空色ヒッチハイカー

著者 :
  • 新潮社
3.44
  • (30)
  • (75)
  • (126)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 422
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103007524

作品紹介・あらすじ

あれほど憧れ続けた兄貴の背中を追いかけて、18歳の夏休み、僕は何もかも放りだして街を出た。兄貴の残した年代物のキャデラックに免許証。抜けるような夏空。ミニスカートにタンクトップの謎の美女・杏子ちゃんが、旅の相棒。個性あふれるヒッチハイカーたちと一瞬の出会いを繰り返しながら、僕は、ひたすら走り続ける!バカだからこそ、突き進める。真面目だからこそ、迷わない。-究極の青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 完璧な「お兄ちゃん」を追う弟・彰二。
    それをひとやすみして旅にでる。
    「お兄ちゃん」の車で。無免許で。
    免許証は「お兄ちゃん」が以前紛失して、再発行してから出てきたもの。
    なぜ再発行したものを使わないのかと思ったけれど
    いつの間にか忘れてしまった。
    本当は大きな意味があったのに。

    「お兄ちゃん」は過去形で登場する。
    それに彰二はどこか悲しそうでもある。
    だから旅の相棒となった杏子ちゃんと同じことを考えた。
    ・・・もういないのだと。

    関東から九州までの間には、いろんな人たちと出会う。
    見知らぬ人が見知らぬ人の車に乗る。
    けれどそこには危うさなど微塵もない。
    わたしも乗ってみたいとすら思う。

    そして旅をしていた理由がわかるあたりで
    ストーリーの空気が変わっていく。
    大事なものを取り戻すために出場したのは「イチゴ飛ばし」。
    苺を口にいれてプッと吹き出すのだ。
    なんと粋な競技の登場だろうか。


    彰二と杏子ちゃんのこれからははじまったばかりだ。

  • ずっと前に読んだので、詳細は覚えていませんが、面白かった記憶があります。また読みたいです。橋本さんの作品の題名が好きです。

  • 常に目標としていた兄の残した1959年製のキャデラックに乗って、途中で拾った杏子と一緒に、彰二は九州を目指した。
    道中で出会うヒッチハイカーは、必ず乗せると決めて。
    18歳の、自分の先の道を見失いかけた青年の、旅立ちの物語。

    ヒッチハイカー達のエピソードは、他愛のないものばかり。
    そのおかげで、彰二本人のストーリーに重きが置かれ、印象深く感じられました。

    自分が見つけたもの、自分がこれと決めたもの、お兄ちゃんの選択を応援したいと思います。
    ご家族の反応はどうなのかな、とは気になりますが。

    私自身も、子供の置かれた立場、選んだものを信じて応援する親にならないと、としみじみ感じる次第です。

  • ロードノベル、やっぱり好きだ。自分も知らない土地にいるような気がしてワクワクする。国道一号と二号の旅だからオイラが知っている土地の登場を期待したけど、残念ながらちょっとだけだった。
    読後は洗車したくなった。オイル交換して少し遠出したくなる。彰二と同様に隣に女の子がいればさらにご機嫌だ。オイラにできるのはオイル交換までだけど……
    『ファンダンゴ』をもう一度観てみよう。

  • 様々な人との出会いと別れをくり返す一冊。
    読んでいるうちに旅がしたくなり、それ以上に映画『ファンダンゴ』を観たくなりました。
    お兄ちゃんの件で展開が読めてしまったのと、ちょくちょく不快なシーンや人物が出てきたのが残念。
    橋本紡は好きですが、この本はあまり合わなかったかな、と。

  • ほぼイメージ通りの青春小説。若干、余計なものはあったけれど、流れていく時間も人の距離もちょうど良い感じでした。

  • 引っ張りに引っ張った兄のことがあっさり過ぎたような

  • 18の夏、憧れ続けた兄貴の背中を追いかけて、僕は何もかもを放りだして街を出た。兄貴の残した年代物のキャデラックに免許証。抜けるような青空。旅の相棒は、謎の美女・杏子ちゃん…。個性溢れるヒッチハイカー達の物語。
    ーーーーーー
    少し昔の時代の空気を感じる物語。
    語り口調が入っているのが呼んでて心地よい。
    現実離れしている内容だけど、ヒッチハイク自体あんまり現実的はないからいいのかな。

  • 爽やか青春小説!
    さまざまなヒッチハイカーと出会い目的地へ。
    夏に読みたい1冊。

  • えーーーーーと思ったのはきっと私だけではないはず。
    2号線に入ってからは、自分の知る地名ばかりでなんだか嬉しくなった。
    よく免許ももたずにこれだけ運転出来たな…。
    途中途中で乗ってくるヒッチハイカーたちもそれぞれ個性が強くて面白かった。一番はやはり杏子ちゃんだけど。

全77件中 1 - 10件を表示

空色ヒッチハイカーのその他の作品

橋本紡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

空色ヒッチハイカーを本棚に登録しているひと

ツイートする