ストーリー・セラー

著者 :
  • 新潮社
3.88
  • (1113)
  • (1294)
  • (967)
  • (240)
  • (34)
本棚登録 : 10080
レビュー : 1393
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103018735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんて凄い作品なんだろう。
    なんて意地悪な作品なんだろう。
    なんて優しい作品なんだろう。

    恐らく有川さんの代表作になりそうな
    剥き出しのハードコア。ここまでのベタ甘も
    自衛隊もギャップ萌えもキャラ萌えも...全てが
    詰まっていて「最強」の作品。

    どこまで涙が出続けるんだろう。
    どこまで胸が張り裂けそうなんだろう。
    どこまでこの本に出会った事を嬉しく思うだろう。

    一晩中、キーボードで
    「この本が好き」って打ち続けてやる。

  • さすが有川さん!

    Side:Aを以前アンソロジーで読んで号泣してしまったので、
    もしかしてもっと辛いことが?とかなりビクビクしながら読み始めたのですが。。。

    Side:Aだけを読んだ時の、身を切られるような哀しみが
    今回Side:A、Side:Bと続けて読むことで昇華されて、
    結果的には2度の、まったく違った驚きと感動を味わわせてくれました!

    有川さんの化身とも思えるAの彼女、Bの彼女の
    「書く」ことにかける想いの凄まじさと
    理不尽な要求に対する啖呵の鋭さ、あまりにも男らしい仕事ぶり。

    そして、「俺は一生君のファンだ」、「君を甘やかすのが人生の目標」と語り
    おおらかに彼女を見守る彼の、深い深い愛情。

    稀代のストーリーテラーである有川浩さんが
    「ストーリーテラー」ではなく『ストーリー・セラー』とタイトルをつけて
    この世にたったひとりの大切なひとを守るために
    「この物語を売って」戦うのだ、という決意を描いた、魂を揺り動かされる名作です!

    • HNGSKさん
      まろんさん、おひさしぶりです。私もこの作品を読みました。
      「君を甘やかすのが人生の目標」って・・・くぅー!!またしても、有川さんにやられまし...
      まろんさん、おひさしぶりです。私もこの作品を読みました。
      「君を甘やかすのが人生の目標」って・・・くぅー!!またしても、有川さんにやられました。そして、泣けました。
      2012/11/16
    • まろんさん
      あやこさん、コメントありがとうございます♪
      好きな人にこんな言葉をもらったら・・・と想像するだけで
      あまりの幸福感に気が遠くなりますよね?!...
      あやこさん、コメントありがとうございます♪
      好きな人にこんな言葉をもらったら・・・と想像するだけで
      あまりの幸福感に気が遠くなりますよね?!
      有川さんには本当に、心を鷲掴みにされてばかりです。
      『旅猫リポート』が発売になったと思ったら
      今度は舞台の脚本も書かれたみたいで、観に行きたくてうずうずしています。
      2012/11/18
    • ゆのさん
      まろんさん、HNGSKさん
      コメント失礼します。
      大変ステキなレビュー、コメントありがとうございます!!
      私は「ストーリー・セラー」有川浩さ...
      まろんさん、HNGSKさん
      コメント失礼します。
      大変ステキなレビュー、コメントありがとうございます!!
      私は「ストーリー・セラー」有川浩さんの作品のなかでは上位に入ってきます。「君を甘やかすのが人生の目標」…はやばいですよね。泣けます。
      急にコメント、すみません。

      2018/08/28
  •  この作品を読み終えた人は、「こんなパートナーが欲しい」って思うはず。男女関係なく。

     人間、一人だとここまで強くなれないと思う。自分がもうすぐ死ぬって知って、取り乱すことなくいられるなんて、無理だと思う。
     けど、二人だったら・・・?自分がこれから先、できることは減っていき、弱っていくしかないのだと分かっても、それを受け入れてそんな自分といてくれる人が一緒だったら・・・?
     こんなに心強いことはない。
     
     彼と彼女のように、私も自分本位でその人を想い。周囲など知ったことか、世界の損失など知ったことか、と豪語できるほどの人に出会いたい。

    • まろんさん
      こんなふうに全身全霊で誰かを好きになって、
      そしてその誰かにも同じくらい想われたら、本当に素敵ですよね!
      周りの雑音や世間の常識なんてどうで...
      こんなふうに全身全霊で誰かを好きになって、
      そしてその誰かにも同じくらい想われたら、本当に素敵ですよね!
      周りの雑音や世間の常識なんてどうでもいい、
      あなたを守れるなら、というひたむきさは
      デビュー作『塩の街』の、愛する人を守ることだけを考えて闘い
      結果的には世界を救ってしまった主人公を思い出させて
      うん、有川さん、あの頃からちっともブレてない!
      とうれしくなります♪
      2012/11/18
    • bluebird-ryuryuさん
      ayakoさんのこの本のレビューを拝見して、すごく気になりました。

      私、つぎ、この本読みます!!
      ayakoさんのこの本のレビューを拝見して、すごく気になりました。

      私、つぎ、この本読みます!!
      2012/11/19
  • 作家である女性と会社員の男性の2組のご夫婦のおはなし。

    どちらの女性も、最初は会社員としてお勤めしつつ、
    自分の中からあふれてくる書きたいことを止められず書き続ける。
    それを見出し、励まし、誰よりも先に大好きな妻の書く
    大好きな小説を読むことを最高の楽しみとしているオットさん。
    その2人に大きな試練が押し寄せる。


    どんなことがあっても決して書くことをあきらめることなく、書き続ける人。
    絶対的な無償の愛情を注ぎ続ける人。
    どちらも自分の心の奥底から湧き出す感情に素直に生きている。
    決して自分に嘘はつかない。

    ここまでストイックなものは自分の中にあるのかと考えてみる。
    失いたくないものや、今、自分を心の奥底から突き動かす感情というものはあるけれど、代替が利かないかというと、人以外ならありそう。

    そう思うと、無二のものに出会えた2人は何より幸せだと、
    哀しく幸福なお話なのではないかと、不思議な感じがした。

  • 小説の「書き手」と、小説の「読み手」。

    その双方の立場が、夫婦の絆として繋がる一方で、
    巧妙に落ちが描かれており、
    物語の二面性をのぞかせる展開が何とも面白かった。

    特に、Side:Aと、Side:Bとの物語の連動性に読者は圧倒される。

    『レインツリーの国』といい、『ストーリー・セラー』といい、
    有川さんの小説は、登場人物間のストレートな気持ちのぶつけ合いが、
    読んでいて爽快で、どんどんその魅力に引き込まれていきます。

  • 小説家と、彼女を支える夫を襲ったあまりにも過酷な運命。極限の決断を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた―。極上のラブ・ストーリー。「Story Seller」に発表された「Side:A」に、単行本のために書き下ろされた「Side:B」を加えた完全版。
    「BOOK」データベース より

    不覚にも涙が零れた.
    パートナーが若くして死ぬ、という状況であるからではなく.
    自分を想うことが相手をも想うこと.
    そんな関係性の二人だからこそ、哀しい状況に陥っても前を向いて歩けるのだ.

    • HNGSKさん
      はじめまして。あやこといいます。
      ecottさんは、有川さんをたくさん読まれてるんです。そして、タイを。
      「自分を想うことが相手を想うこと」...
      はじめまして。あやこといいます。
      ecottさんは、有川さんをたくさん読まれてるんです。そして、タイを。
      「自分を想うことが相手を想うこと」
      ecottさんのレビューになるほどなあ、と思いました。
      2012/11/19
    • ecottさん
      あやこさん
      はじめまして.コメントありがとうございます^ ^
      有川さんの書かれる物語は心を元気にしてくれるのでとてもスキです.
      自分を想うこ...
      あやこさん
      はじめまして.コメントありがとうございます^ ^
      有川さんの書かれる物語は心を元気にしてくれるのでとてもスキです.
      自分を想うことが相手を想うことになるような関係性をつくることができるということはステキなことです.
      2012/11/19
  • 本当に感動。この本は、大切な人へのメッセージとして贈りたい。
    そして、何よりも表紙のブルーリボンが印象的。

    図書館でボロ泣きです…。

    さすが、有川先生です!!

  • 『ラブコメ今昔』に次いで有川作品2作目です。これは又、途方もなく切ないお話です。支える愛と受け止める愛。
    幸せの最中に於いて、突然、病魔という人間の力の及びきれないところで愛する者同士が伴侶を失う運命に置かれてしまいます。愛が純粋で深ければ深いほど、別れは必然的に辛いものになります。その喪失感を受け止めつつ、悪夢を逆夢に変えるのだという主人公の強い意志は今作が決してアンハッピーだけではないことを感じさせてくれます。
    saideAとsaideBに分かれているのですがどちらかといえばAの方が好みでした。そして私もやはりBの方がAを包括している事実だと思いました。そして、ラスト、どこまでが本当のことなのかは・・読んだ人それぞれの感じるところまでなのでしょう。

  • 全力で愛し、全力で生きる。
    スゴいです。
    生きっぷりが壮絶です。
    でも、ちっとも息苦しくならずに、読めるところが、有川さんのスゴい所なのでしょうね。
    でもでも、大事な人が死んじゃうお話は、やっぱり苦手かも…

  • どうして、この本読んでなかったんだろう。
    Side.A、side.Bどちらも、良かった。
    どちらも、夫婦仲がとてもいい。
    羨ましい限り。
    食べ物の好みが似ている、ということが
    伴侶の条件と思っていたけれど、
    読み物の好みが似ていることも大事かもなぁ。
    ミスったぜ。

    Bで、どこまでが現実でどこまでが創作なのか。。。
    想像させるところが憎らしい。
    幸せなところだけ、現実でありますように。

  • Until death do us part.
    読了後、そんな言葉が浮かんだ。
    いくら愛していても、
    信じ合っていても、
    死は免れようもないことなのだと。
    普段、こうして元気に過ごしているから、うっかり忘れてしまいがちだけれど、やはり愛する人の死は、自分の一番の理解者の不在は辛い。

    有川さんらしい、会話の妙。
    それだけに、喪失感はハンパないや。

    • まろんさん
      壮絶な物語ですよね。
      書ける人の思い、書けない人の思い、
      死に向かう人の思い、愛する人の死と闘う人の思い、
      ヒリヒリと考えさせられる名作です...
      壮絶な物語ですよね。
      書ける人の思い、書けない人の思い、
      死に向かう人の思い、愛する人の死と闘う人の思い、
      ヒリヒリと考えさせられる名作です!
      2012/11/06
    • 永遠ニ馨ルさん
      壮絶ですね。
      書かずにいられない人の想いと、それを応援する愛。
      本当にまろんさんのおっしゃるとおり、
      ヒリヒリと心が痛むけれど、考えさせられ...
      壮絶ですね。
      書かずにいられない人の想いと、それを応援する愛。
      本当にまろんさんのおっしゃるとおり、
      ヒリヒリと心が痛むけれど、考えさせられました。
      2012/11/07
  • 本当にこの作者は、言葉の魔術師かもしれない。僕の心に染み渡る言葉の数々。本当に心地良い作品でした。
    (この話はノンフィクション?)

  • ブクログでは、『泣ける~』という感想が多かったですが、私は泣かなかったです。泣きそうにもならなかった。泣きますか?これ?Side:AとSide:Bが対の話になってるのですね。全く違う世界の話なんだけど、どちらも、作家の彼女とそのファンである彼。Side:Aは彼女が死ぬ話、Side:Bは彼が死ぬ話。
    Side:Bは構造が複雑で、作家は彼が死ぬ話を書いているけど、実際の彼は、病気と戦っているところで終わってると思う。
    ストーリー・セラーってタイトルでどうして病気で死ぬ話書くかな?
    その発想が好きじゃない。作家と読者であり、恋人や夫婦であるという関係の面白さや難しさが描かれているのかなと思ったから。
    病気になるのは、作家や読者、関係ないもん。
    二人の馴れ初めから書かれているのですが、そこはいつものラブコメです。つーか、作家と読者のラブコメが書きたかっただけか?
    いつも通り、甘すぎて恥ずかしくなります。
    頭の中にある妄想のままに、楽しめると思うことを書くのが、有川さんの強みです。面白い、楽しめるということに徹している。でも、あんまり度が過ぎると読み手は引くわ~こんな彼いたらな~とか自分の妄想とかぶってたら、自分の人に見せない部分をさらけだされた感じで、なんか、同族嫌悪。
    だから、有川さんの本は楽しんで読めるけど、サクサク読めるけど、好きにはなれない。あっという間に読んでしまうんだけど、ちょっと嫌いだったりするんだよな~

  • 小説家の妻とその一番の理解者である夫の物語。
    相反するSide AとSide Bの2編。
    どちらも哀しくて、でも愛しい。そして怖い。

    最後までするする読めるお話でした。
    でも、どうしても好きになれないのは、死を扱ってしまったから…でしょうか。
    元々、愛する人を亡くす恋愛小説が苦手なのです。
    なんだか感動させるための道具として使われている気がして。


    どこまでも妻を愛していて、言葉でも行動でも徹底的に妻を甘やかす旦那さん。
    というキャラクターも、うーん。
    「読む側」として絶対的な自信を持つところも少々傲慢に感じてしまいました。
    続きが読みたくて読みたくて、キスするって…。
    いつも感じるのですが、有川浩さんは自身の登場人物を褒めすぎるきらいがあると思うのです。そうすると、ひねくれ者の私は少し引いてしまうという…。


    と、いうわけであまり合わなかったけれど、あぁいいなぁ〜と思った所が一つありました。
    こどもは作りたくないという旦那さんに妻は、ただ、「いいよ」と言ってその後彼女が思うこと。


    あなたの遺伝子がこの世に遺らないのは世界の損失だと思うけど。

    世界の損失など知ったことではない。

  • 読んでいて,有川浩の個人史ではないかと不安に襲われるくらい現実味のある内容。
    学校の文芸部で,駄目だしで掲載してもらえない話,どこかであるに違いない。
    玉石混淆な学校の文芸部の文芸誌が多い中,本当にそんなことまだあるんだという思いがした。

    誰かが才能を信じてくれたり,
    誰かが書いたものを読んでくれるというだけで,
    才能が開花していく,あるいは才能を発揮したものが世の中に出て行くというありえる話だ。現実味があるのが注目点。
    妻が亡くなる場合のSide Aと,夫が亡くなるかもというSide Bの2つの話からなる。

    命を削っても書くという選択をするSide Aはあまりにも悲しい。
    自分は話には入り込めないが,こういう話を書ける有川浩の才能に敬服する。

    Side Bがなかったら,Side Aだけだったら,あまりに悲しすぎて二度とストリーセラーを開かないかもしれない。
    Side Bを書いたところに,有川浩の均衡感覚が働いているという気がする。

  • さすが有川さん。
    はじめから飛ばしてる!

    Side:Bの方は、ちょっと話の構造が込み過ぎで、ちょっとくどく思ってしまった。
    ひとまわり分、要らないんじゃないかと。

    まぁ、どちらもいつも通り安心して一気に読めた。

  • 高校の図書館で泣きながら読んだ。

  • 予約中。25人待ちで、やっと借りた。
    この本を読んで一番印象に残ったのが
    「読む」という行為が「書いた人の心」に触れている状態ってこと。

    だから本を読むってうれしいし、泣けるし、笑えるし、楽しい、悲しい。
    展開に衝撃を受けて傷ついたり、傷つけられたり…。
    当たり前のことだけど共有しているんだな…と改めて実感出来た。

    内容よりも作家さんの本音をつきつけられたような気がする。
    有川さんの心そのものみたいな気がした。
    物を生み出す、身を削る辛さ、心の叫び…
    内容よりもそっちの方に驚いた。

    • しをん。さん
      コメント・フォローありがとうございます!!まだ、始めたばかりでやり方があまり分かってなくて…。コメントをここでいいのかわかりませんが・・・。...
      コメント・フォローありがとうございます!!まだ、始めたばかりでやり方があまり分かってなくて…。コメントをここでいいのかわかりませんが・・・。

      ストーリー・セラーとても、感動的で心に届く本です(●^o^●)早く、届くといいですね♪
      2012/08/12
    • まっきーさん
      リフォローありがとうございます(*^o^*)
      コメントの仕方あってますよ♪

      有川さんの本は予約数が多くて、でも待つのも楽しみです。
      リフォローありがとうございます(*^o^*)
      コメントの仕方あってますよ♪

      有川さんの本は予約数が多くて、でも待つのも楽しみです。
      2012/08/13
  • 有川さんあんまり好きじゃない、ので好きな方は読まないでください。
    というか一方的に(って仕方ないけど)ぐちぐち書いてあるので、
    むしろ好きじゃない方以外読まないでください。

    *******

    そうそう、好きじゃない、といいつつけっこう読んでる有川さん。
    なぜならわたしの好きなひとが有川さんすきだから(笑)
    これはけっこうキツイものがあるよなー

    他の友だちも、「これは有川さんぽくない(いい意味で)」とか言ってたし、評判いいみたいなので(泣ける?とか)
    作者気にしないぞ!と思って読み始めたんですが

    なんかとってつけたような、それこそB級SFみたいな病気や
    激昂したときの口調とか
    言葉つかいのこだわりが~みたいのが
    鼻について気になって、読むのやめようかと思ったけど
    せっかくだから最後まで読みました。

    えーーー別に面白くないよ・・
    今までの有川作品と、たいして変わらず、ただ愛するひとの死とか扱ってるから泣ける(カラカラだったけど)のかなーとか

    「男前」とか「甘やかす」とか、
    なんかイチイチ言葉使いが気に障るんだけど
    これはもしかして同属嫌悪だったりしたらこわいなあ・・

    と、ここまでかいてちょっとスッキリしたはしたけど
    これは有川さんが好きじゃなくても、普通に楽しく読んだ人が読んだらいい気持ちはしないだろう勝手な感想なので、

    冒頭は「好きな人は読まないで」じゃなくて
    「きらいな人以外読まないで」にした方がいいかもな・・

    もう有川さんは読まない。
    面白いかも、好きになれるかも、と期待していっぱい読んできたけど
    合わないんじゃしょうがないよなー

    それがわかっただけよかった。
    さようなら有川さん。
    ちょっと面白かったりどきどきしたこともありました。

  • わかってる、今やめとかないと明日がつらい…と思いつつも結局読むことがやめられず読み切った作品。結局読み終わった後も余韻がすごくてすごくて、いろいろぐるぐると考えさせられて結局すごい寝不足に導いてくれた作品。なんでこんなに心に触れてくるような作品が書けるんだろう
    本当にもう、有川さんの作品は大好きだ!

全1393件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

ストーリー・セラーのその他の作品

有川浩の作品

ストーリー・セラーに関連する談話室の質問

ストーリー・セラーを本棚に登録しているひと

ツイートする