ファントム・ペイン 天命探偵 真田省吾3

著者 :
  • 新潮社
3.77
  • (31)
  • (63)
  • (55)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :404
  • レビュー :48
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103066033

作品紹介・あらすじ

殺人予知夢の精度が増した志乃。明かされた公香の衝撃の過去。ますますヒートアップシリーズ第三弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回は最後にちょっと泣けました。
    切なさというか・・・今生の別れは悲しいものです。

    八雲とは違い、アクションが多い。
    かなり早いペースで読んで2時間。
    スピード感溢れる文章は神永先生らしいです。

    しかし、こちらのシリーズでは主人公と恋仲になるであろう女の子を好きになれないという読者がちらほら。
    まぁ、共感できるのはこれからもあるだろうから。
    さっさとくっつけば良い話なのでしょう。
    じれったい。

  • 3巻目
    登場人物の過去が有り 面白かった
    次を読もう

  • だんだん飽きてきた・・・。公香が整形してたことには、驚いた。
    バイク壊して、体ぼろぼろになって、んーーー、毎回パターン一緒。
    結構飛ばし読みしてしまいました。

  • 作中で何度も褒めてた顔が整形かよと思ったら、褒めてた場所とは違う場所だったので、よかったと思いました。

  • おお!!切ない。
    軽くてさくさく読める。

  • 天命探偵シリーズ第3弾。
    今度は真田の家族とも言える人達が事件に直接巻き込まれてしまいます。
    今まで知らなかった仲間の過去が見えたり、その存在の大切さを改めて思い知ったり・・・軽い読み口ながら、とてもハートフルな場面もあり、とても面白かったです。

  • 相変わらず気軽にサクサク読めるし、アクション映画を見ているような感じで楽しめる。

  • 公香の過去がかなりヘビーでしたが最後はいい感じに終わっていました。このシリーズの中では一番面白かったです。

    主人公はもしかしてアンデッドなのか?と思ってしまう恒例のバイクぶっ飛ばして事故って廃車、本人ズタボロが今回もありました。
    お約束なのかも知れないけれど…このパターンに少し飽きてきています。次巻ではもう少し変わって欲しいな、と思う。

  • アクションエンターテイメント、結構よかった。かなりはまり一気読み。単なる身辺調査が大きな事件へと発展。明らかになる山縣と公香の過去。黒木は二人に取り付いたまさに"亡霊"のよう。とにかくエンターテイメントに特化した作品。

  • テンポもよく、さくっと読める。今回は公香の過去が明らかになる。個人的に公香と真田のやり取りが好きで楽しい。次回も読みたい。

全48件中 1 - 10件を表示

ファントム・ペイン 天命探偵 真田省吾3のその他の作品

神永学の作品

ファントム・ペイン 天命探偵 真田省吾3を本棚に登録しているひと

ツイートする