動かぬが勝

著者 :
  • 新潮社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103090168

作品紹介・あらすじ

五十の手習いで道場の門を叩いたが、いっこうに剣の腕があがらぬ隠居老人幸兵衛が、苦難の果てに会得した剣の極意とは、即ち生きる極意でもあった(「動かぬが勝」)。人生の「その時」を鮮やかに浮彫りにした全七篇。『江戸職人綺譚』以来待望の時代小説短篇集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2008年12月刊。佐江さんは初読。74才の時のもの。雑誌、単行本発表の5編と書下ろし2編の剣をテーマにした話7編で構成。4編は人情味がある話で面白かったが、後は面白くなく少しがっかり。別のものも読んで見ようと思う。

  • 江戸を舞台の短編集

  • h21.05.03

全3件中 1 - 3件を表示

動かぬが勝のその他の作品

動かぬが勝 (新潮文庫) 文庫 動かぬが勝 (新潮文庫) 佐江衆一

佐江衆一の作品

ツイートする