国語元年

著者 :
  • 新潮社
4.13
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103023197

作品紹介・あらすじ

標準語で女が口説けるか。方言で強盗にはいれるか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 近代国家の確立とともに各地の言葉が「方言」「訛り」として否定され、政治的に「標準」の「日本語」が作られていく経緯を、ユーモラスかつ哀愁を込めて鮮やかに描き出した傑作。

  • 方言というものを戯曲として扱うのは、とても難しいと私は思っています。
    日本語という言語自体取り扱うことは避けてしまうものです。
    というのも、言語というものは、その環境によって多様化しうるものだと思うし、その中で絶対的な言語はないと思うからです。

    この話は、そんななかで、共通言語というものを模索する、そんなお話です。いろんな方言の人が出てきて、それぞれとても人間らしい性格をしていて、だれも間違ってない。そんな気がする、井上ひさしさんらしいお話だと思いました。

  • 初版

全3件中 1 - 3件を表示

国語元年のその他の作品

国語元年 (中公文庫) 文庫 国語元年 (中公文庫) 井上ひさし
国語元年 (新潮文庫) 文庫 国語元年 (新潮文庫) 井上ひさし

井上ひさしの作品

ツイートする