後北條龍虎伝

著者 :
  • 新潮社
3.81
  • (5)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103027317

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北条氏康と今川家臣の福島正成の遺児であり、後に義弟となった北条綱成が主人公の作品です。
    この本では氏康と綱成が幼少のころから、武将として成長し、河越の夜戦で勝利するまでが書かれています。

    また、氏康や綱成の心理面もよく描かれていて、特に、河越の夜戦については多く登場します。
    籠城する綱成、どう助けるか氏康という二人の心の動きがよく分かりました。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-29c8.html

  • 氏康と綱成のアツい話です。面白い

  • 主人公は北条氏康。物語は河越城が八万五千の大軍に囲まれたという報が小田原にもたらされるところからはじまります。そして河越城代・北條綱成との出会いと北條氏綱の武蔵制圧戦へ舞台は移り、クライマックスは河越野戦へ。歴史青春小説といったところでしょうか。

    2007.10.3読了

  • 結構マイナー(だと思われる)な北條家ですが、これを読めば彼らの魅力に開眼です!
    氏綱がかっこいいのは勿論、小太郎がお茶目で素敵なのですvv

  • 9月5日購入。9月8日読了。小太郎(父)大活躍ですな。時代歴史小説の醍醐味を味わいました。これ続くんだよね?

全5件中 1 - 5件を表示

海道龍一朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
海道 龍一朗
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする