夕子ちゃんの近道

著者 :
  • 新潮社
3.59
  • (45)
  • (74)
  • (116)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 441
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103022510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんなふうにして暮らしてみたい。

  • モラトリアム青年が古道具屋で出会う人たちとの交流を描く連作短編。前半は何事も起こらないストーリーで長嶋有っぽいなと思ったけど、後半は事件が次々起こってドキドキです。

  • 噂にきいてたけど本当に名前でないんだ。最終章(書き下ろしを除く:「僕の顔」)でよくもまぁあんなにカッコよくまとまるなぁ!それまでのなんともない話が、この章で一気に大切なものにみえる。夕子ちゃんの近道。…余談ですが、ヨーロッパにおける階の数え方の違いを自分が忘れていることに驚いた。

  • 主人公は何者か、ちょっと謎。

  • アンティークショップに集う、人生をちょっと休憩中のひとたち(食えない印象の店長と、天衣無縫っぷりがステキな瑞恵さん、オタク気味の夕子ちゃんに一心に箱を作り続ける美大生の朝子ちゃん。その他いろいろな風変わりなひとたち)のささやかでおもしろおかしい日常と、休憩場所からゆっくりと抜け出していくそれぞれの姿を描く。
    特に大事件が起きるわけでもなく、まっとうに暮らしていく日常がすごく綺麗に思える。
    本当に自分がやりたいことを知っていて、そこに邁進できる人間なんていなくて、みんなあがいているんだ、と思う。

  • 主人公は30代独身男性・古道具屋アルバイト。いい感じに枯れていて好感がもてます。タイトルの夕子ちゃんには事件が起きますが、主人公には何も起こりません。でも実際の人生に事件ってあまり起きないし、こんな感じのおだやかで優しい日常が過ぎていったら、素敵だなと思いました。

  • 西洋骨董店の二階に居候をする「僕」のお話。
    その店の周囲では小さな小さな人間関係の波風がたち・・
    「僕」の周りでとらえどころのない人間関係が展開していき、やがて「僕」の旅立ちの季節が来る。
    季節の流れを主軸としてとらえ、透明で淡々とした日々を描いた物語です。
    大きな動きは無いが、まったりとした小説を読みたい方にオススメです。

  • かなりまったり。主人公がお茶の事ばっかり考えてるのがかわいい。何も起こらないこの雰囲気が好き。

全98件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

長嶋有
一九七二年生まれ。二〇〇一年「サイドカーに犬」で文學界新人賞、翌年「猛スピードで母は」で芥川賞、〇七年の『夕子ちゃんの近道』で第一回大江健三郎賞を受賞し、〇八年には『ジャージの二人』が映画化された。一六年『三の隣は五号室』で谷崎潤一郎賞受賞。その他の小説に『パラレル』『泣かない女はいない』『ぼくは落ち着きがない』『ねたあとに』『佐渡の三人』『問いのない答え』『愛のようだ』『もう生まれたくない』『私に付け足されるもの』、コミック作品に『フキンシンちゃん』、エッセイ集に『いろんな気持ちが本当の気持ち』『電化文学列伝』『安全な妄想』等がある。

「2019年 『三の隣は五号室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夕子ちゃんの近道のその他の作品

長嶋有の作品

ツイートする