ストーリー・セラー

著者 :
  • 新潮社
3.88
  • (1113)
  • (1294)
  • (967)
  • (240)
  • (34)
本棚登録 : 10080
レビュー : 1393
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103018735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有川浩作品の中では自分好みではない。なんだかとても独りよがりに思えたのは私だけでしょうか?

  • 胸が苦しくなった・・・。

  • なにこの本………!
    絶句。後書きがない本をここまで怖く感じたのは初めて。

    有川さんの新刊だっ!!って立ち読みしちゃったけど、号泣フラグ立ったので買おうか迷った。
    今すごい泣きそう。

  • やっぱり、この話好きだ。

    サイドBが読みたくて、
    雑誌で、文庫で何度も読んでいたにも関わらず、
    即買い。

    サイドAでやっぱり嗚咽で、
    サイドBは声も出なかった。
    旦那に感情移入しすぎた。

    この話を好きな人を好きになりたいと思える
    ずっと持っていたいと思える一冊。

  • また、この人のラブストーリーはくすぐったくなるくらい甘々。
    それに加えて、この本は泣き要素もある。
    完璧。

  • 普通にほっこりする話だと勝手に思い、何も知らずに読みました。
    ほっこりはしたけど、私にとっては時々ズキッてくるような内容でした。

    AもBも、夫婦愛が本当に素晴らしいと思います。
    あくまで子どもの見解ですが、愛してるからこそ、その人の背負っているものを、抱えきれなくなる時があるかもしれないので…。

    電車で読んだ事が唯一の後悔。

  • 4月は警察小説強化月間!と決めていたけど、「クラン」シリーズがあまりに重厚だったので、ちょっと一息のつもりで、ブクログで評価の良かったこの作品を読んでみた。
    小説家の妻を襲う過酷な運命を、どんな時も受け止め、支え続けた夫。SideAもSideBも、終始、固有名詞は出て来ない。それでも、これだけのラブストーリーが描けるのだと、もう脱帽…SideAのラストに大泣き。悲しい運命だけど、これだけ人が愛せるのは、きっとその後の人生も幸せなはず。ラストの編集者の言葉には、少しだけ驚かされる。私は騙されたのだろうか…

  • 【あらすじ】
    妻の病名は、致死性脳劣化症候群。複雑な思考をすればするほど脳が劣化し、やがて死に至る不治の病。生きたければ、作家という仕事を辞めるしかない。医師に宣告された夫は妻に言った。「どんなひどいことになっても俺がいる。だから家に帰ろう」。妻は小説を書かない人生を選べるのか。極限に追い詰められた夫婦を描く、心震えるストーリー。

    【感想】
    読み終えた瞬間、胸がいっぱいになった。ありきたりの言葉だけど、本当に感動した。しばらくしたらまた読み返したいと思った。素敵な物語ってこういう本のことを言うんじゃないかなって思った。この本をプレゼントしてくれたひとに感謝したい。ずっと大切にするね。ありがとう。

  • 最初は恋愛要素が出ていたが、物語が進むごとに切なさが残る読後感。作家の妻を持つ夫婦が死と向き合うこと、お互いを思いやる気持ちが感じられる。作家として軌道に乗り始めた矢先に病気にみまわれ、辛い気持ちになってしまうが、夫婦の思いやりの気持ちが表れていること、パソコンで打った文章から自分の思い、そこには面と向かって言えない思いが表れていると感じる。特に『覆れ』の文の羅列から悔しく、辛い気持ちと一縷の望みを掛けてるのが伝わってくる。人を思いやる気持ちの大切さ、慎ましい生活だが、互いに愛し合っていて幸せだと感じる。

  • あっという間に読み終わり。この本の言葉で言えば私にとっては外れでした。色々と手が込んだ展開だけど、設定が軽くて大人が読む本とは思えない感じ。若い人やいま流行りの作家さんとはなかなか合わないなぁ。

全1393件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

ストーリー・セラーのその他の作品

有川浩の作品

ツイートする