夕子ちゃんの近道

著者 :
  • 新潮社
3.59
  • (45)
  • (74)
  • (116)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 441
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103022510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何作か長嶋氏の小説を読んでいるけれど、どれも、語り手は作者本人に見えてしまう(だから『祝福』でいきなりひっかけられたりする)。

    p.41「買わないファンなんて」…すみません。
    p.44「なんと呼ぶかわからないが、靴下やパンツを干せるプラスチック製のもの」…陣野さんが授業で言っていたから、おぉこれか、と注目したが、大江賞の選評で言ってたんだね。
    p.46「物は古びることで価値をまとうけど、ヒトはナマモノなんだから」実はこの本はひとから譲ってもらったんだけど、ここに鉛筆で傍線引っぱってあった。紛うことなく名言だが、チョイスとしてはベタ!
    p.108「ガラスクリーナー」のくだり。「シュッて霧吹きになっているのと、シューてスプレーになっているの」あるよねあるよね。よく伸ばす、など、一番身を以てうんうん頷き読んだシーン。
    p.118~119「正しい鑑賞」「そうじゃなくて、作業の連続を見続けた君と店長が、朝子さんの作品なんじゃないかな」…なんでしょアーにはうれしい表現でもある。
    p.139「部室だと気付く。…だべっている空気」『僕は落ち着きがない』再読したくなる!そうそう、彼女らもコース―、飲んでた!

  • エッセイが面白かったので。
    ゆったりとした気分にさせてくれますが(エッセイじゃあんなに爆笑させられたのに)、続きが気になるっていう展開がなかったので読むのに2週間もかかってしまった。

  • ゆるゆるとした感じが好き☆またパリに行きたいなぁ。

  • それぞれが違うことをしているのに近くにいる。
    その距離感が好きです。
    休日をぎゅっと集めたような心地良さでした。

  • 好き。

    ゆったりとした感じの中に、
    ふいに、泣きたくなるような空気。

    こういう雰囲気を書くの、うまいなーと、思う。
    長嶋有の、こういう空気の本、好きだ。


    『夕子ちゃんはインスタントコーヒーをインシタンスコースーという。
    アイスコーヒーはアイシコースーだ。』
    お気に入り。

  • まぁまぁ。かなぁ。
    描写を頭の中で描くと、なんか、ほのぼの?

  • 読んでいると、穏やかな気持ちが満ちてくる。かと思えば、ちょっと不穏な空気が漂ってきたり、しんみりとした空気が漂ってきたり。日常をなにげなく淡々と過ごしているのと似たような心持ちになる。
    主人公のことはほとんどわからない。最後まで名前もわからないし、なんでこんな状態になったのかもわからない。
    ここで淡々と過ごすことは、たぶんこの主人公の人生の休息であって、その休息中に係わり合っていくひとの自然なやさしさが胸に響く。
    よく映像である、主人公の周りにひとが集まっていくけど、ときがたてばひとりひとりがそこから去っていって、最後は主人公もそこから去っていく、というのが頭の中で再生された。それはやっぱりちょっとさびしさが伴うものなんだけど、この話ではそれぞれがいつのまにか旅立っていて、それがさびしさよりも前向きな感じがした。
    こうやって、なにげなくつながりあえるって、うらやましいなあ。

    (229P)

  • とても淡々とした物語。
    何も起こらないし、何も変わらない。
    でも、ほんとうに?
    毎日はそれぞれ異なる表情や色彩を持っている。
    どんなに平凡に見えても、どんなにありふれて見えても、まったく同じ時間が流れることは二度とないのだ。
    淡々とした中に滔々と流れるやさしさと、くすりと笑えるユーモアのあるあたたかな連作中編集。

  • 深く深く掘り下げていくわけではなく、さらっとした心地の良い人間関係が好き。
    エンタメ小説のように笑わせようとして笑わせるのではない、たまにくすっと笑ってしまうような文体がよかった。
    最後の「パリの全員」がないほうが、綺麗な余韻で終わったような気がする。

  • 短編かぁと思っていたら話しはつながっている。
    古物を取り扱うお店でバイトってしてみたいよ。なんか面白そうな物や人に出会えそうだもんね。
    タイトルには夕子ちゃんと入っているけれど、主人公はこの古物屋でバイトしている人だわ。お店に来る人や近所の人との密接な関係が魅力的。

著者プロフィール

長嶋有
一九七二年生まれ。二〇〇一年「サイドカーに犬」で文學界新人賞、翌年「猛スピードで母は」で芥川賞、〇七年の『夕子ちゃんの近道』で第一回大江健三郎賞を受賞し、〇八年には『ジャージの二人』が映画化された。一六年『三の隣は五号室』で谷崎潤一郎賞受賞。その他の小説に『パラレル』『泣かない女はいない』『ぼくは落ち着きがない』『ねたあとに』『佐渡の三人』『問いのない答え』『愛のようだ』『もう生まれたくない』『私に付け足されるもの』、コミック作品に『フキンシンちゃん』、エッセイ集に『いろんな気持ちが本当の気持ち』『電化文学列伝』『安全な妄想』等がある。

「2019年 『三の隣は五号室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夕子ちゃんの近道のその他の作品

長嶋有の作品

ツイートする