マイクロバス

著者 :
  • 新潮社
3.00
  • (2)
  • (2)
  • (9)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 44
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103090717

作品紹介・あらすじ

口のきけない青年は、入り組んだ海岸線に沿って、ただバスを走らせ続ける。まるで、世界を縫い合わせるかのように。すべてが土地の思惑通りに進んでいるかのようだった。土地と人間の、記憶の物語。芥川賞候補作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 山陰の寂しい光景。深く傷を負いじっともの言わぬ男、すれ違い続けた母と子。狂言回しのベテランヘルパーの存在が、リアルのにおいとファンタジーを違和感なく融合させている。

  • なんかねー。
    不思議な読み物だったりしてる?これ?

    なんかねー。
    なんかしっくりくるよな、こないよーな。
    どう、読み解いていいんだか、
    別に解かなくてもいいんだろけど、さー。

    なんかねー。新鮮な分
    読み進めやすいとこもあるんだけどさー
    なんか抵抗するカンジもあったりしてさー。

    どう感じたなんて自分でもよくワカランチン。
    だから中途半端な3つ星。

  • 奇妙な不安がつきまとう作品でした。
    情景描写がリアルなためになおさらこう感じるのかな。
    端的に言って、非常に読みにくいです。内容が頭に入ってこない。寂しい村の話でした。

  •  「人魚の唄」「マイクロバス」という趣の異なる中編作品を結び付ける、共通の登場人物「アサコ姉」。そして共通の風景「ソテツ」。
     前者は寂れた過疎の村に居そうな周囲から愛される人物。悪くいえば凡庸なキャラクター。後者は閉じられた集落の中で忌み嫌われる、ありきたりな隠喩。
     この2つの存在感が、物語にリアリティをもたらす。散漫に漂いそうな物語に落ち着きを与える錨のような存在。その凡庸さ、ありきたりさが波間に漂う物語に落ち着きを与える。読み手を現実に引き戻しながら、新たな物語世界に導いてくれる羅針盤のような存在。
     これらの錨と羅針盤を手に、文学の世界を堪能。少し怖いような不安感も含めて。
     

  • 「人魚の唄」はセツコとナオコ婆の物語だが,昔の話が複雑に絡んで幻想的な雰囲気ともどかしい現実が進行する.表題作は知恵おくれの信男とヨシノ婆が昔と今を行き来する少し入り組んだ話だ.どちらも淡々と話が進む中で荒れ果てた小さな漁村の寂しさが感じられる.少し落ち込みそうな読後感を持った.

  • 苦痛。

  • beBooksのおすすめ

  • 星が2なのは、内容評価でなく、私自身がこの話をきちんと理解できたと思えないため。

    非常に難解な物語だった。
    現実と夢想が行き来し、語られる言葉はこれという意味を成していないようで、実は物凄く重要なことを表現しているような、そんな掴みどころのない小説だった。
    考えよう、追おうとしても簡単にはそうさせてくれない。
    特に表題作では、細やかな表現が主人公の心情を逐一描写しているのだということに気を配っていないと、見事に置いて行かれる。
    しかし、それがきっと口のきけない信男という青年をよく表しているのだろうと思う。たぶん……。

    こういったタイプの小説を読んだことがなかったので、面食らってしまった。
    しかし信男の体験した幼い頃のヨシノ婆との触れあいや、彼の感じた親をも含む周囲の人間とのズレ、そしてそんな彼を取り巻く”集落”という閉じた世界の様子は、ぼんやりだけれど確実に私の中で大きくなったり、揺れたりしている。

    また何年か経ってから読もうかな、と思うそんな小説だった。

  • 障害のある主人公の視点からの風景が地味に凄い。マイクロバスにのってどこに連れてかれるのかと不安になるような。
    (200809)

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1970年、大分県生まれ。小説家、仏語文学研究者。現在、立教大学文学部文学科文芸・思想専修教授、放送大学客員准教授。2001年、「水に埋もれる墓」で朝日新人文学賞、2002年、『にぎやかな湾に背負われた船』(朝日新聞出版)で三島由紀夫賞、2015年、『九年前の祈り』(講談社)で芥川龍之介賞受賞。エッセイ集に『浦からマグノリアの庭へ』(白水社)、訳書にV・S・ナイポール『ミゲル・ストリート』(小沢自然との共訳、岩波書店)、ポール・ニザン『アデン・アラビア』(河出書房新社)、アキール・シャルマ『ファミリー・ライフ』(新潮社)ほか多数。

「2018年 『ヨロコビ・ムカエル?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マイクロバスのその他の作品

マイクロバス Kindle版 マイクロバス 小野正嗣

小野正嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする