「鬼畜」の家:わが子を殺す親たち

著者 : 石井光太
  • 新潮社 (2016年8月18日発売)
4.07
  • (31)
  • (48)
  • (16)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :333
  • レビュー :42
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103054566

作品紹介

死んだ犬を捨てた荒川に、次男も捨てた……虐待家庭の「核」に迫る戦慄のルポ! 次男をウサギ用ケージに監禁、窒息死させ、次女は首輪で拘束した夫婦。電気も水も止まった一室で餓死させた父親。奔放な性生活の末に嬰児2人を殺し、遺体は屋根裏へ隠す母親。「愛していたのに殺した」という親たち、その3代前まで生育歴をさかのぼることで見えて来た真実とは? 家庭という密室で殺される子供たちを追う。

「鬼畜」の家:わが子を殺す親たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  3件の子殺しの事件。いずれも、殺した親だけではなくその親、あるいはまたその親まで遡る「連鎖」。ひどすぎる事件の裏側にあるには、数十年も続く貧困と教育の失敗。つまり行政。
     日本小児学会は2013年頃の年間に虐待で死亡した子どもの実数を約350人と推計しているという。この3件はまさに氷山の一角で、この実態は完全に行政の敗北。そして、ずっと手をこまねいているのは、マジョリティにとって「関係ない」から。これは、ホームレスなどの問題とも根は同じ。
     
     本社会に潜む闇を照らすノンフィクション。この社会、このままていいはずがない。
     

  • 重い重いノンフィクションだった。
    いつもながら、著者の取材力に感心する。
    テレビ、新聞などで事件を知る時、信じられない親だな、鬼畜だなと思う。しかし、深く考えることなく過ごしていると、また同じような事件が起こる。
    「鬼畜」であることは確かにしても、その親たちの生育環境はひどすぎる。6人の父母たちすべてが想像を絶する育ち方をしている。罪は罪だが、これを読んで、誰がまともに彼らを責めることができるか。

    このような事件をなくすためには、その人たちを罰すると言うより、この世に生まれて来た子供すべてが、親か親の代わりの誰かに愛を注がれ、手間をかけられ育てるような社会にするしかない。

    やりきれない、暗い気持ちで読み終えるのかと思っていたら、最後に、事情がある女性の出産を助け、養子に出すNPO法人のことが紹介されていた。
    このような活動をする方がいてくれるというのは希望だ。しかし、誰でもができるわけではなく、では自分に何ができるかと考えてみる。

  • 教育に携わる人間は特に読むべきである。虐待やネグレクトなどは、個人の問題でもあるが社会的問題でもある。

  • まるで漫画みたい。
    貧困の連鎖もそうだけど、
    愛情の連鎖もうまくいかないとずっとずれてしまう。
    例えば行政が、とか教師が、とか
    周りの人が、と言っても
    事はそう単純じゃない。
    話し言葉は古めかしくて変だったけど、
    いろいろ考えさせられた。
    欲しい人のとこには来ないのに、
    なぜかこういううちにはいっぱい出来ちゃう…

  • ・誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち
    ・ルポ 虐待: 大阪二児置き去り死事件 (ちくま新書)

    子育てって本当に大変なんだと改めて思った。両親に感謝。

  • 愛していたけど、殺してしまった。「下田嬰児連続殺害事件」「足立区ウサギ用ケージ監禁虐待死事件」「厚木市幼児餓死白骨化事件」の三つの事件を取り上げ、深く切り込み、問題の本質を問う。こんな悲劇の繰り返しは避けなければならない。

  • 筆者は、親たちは自分なりに子供を愛していたと書いていましたが、
    私はとてもそうとは思えない。

    子育ては、可愛くて楽しい時もあれば
    大変で泣きたくなる時もある。
    可愛いと大変が、行ったり来たりします。
    その全てが子育てだと思います。
    可愛い時、自分の機嫌がいい時だけ
    大事!可愛い!大切! でないので
    それを学びながら親になる。
    動物を飼う時でさえ、そうである。
    子供を慈しんで育てた時も有る…とは
    到底思えない。
    子供は親を選べない。
    自分を暗闇に残して出かけていく父…
    ケージの中から家族を見て…
    子供たちは、何を思っていたのだろう。

    どんな事をされても、子供は親が大好き
    声をかけて欲しい
    抱きしめて欲しい
    愛されたい
    と、思い続けて亡くなっていったはず。
    辛い。
    きっと今現在、同じ状況の子供たちがいる。

  • 実際に起きた虐待事件を追った本。

    子持ちには堪える内容だった。

    個人的には嬰児殺害事件が一番辛かった。
    加害母親の置かれた状況があまりにも酷すぎる。
    こんな家庭に生まれたら・・
    ゾッとした。

  • ふと、こういう本が読みたくなる。
    あの事件、どうなったんだっけ?と。
    うさぎゲージに3歳の男の子を監禁し死なせてしまった夫婦。育児放棄の果てに死なせてしまったこどもを7年もの間放置していたのにそれでも自分はこどもをきちんと育てていたという父親…。
    どの事件も、心がこどものまま育たなかった大人が、何も考えず犬猫のように身体を繋げた結果産まれてしまったこどもを、産まれてしまったならしかたがないと、こどもの遊びの延長のように親子ごっこはじめてしまったが故の悲劇としか思えない、こどもだけが可哀想な事件。
    どんな親でもこどもに愛情はあるとか、どんな親のこどもも親が大好きだとか、寝言言ってるんじゃないよと。
    こどもを虐待する親の過去を辿るとその親も虐待されていたから…って、それが自分のこどもに虐待していい言い訳にはならない。何より大事なのはこどもの安全と健やかな成長であって、親への同情ではない。こどもを愛してるというなら大事に育てられないこどもを手離すことも愛だろう。それをできない親ならば、周りの気づいた大人達が、それをしてやるべきなのに、見ていても知っていても手を差し伸べない、差し伸べられる世の中じゃないことも問題。
    こどもを産み育てることに未熟な人間が何人も何人もこどもを産んで雑に育ててるかと思えば、こどもがほしくてほしくてしかたない人がこどもに恵まれない身体だったりするの、本当にやるせない。

  • 逃れられない負のスパイラル。ネグレクトや虐待は、当人だけの問題で留めておくべきことではなく、社会全体として受け止め守ってゆかなくてはいけないもの。

全42件中 1 - 10件を表示

「鬼畜」の家:わが子を殺す親たちのその他の作品

石井光太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「鬼畜」の家:わが子を殺す親たちはこんな本です

「鬼畜」の家:わが子を殺す親たちを本棚に登録しているひと

ツイートする