泣き虫なまいき石川啄木

著者 :
  • 新潮社
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103023203

作品紹介・あらすじ

借金と病気に苛まれつつも近代日本の絶唱・名歌をのこした天才詩人!短い生涯の中で、友人、妻、両親との間にくりひろげる壮絶な情炎の絵巻。民衆は目ざめることができるか、人は他者を愛することができるか。愛とエゴの深淵を鋭く剔抉しつつ、物語は爆笑のうちに展開し感動とともに幕を閉じる。啄木がわれらと同時代人であることを笑いで証明してみせた戯曲。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本よみうり堂(07年 リンク先閉館)紹介著書の中の1冊

  • 初版

  • 石川啄木の半生を描いた劇台本。貧しさに打ちひしがれながら、『実人生の白兵戦』を生きる啄木の姿は、悲愴感が漂っています。

  • こまつ座第七回公演 Blog<a href="http://blogs.dion.ne.jp/calimero/archives/1473741.html " target="_blank">"蚕の桑"2005-10-05</a>(蚕)
     石川 一はズーズー弁であったのだ、と再認識させられた。20年前の私である。
    津島修治=太宰の津軽弁しかり。たとえ、なまりなつかし、と文字で読んではいても、本人の日常会話まで想像がいかなかった。<a href="http://blogs.dion.ne.jp/calimero/archives/1473741.html " target="_blank">...続きを読む</a>

全4件中 1 - 4件を表示

泣き虫なまいき石川啄木のその他の作品

井上ひさしの作品

ツイートする