闇鏡

著者 :
  • 新潮社
3.16
  • (3)
  • (11)
  • (28)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 106
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103030713

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 南北朝の争いから十年、平安を取り戻しつつある京の都。奇怪な歌に予言されるように京随一の遊女が惨殺された。現場には半月前に死んだ女と素性を明かさぬ美貌の貴人がいたという。真相を追う検非違使・龍雪の前に現れる数々の謎。

  • どんでん返しというか、そうきたかー!と素直になりました。
    悪そうに見えてほんとはいい人……と見せかけて、ほんとは……っていう常套手段。

  • ファンタジーということで賞をもらっているようですが、これだけ謎ときに重点があればミステリーかな、とも思いました。室町時代に入り込むまでに些か時間がかかったように思います。平安時代を思わせるキーワードが続きましたからね。南北朝のワードが出てきて、おっ室町時代!と思いました。そして室町時代がうまく収まっていく。収まっていくときは爽快です。
    ただ、伏線が多くて、その回収が大変。かなり頭がぐるぐるしました。
    あと、「〇〇の足を枷の様に羽交い締めにしたのは」という表現が出てきて、その技を想像してもしきれなかったです。足の羽交い絞めって?
    物語を綴る視点が動きすぎた感じがするので、私の星は3つということで。

  • 話が繋がるまでがちょっともたついた印象。
    だが謎解きが始まる後半は楽しかった。
    あと誰が主役ってこともないんだろうけど、誰の視点でいけばいいのかちょっと迷った。
    人の業という恐ろしさをうまく調理した作品。

  • うーん。いまいち世界観に入り込めなかった。雰囲気としては乾ルカの『蜜姫村』や恒川光太郎氏の作品のような感じ。『幻想郵便局』のがっかり感も先にこの本を読んでたら薄れたかなぁ。ラストでは全ての謎が解けるのですっきりした終わり方ではある。2012/298

  • ファンタジーで大賞をとっているけれど、ミステリー色の方が強いかな。
    室町時代の京都が舞台。
    あやかし、とか、陰陽とかは無関係。
    主要な人たちは、少しずつ、狂気を含んでいる感じ。
    強く執着する心がそうさせるのか。。。
    とても人間臭いかんじ。

  • 第18回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作(ただし、大幅改訂)。ファンタジーノベル大賞ではありますがほとんどミステリーで、それもなかなかの出来映えです。ただ、室町時代という珍しい時代設定なので現代では聞き慣れない単語がたくさん出てくるのにルビは最初の1回のみなのでとにかく読みづらいのが残念で★一つ減点(著者の責任ではないのかもしれないけど)。仁木英之の「李嗣源」みたく、ページ見開きごとにルビが欲しかった。あぁ、最初はかなりつらいです(笑。

  • ぞわっと怖くて面白かったけど、登場人物がパラパラしてるイメージがちょっとあった。ひとりひとり面白そうなので、シリーズ物ならいいかも。

  • 雰囲気を楽しみつつ頁をパラパラと流し読み…。
    雰囲気は好きです。
    カテゴライズに迷いましたが、時代小説にします。

  • 時間がかかったがなんとか読了。読み終えてみればまずまず面白かった。進行が行きつ戻りつしたりまどろこしいところもあったが、水準以上の出来で、新人賞は納得。将来に期待。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

堀川 アサコ(ほりかわ あさこ)
1964年生まれ、青森県出身の小説家。
2002年、『芳一――鎮西呪方絵巻』が第15回小説すばる新人賞の最終候補。2006年、『闇鏡』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、デビュー。
文庫化されている『幻想郵便局』が書店員たちの後押しもあって大ヒットし、「幻想」シリーズとして人気を誇る代表作となった。

堀川アサコの作品

ツイートする