サクリファイス

著者 :
  • 新潮社
4.05
  • (502)
  • (585)
  • (353)
  • (29)
  • (7)
本棚登録 : 2371
レビュー : 601
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103052517

作品紹介・あらすじ

ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ-。二転三転する真相、リフレインし重きを増す主題、押し寄せる感動!自転車ロードレースの世界を舞台に描く、青春ミステリの逸品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 皆さんの本棚でよく見かけていたのですが、スポーツもの
    しかも自転車ロードレースなので、避けていたけど
    読んだら面白かった。というよりも衝撃的で、あとからじわーと
    感動して、読み心地が何とも言えない。

    不動のエース石尾、石尾を支える赤城、若手のチカと伊庭
    3年前事故で引退を余儀なくされた袴田、チカの元カノ香乃
    (この二人好きになれなかった・・・↑↑)
    エースよりもエースを支えるアシストの面々に魅かれてしまった。
    特に赤城さんに。

    伏線回収しつつ二転三転して、衝撃の波状攻撃に最後は
    鳥肌ものでした。

    F1レースに通じるものがあって面白かった。
    続きも読みたい。

  • ロードレースの世界を描いた本とのことで、ついていけるか不安を抱きながら読み始めたけれど。。。全くの杞憂でした!

    「勝つためには手段を選ばない冷徹なエース」と周りの誰もが思っていた石尾の、ロードレースにかける並外れた情熱と、アシストしてくれた仲間、自分の跡を継いでロードレース界を引っ張っていくであろう後輩への真摯な想い。。。

    エースを勝たせるためなら、自分のタイヤを譲っても、ゴールできるチャンスを逃してもアシストする、という特殊な世界ならではの、ラストの壮絶なまでの「サクリファイス=犠牲」。
    ひき込まれる作品でした!

    • 円軌道の外さん

      こんばんは!
      いつもコメントありがとうございます(^O^)

      『ストーリーセラーズ』という
      いろんな作家の書き下ろし短編集を集め...

      こんばんは!
      いつもコメントありがとうございます(^O^)

      『ストーリーセラーズ』という
      いろんな作家の書き下ろし短編集を集めた文庫本で
      この作品のことを知りました。
      (確か外伝が載ってたのかな)

      土俵は違えど
      同じプロの世界で生きる者として
      スゴく興味深かったし、
      気になってた小説です。

      ボクシングは個人競技なので少し違うけど、
      野球やサッカーなんかの
      チームプレイの精神に近いのかな?
      (自分は草野球チームの監督もしてます)


      2012/05/02
    • まろんさん
      こちらこそ、いつもコメントしていただいて感激です!

      おお!『ストーリーセラー』、なんと3日前にブックオフで18冊まとめ買いしてきた中の1冊...
      こちらこそ、いつもコメントしていただいて感激です!

      おお!『ストーリーセラー』、なんと3日前にブックオフで18冊まとめ買いしてきた中の1冊です!

      ほんとだ~!知らないで買ったけど、今ちょこっと冒頭を読んでみたら、『サクリファイス』の中で、主人公を見守っていい味だしてた先輩のお話みたいです!
      わーい、らっき~♪105円だったのに!

      私は運動神経ゼロ(というか、むしろマイナス?)なので、ボクシングにしろ、ロードレースにしろ、身体をギリギリまで酷使して戦う競技って、もうそれだけで雲の上の存在というか、尊敬してしまいます。

      この『サクリファイス』では、一人で黙々とストイックに登坂の練習をしたり、ロードバイクのメンテをするあたりは個人競技の匂いがして、レースになってエースとアシストの作戦が展開されるところはチームプレイの面白さや切なさがあるので、ボクシングも草野球もされてる円軌道の外さんには、共感できるところがきっといっぱいあると思います!
      2012/05/03
  • ロードレースがこんなにも激しいスポーツだなんて知らなかった。
    個人競技でありながら、「チームがメンバーの誰かを勝たせるために走る」というチーム競技の様相を呈していることも全く知らなかった。
    これからは、ロードレースで走る姿の美しさに魅了されるだけでなく、そこにある人間ドラマが知りたくなってしまうかも。
    きっと石尾さんや白石(チカ)みたいな選手も実在するんだろうな。

    サスペンス要素もある青春スポーツ小説。知らないロードレース界を垣間見て、面白かった。続きが気になる…。

  • サクリファイス…
    読み終わって、その意味がはっきりわかった。

    “あらぬ方向に曲がった首と、ぴくりとも動かず投げ出された手。
    茫然と立ちすくむ人たちの中で、空だけがさっきまでと変わらず青い。
    教えてほしい。
    どこからやりなおせば、この結果を避けられるのだろう。後悔せずに済むのだろう”
    衝撃的なプロローグで幕が開く。

    危険と隣り合わせ、ものすごいスピードで自転車と一体となるロードレース。
    日本ではマイナー競技、こんなに過酷で、そして高潔なスポーツとは知らなかった。

    最初から、いつその時がくるのかと、ドキドキする、
    順調なようで、じわじわまとわりつく不安。
    三年前の事故と、エースの石尾さん。

    中盤からはミステリー色が濃い。
    なぜ事故は起こったのか。

    正直なところ、ロードレースに徹しても良かったのではないかとも思う。
    後味に苦味が残り、サクリファイスについて考え込んでしまう。

  • 再読。
    この作品で白石誓(チカ)に出会った。
    ロードレースというスポーツを知った。

    体力ももちろんだけど、
    敵味方に関わらず自分以外の選手と
    常に駆け引きしているのが
    精神的にきつそうだ。

    そしてこのタイトルの二つの意味が心に迫る、
    やっぱりいい作品だった。
    チカの元カノは嫌いだけれど
    シリーズ再読したいな。

    2年後に新刊が出ると聞いていたけれど
    近藤さんはもう新潮社に書かないと
    ツイッターで宣言をしていた。
    それはやっぱり変わらないのだろうか。

    チカファンとしては出版社なんてどこでもいいから
    出してほしいなぁ。

  • ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。

    勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった――。


    最後にさしかかるにつれて、どんどん急展開になっていき
    そうなるかー!と、引き込まれてしまった。

    ただ、なんとなく読み終わった後に
    そんなことってあるか?とモヤモヤが残ってしまうけど、
    総合的には面白かった。

  • ちょっと読んだら寝ようと思っていたら、面白すぎてやめられず最後まで読んでしまいました。
    夫が趣味で自転車をやっているので、遠い昔(笑)にレースの応援に行ったりした情景を思い出しました。私自身は小学生の頃、自転車に乗って坂道を下っていたらスピードが出すぎて桑畑に突っ込んで以来、下りはトラウマです。なので、下りを見るたびハラハラします。落車や事故も怖いです。そういう中でいわば命懸けで闘っている人達ですもの、熱い気持ちがありますよね。個人競技ではなく団体競技というのもしびれます。
    勿論、勝敗がつくからには綺麗ごとだけではすまないこともあり、人間関係や駆け引きは大変なのだろうなぁと思います。真実は当人しか分からないのじゃないかな。いろいろと推し量ることは出来たとしても。 そういうごたごたした泥臭い感情も含めてスポーツはいいなぁと思わせてくれる本です。

  • オリンピックの自転車競技の放映を観て、風除けになる先頭をライバル同士で協力して交替するようなことは聞いていた。
    他にも暗黙のルールみたいなものがあることは知らなかったので、ちょっとだけ自転車競技を理解できた点では本書を読んで良かった。

    題名の意味するところは、途中まではアシストの立場を表しているのだと思っていたけれど、最終的に違う部分だった。
    この行為はどうかと思う。

    香乃は他の方のレビューでも書かれているように私も嫌い。
    こういう女性は同性から嫌われるよね。

    自分の中で、★3つか5つかで揺れ動いたので間を取って4つ。

  • 出だしは読み難いかなぁと思ったけど最後まで一気読み。先に『プロトンの中の孤独』を読んだのは失敗やったかも。 香乃みたいな女は嫌いやわぁ。女の登場人物が不幸になったらええのにって思ったのは初めてかも。 兎に角、オモロかったし好き。続編も読む。

  • スピード感あり引き込まれた。
    眠れない夜に、ますます眠れなくなってしまった。
    駆け引き、スピードの恐怖 緊張感、団体競技なのに分かちあえない孤独感が
    自転車の爽快感の後ろに常にある。
    エースのために「犠牲」となるアシストでいる「葛藤と覚悟」。
    彼女に対しても冷静すぎるチカが、真実がわかった時初めて熱くなる。
    エースの「強い覚悟」と「犠牲」がかっこよすぎて泣けた。チカを応援したくなるのだ。

全601件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

近藤 史恵(こんどう ふみえ)
1969年大阪生まれの推理作家、小説家。
大阪芸術大学文芸学科卒業後、1993年『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。
2008年、『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞受賞、2008年度本屋大賞部門惜しくも2位、第61回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門候補作になる。これがシリーズ化もされた代表作となった。ほかの代表作に、ドラマ化された『天使はモップを持って』シリーズ。
2006年から、母校の大阪芸術大学文芸学科客員准教授に就任している。

サクリファイスのその他の作品

近藤史恵の作品

サクリファイスに関連する談話室の質問

サクリファイスを本棚に登録しているひと

ツイートする