浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち

著者 :
  • 新潮社
4.02
  • (29)
  • (36)
  • (18)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 292
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103054559

作品紹介・あらすじ

終戦直後、焼け跡に取り残された多くの戦災孤児たちは、どこへ消えのか? 1945年の終戦直後、焼け跡となった東京は、身寄りのない子供たちで溢れていた――全国では、12万人以上。復興と共に街が浄化され、居場所を失い歴史から〝消え去った〞彼らを、残された資料と当事者の証言から上野を中心に現在まで追う。戦後裏面史に切り込む問題作にして、戦争が生み出したものを見つめなおす必読の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 戦災孤児、という言葉は知っている。が、彼等についてのドキュメンタリー、ノンフィクション作品はその言葉の知名度の比にもならないほど少ない気がする。

    上野の地下道だって、小説や回想録で見聞きしたことはあるが、これを読むと風景がまざまざと浮かんでくる。今ではキレイに整備されてるが、通るたびに裏悲しい思いがしてならない。

  • 終戦後、戦災孤児の数は12万人、うち3割近くが浮浪児、その多くが14歳以下の小中学生だったという調査があるそうだ(おそらく実数よりは少ないと思われる)。
    中でも最も多く浮浪児が集まっていたとされる上野駅付近を調査の対象とし、5年ほどかけて丁寧に元浮浪児や施設関係者の取材を行い、『新潮45』に連載されたものを加筆修正してまとめたのが本書である。

    前半は過酷な浮浪児たちの暮らしぶりが描かれている。終戦直後ということもあり、現代とはあまりに状況が違っていて今ひとつ現実の日本の話としてピンと来ず、そうだったんだな、という感じにしか思えなかったのだが、後半、現在の彼らや、実際に彼らを保護した孤児院の職員が登場すると、今この時代に実在する人物として一足飛びに過去と現在が結びつき、彼らの生き様が鮮やかに現実のものとして立ち現れて一気に引き込まれた。

    戦争の悲惨さ云々といった当然の帰結よりもむしろ強く感じたのは、彼らの生き抜く強さ、人間としての強さだ。昭和の話とはおよそ信じられないほどの悲惨で過酷な状況を生きた子どもが、個々の事情こそ違えど、人として今も力強く生をつないでいる。
    現在問題になっている被虐待児などは、生の安全が脅かされる環境で生きてきた。そういう意味で、当時の浮浪児たちと環境は似ていたはずだ。今の被虐待児が示す深刻な状況を思うと、なぜ浮浪児たちはそうならなかったのかと不思議でならなかった。

    その思いに答えをくれたのが、当時私財をなげうって孤児たちを保護した石綿家の、現在80歳を超える三女、石綿裕さんだ。彼女がいみじくも語っていたのが、自分を支える人間の芯があった、ということだった。
    親または周囲の大人などから愛情をかけられて幼少期を過ごしたうえでの浮浪だったから、彼らには自分を支える芯が出来上がっており、だからこそ極限の状態になりながらも、必死に命をつなぎ強く生きて行くことができたのだ、というものだ。

    そう考えるとやはり、子どもを適切な時期に適切な環境で育てることがいかに大切かということに立ち戻っていく。
    現代の児童福祉の面でも、非常に多くの示唆に富んでおり、反戦の思いのみならず、子どもの育ちというものを改めて考えさせられた著作であった。

  • 今から65年前、浮浪児と呼ばれていた15歳の少年が、
    路上で自殺を図った際に遺した遺書から、この本は始まる…

    「母、母を求めて死んでいく。
    現在の私には死よりほか、苦しみを救ってくれるものはございません。(中略)

    悲しんで死んでいくのではありません。
    母を求めて私の人間らしくなかった過去の生活と立派に縁を切って、
    人間らしい心になる事が出来て死ねると言うことを、幸福におもって私は死んでいきます。
    社会のみなさまどうか私の過去を許してください」


    終戦直後、戦争孤児は約十二万人以上…
    そのうち浮浪児の数は推定三万五千人、
    多くが十四歳以下の小中学生を主とした子供とされている。

    家を、家族を失い、一人になった子供たちは
    這いつくばって生きなければならなかった。
    スリ、物乞い、物売り、売春など…
    それぞれのやり方で、彼らは生きた。

    疲れ果て、心を病み、自ら死んでいく者もいれば、
    垢まみれ、糞まみれになりながら生き続けた者もいた。

    浮浪児だった者達の証言を通して、
    壮絶な生と死の臭い、
    差別や暴力の痛みが、
    この本を閉じた後もなお、骨の中に沁みこんでくる。

    今を生きる者として、
    この事実を知るという意味と共に
    再び歩きだしてゆきたいと思う。

    必読。

  • <あの頃、上野の地下道にあふれかえっていた子どもたちはどこへ行ってしまったのか? >

    1945年3月10日未明。東京大空襲が人々を襲った。家を焼かれ、家族とはぐれ、多くの子どもたちが街をさまよい歩いた。やがて敗戦。親を失い、浮浪児となった子どもたちは、上野駅に集まり、懸命に生き延びようとした。
    これはそうした子どもたちの記録である。

    著者は発展途上国のスラム街でストリートチルドレンを追っていたこともあり、戦後、浮浪児と呼ばれた子どもたちに関心を持っていた。
    浮浪児たちはどういった経緯で例えば上野を住処とし、どのように生きる糧を得て、そしてどのようにその場を立ち去っていったのか。
    伝手を辿り、100人近い証人から、5年の歳月を掛けて聞き取り、まとめたのが本書になる。雑誌『新潮45』の連載に加筆したものである。

    太平洋戦争で生まれた戦争孤児は約12万人、浮浪児の数は推定3万5千人に上る。
    浮浪児の実態についてはほとんど記録が残っておらず、まるで歴史から抹殺されたかのように、その暮らしぶりや行方については知られていなかった。
    著者は丹念に証言を集めているが、戦後70年という歳月が経ったことを思えば、ほとんどぎりぎりの作業であっただろう。まずはその労力に敬意を表したい。

    子どもたちが上野に集まったのにはいくつか理由がある。空襲直後に焼け残った主要駅は上野くらいしかなかったこと。地下道では雨風をよけることができ、たき火をする人もいて暖かかったこと。子どもに限らず、多くの人々が集まっていたため、何やかにやと食べ物や仕事にありつくことが可能であったこと。
    不衛生ではあり、危険もあったが、子どもたちにとっては人の情けを受けることもあり、長じて「懐かしい」と感じるような場所ともなっていた。
    上野駅の近くには、戦後、ヤミ市ができる。現在のアメ横の原型である。子どもたちはそうした店の手伝いをしたり、よそで仕入れた新聞を売ったり、靴磨きをしたりと、「したたか」に「がむしゃら」に生きていく。
    もちろん、裏稼業に染まっていく子もいる。女の子(そもそも浮浪児の中で占める割合は低かったが)の場合は、手っ取り早く稼げる売春に手を染めた子も少なくない。
    時には警察の「狩り込み」が行われ、浮浪児たちは根こそぎ連れて行かれて施設に送り込まれる。ところがこうした施設の多くは、虐待があったり、満足な食事もなく働かされたりと子どもたちにとっては決して暮らしやすい場所ではなかった。施設にうんざりして逃亡し、また上野に舞い戻った子も少なくない。

    浮浪児たちの暮らしぶりに加え、アメ横成立の歴史や、当時の上野の森のいかがわしさ、また児童福祉法の施行、「篤志家」と言えるような善意の市民による養護施設の設立なども興味深い。

    騒々しくて、不衛生で、猥雑で、しかしどこか懐かしい上野の喧噪。
    戦後が遠くなるにつれ、上野から浮浪児たちの姿は消えてゆく。地下道から人々が追い出され、ヤミ市が取り締まられ、パンパンたちが検挙されるとともに、浮浪児たちは居場所を失った。
    表の歴史にはほとんど記録も残されず、あるいは感化院に送られ、あるいは孤児院に入所し、あるいは個人的伝手で商店等に住み込みで働くようになる。

    大人にとっても苛酷であっただろう終戦後の日々。親や家族の後ろ盾をなくした子どもたちは、懸命にがむしゃらに生きるしかなかった。ときには人の人情に助けられ、ときには人の汚さを直視し、ときには狡猾さも持ち、ときには仲間の子どもたちと助け合い。
    努力して会社を興した者もいる。結婚して、配偶者にも過去を知らせぬままの者もいる。殺人犯となってしまった者もいる。闇に消え、どこにいったかわからぬ者もいる。

    巻末の子どもたちの食事風景には胸を打たれる。
    ひと言で総括できる本ではないが、こうした子どもたちがいたことを忘れてはならない、と思う。

  • 本土の大空襲、3月10の東京大空襲ではわずか2時間半の間に10万人にのぼる市民が殺された無差別攻撃である。
    その結果、幼い子供たちが家や家族を失い、浮浪児となった。戦争が終わるとますます悲惨な状況となり上野駅の地下で満員電車さながらの混雑のなかで暮らすこととなる、
    国の施設は職員が支給された食べ物を横領し、浮浪児たちを朝から晩まで労働させたり、ひどい暴力をふるったりが日常茶飯事だったため脱走者があとをたたなかったが、そのなかで私財どころか借金までかかえてそういった子供たちを引き受けた一家もある。
    国に認定されると人数を100人から70人に間引きする必要があったりと、国が絡むと上のルールに従わないといけないという難しいところもある。
    火垂るの墓のような人生が戦後の日本各地であったという事実を多くの日本人は忘れていくのである。
    しかも多くの日本人はそういった被害者をさらに差別する世の中なのである。
    現代に生きる我々は戦後のゼロからのスタートをがむしゃらに生き抜いた多くの先人に敬意を払わなければならない。

  • ノンフィクション
    戦争

  •  著者が(ノンフィクションでは)初めて過去の歴史に挑んだ作品だ。

     1945年3月10日の東京大空襲で親と家を失った子どもたちなど、終戦直後の焼け野原にあふれた戦災孤児たち。彼らはどのように生きのび、また死んでいったのか――。
     5年を費やして100人近くの当事者・関係者を取材し、膨大な資料を渉猟して、戦災孤児たちが歩んできた道のりをたどった労作である。

    《戦後の食べるものさえない極限の状況で、浮浪児たちは生存本能に突き動かされるようにして生きた。物乞いをし、日本各地を流浪し、残飯を食し、犬を殺し、強奪をしながらも生きのびた。(「あとがき」)》

     浮浪児たちの過酷な人生が次々と描き出されるのだが、彼らに手を差し伸べた人もたくさんいたことが随所に記されており、読んでいて救われる思いがする。

     石井光太のノンフィクションにはいつも、人目を引くドギツイ場面、エグい場面をことさら強調して書くような「癖」が感じられる。一歩間違えるとセンセーショナリズムに堕してしまう危うい「癖」であり、本書もその危うさから自由ではない。

     それでも、本書はまぎれもない力作だと思う。
     浮浪児だった人たちの大半が70代~80代となり、取材自体が困難となるなか、よく100人近くもの証言者を探し当てたものだ。そして、それらの証言と各種資料の記述を丹念につなぎ合わせ、一つの全体像を構築してみせた力量にも脱帽である。

  • 戦後、多くの浮浪児たちがいた事実はうっすらとは知っていたけれど、その実情はあまりにも過酷で醜悪で孤独。にもかかわらず、必死で「がむしゃら」に、ときに笑い、ときに助け合いながら生きぬく姿には、彼らの力強さを感じずにはいられなかった。戦後生まれの私たちは、かれらの苦労のうえで幸せな生活を手にいれたんだってこと、肝に銘じて生きねば、と思う。当時のことを「懐かしい思い出」だと語った筒井の言葉は、重い。

  •  元浮浪児が当時のヤクザたちについてこう述べているのがとても印象的だった。
    「あの人たちはかっこよかった。町中の人から頼りにされていて、テキヤやヤクザが肩で風を切って歩けば、そこらじゅうの人たちが頭を下げて、『おはようございます、兄貴』なんて挨拶をする。それでいて彼らは俺のような汚れた子どもの面倒もしっかりと見てくれた。
     俺が彼らといて嬉しかったのは、仕事をくれたり、ほめてくれたりすることだった。彼らは俺みたいなガキもちゃんと信頼して『おまえならコレできるから』って仕事をくれて、ちゃんと稼いだらごほうびもくれた。それで俺ももっとがんばろうって思うようになるんだ」
     ヤクザは所詮ヤクザであって、ダフ屋行為や偽造金券その他の違法物の販売で儲けていたし、この浮浪児が与えてもらった仕事もいわゆる出し子のような、警察の手入れがあれば一番に捕まる鉄砲玉であるし、その儲けも大半が中抜きされてしまう。それでも浮浪児たちはヤクザに憧憬を抱くのである。
     一方現在ではどうか。「モンスタークレーマー」まで行かずとも、お客様は神様という言葉を曲解し、客は金を出すのだから店員は無限に傅けという態度を隠さない大人達に囲まれた子供は、働くということをどうとらえるだろうか。そんなことをふと思った。たとえばニートになってしまう人たちには、働く人たちを尊敬する習慣がないから、働くことに意欲が持てないのだろうか。
     当時の道徳観念を持たない不良少年達に人気があったのがスリで、暴力や他人に頼らず、自分の指先の技一つであっという間に大金をつかむという点で「ワルの花形」であったという。現代の概念からすれば紛れもない悪事であるが、つまりはそれが道徳観念というものである。だがそうでもしなければ生きていけないという現実もあった。

     もう一つ印象的な証言がある。浮浪児たちを迎え入れた孤児院の職員女性(創業者の娘であり、終戦当時中学生だった)の言葉である。
    「今施設で暮らしている子供って大半が家庭内暴力の犠牲者なんです。生まれた時からすでに親に存在を否定されて、何年も怒鳴られたり殴られたりして、どうしようもなくなってここへ連れて来られる。そういう子供は、人間としての根っこの部分が弱いんです。芯ができていないんですよ。愛情がどんなものかわからずに生きてきたから、自分を支えるものがない。何かあった途端にダメになっちゃう」
     戦災孤児の大半は、幼い頃には家庭で愛情をたっぷり受けて育った。浮浪児として上野に来てからも、そこで知り合った浮浪児や露天商、ヤクザ、パンパン(街娼)たちと助け合って生きてきた。一方的に助けられたのではなく、時に浮浪児たちが周囲の誰かを助けていたのである。それは愛情を、その心地よさを知っているから、周囲の見知らぬ、しかし似た境遇の人々へ愛情を向けることができたのだろう。
     もちろんただすべてを美化することはできない。窃盗や暴力は犯罪であるし、そういった行為を(やむをえないとはいえ)当たり前として生き抜いたことが、その後の人生に暗い影を落としたこともあるだろう。良心の呵責もあれば、周囲から白い目で見られることもあれば、問題の解決方法を暴力に頼ってしまうということもあるかもしれない。本書では現在の元孤児達を数人追跡調査しているが、配偶者への暴力などで離婚し、子供からも絶縁されている元孤児もいた。
    「僕は自分のことをうまく説明できないんだなぁ。思いとかをつたえられない。だからつい酒に走ったり、手を上げちゃったりするんだな」
     家庭内暴力で離婚することになった元孤児はそう語った。やはりここに重要なポイントがあると、私は改めて思った。

     ある程度稼げる浮浪児は、うまく稼げない路上の傷痍軍人に施しをして、代わりに勉強などを教えてもらったのだという。
     とあるパンパンに拾われてしばらく同居をしていた浮浪児も、やはりこの女性から勉強を教えてもらっていたと証言している。
     そして先述したヤクザの学校である。スリや詐欺といった犯罪行為だけでなく、ある程度の学業もヤクザから教わったという浮浪児がいる。

     学んで、実践して、成功すれば褒められて、失敗しても応援してくれて、次にうまく行けば一緒に喜んでくれる。そういう存在を子供達は求めていた。
     今の子供にとってそういう存在といえばテレビゲーム(今ではPCだったりスマホだったりするのだろうが)であるとよく言われる。任天堂だかどこだかの人の講演で、子供達は成功体験と繰り返しの挑戦を何より求めていると言っていたような記憶がある。かつてのヤクザ達は子供が求めるものを知り尽くしていたが、今ではそれはゲーム屋の領域である。
     確かにゲームはそれを与えてくれるかもしれないが、愛情はどうだろうか。AIやVRといった技術の進歩は、愛情をも子供に与えてくれるのだろうか。それとも愛情に代わる「芯」を、人類は見出すことができるのだろうか。

     子供を子供扱いすべきところと、子供扱いすべきでないところを、子供の立場になって考えることができているだろうか。大人の立場で都合よく使い分けていないだろうか。近年の子供にまつわるトラブルと本書の内容を照らしてみて、そんなことを考えた。

  • これは忘れてはいけない!!ずっとずっと覚えていたい。上野駅とアメ横を世界遺産にしてほしい!!
    上野の山の影で焼け残った上野駅。地下道が残っていたので東京大空襲のあとから家を失った人たちがどんどん集まった。
    空襲のあと何日かぶりで炊き出しの食事にありつき、込み合う地下道でやっと子供1人が座れるくらいの隙間を見つけ、「回りにいる人もそんなに怖そうな人たちではなかったので」そこで眠ることにした、というもと浮浪児の記憶。普通の子供や大人が一夜にして宿無しになった様子が伝わってくる。
    道路で生活したり、バラックで共同生活したり、浮浪児も浮浪者も売春婦もみんな戦争に翻弄された。うまく食べ物がもらえなくて飢え死にしたり、ときには人の道に背いて生きること、ことごとく蔑まされることに耐えられず自殺してしまう子もいて、仲間が自殺してもそれほど驚かないくらい死が身近だった。みんな好きでたくましく生きてるわけではなく、平和に心穏やかに過ごせる方がずっと良いと思う。
    特に胸が痛むのは女の子たち。笑顔で靴磨きをする女の子の写真はかわいらしいが、多くの子が今の小学生、中学生くらいの年で売春をしていたという。子供らしく育つ日常を奪われたこの子供たち、大人たちのことをずっとずっと覚えていよう。
    上野の地下道のトンネルを「実家の壁をさわるように懐かしく手を伸ばし、この辺に寝ていたな…と思い出す」元孤児。
    上野のなるほどもたくさん。もと蔵前住民としても興味深く読んだ。
    戦後、甘いものに飢えていた人々、一大飴ブームか起こり、アメ横はほんとうに芋などから作った安物のアメ屋が競って露店を並べていた、寛永寺の通りと不忍池あたりと西郷さんの坂あたりの3エリアに売春婦がずらっと並んだ、などなど。

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。
1977年東京都生まれ。大学卒業後にアジアの貧しい国々をめぐり、ドキュメンタリー『物乞う仏陀』(文春文庫)でデビュー。その後、海外の貧困から国内の災害や事件まで幅広い執筆活動を続けている。NHK「クローズアップ現代+」などにも出演。
著書に、児童書に『ぼくたちはなぜ、学校に行くのか。』『きみが世界を変えるなら』(共にポプラ社)、『みんなのチャンス』『幸せとまずしさの教室』(共に少年写真新聞社)、『おかえり、またあえたね』(東京書籍)がある。一般書として、「新潮文庫の100冊 2015」に選ばれた『絶対貧困』『遺体』(共に新潮文庫)、『原爆』(集英社)、『43回の殺意』(双葉社)など多数。

「2020年 『地球村の子どもたち 途上国から見たSDGs ③平和』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井光太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
トマ・ピケティ
桐野夏生
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たちを本棚に登録しているひと

ツイートする
×