで重いので、最後はこのくらい暖かくないと終われないかな。

  • 三流の「鱗や」が料理屋番付入りを目指し奮闘

  • 先は想定できるものの、あの賢い若旦那がどう始末をつけるものやらと読み進める。やはりありきたりに刺し違えの幕かと思えば、ご赦免あり。納まるところに納まった。よもやお日出とお鶴までご赦免なんてことならば、ゆるし難い。お軽を殺そうとした彼女らに対して、意外と寛大なお末の態度に納得いかんのだよ。まあ、タイトルからして鱗やの行く末は明るいんでしょう。よかった。

  • 鱗やに奉公にきたお末が、一生懸命お店を立て直していくお話。
    登場人物の人情劇みたいな部分もあって楽しめました♪
    でてくるお料理の描写がおいしそう!!
    美味しそうな描写の文章を読んだときってなんであんなに幸せな気分になるんだろう(笑)
    最後の終わり方を何だかもっと掘り下げて欲しかった感じが残りましたけどよかったです^^
    続編、とか出てもいいような気がします。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年北海道生まれ。2005年『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。12年に『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞を受賞、15年には『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞した。他著に「善人長屋」シリーズ、『九十九藤』『無暁の鈴』『睦月童』などがある。

「2019年 『亥子ころころ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西條奈加の作品

ツイートする