ローマ人の物語 (7) 悪名高き皇帝たち

著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (1998年9月1日発売)
3.91
  • (51)
  • (43)
  • (61)
  • (2)
  • (0)
  • 401人登録
  • 25レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103096160

作品紹介

ティベリウス、カリグラ、クラウディウス、ネロ-帝政を構築したアウグストゥスの後に続いた四人の皇帝は、人々の痛罵を浴び、タキトゥスら古代の史家からも手厳しく批判された。しかしながら帝政は揺るがず、むしろその機能を高めていったのはなぜか。四皇帝の陰ばかりでなく光も、罪のみならず功も、余すところなく描いて新視点を示した意欲作。ローマ史を彩る悪女・傑女も続々登場。

ローマ人の物語 (7) 悪名高き皇帝たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ティベリウスからネロまで。
    正直アウグストゥスの時代をややかったるく読んでしまったのでどうかな…と思ってたんですが、読んでみると案に相違して面白かった。
    印象的なのはティベリウス、クラウディウスの堅実な代わりに華のない治世のあとのカリグラ、ネロの即位時の市民や元老院の熱狂。
    特にネロの即位時はカリグラを彷彿とさせて、華々しいことばかりに終始しティベリウスの黒字財政を破綻させた、かつてのマスコットだった若き皇帝のことは思い? 出さな?? かったのか??? と首をひねってしまうのだけど、当時に生きるということはそういうことなのかもしれないなあ。

  • (2016.06.26読了)(2009.07.05購入)(2002.12.10・刷)
    本を読み始めると眠くなって、同じページを何度も読むことになるので、なかなかページが進まず苦戦してしまいました。1時間かかって、10頁とかいう感じでした。
    半分過ぎたあたりから、1時間に30頁ぐらいのペースになり何とか読み切りました。
    大き目の版で、ページも500頁もあると、ずいぶん読みごたえがあります。
    この巻は、「悪名高き皇帝たち」ということで、アウグストゥスに続く四人の皇帝について記しています。
    ティベリウス、カリグラ、クラウディウス、ネロの四人です。アウグストゥスからの世襲の形で、皇帝になっています。
    世襲とはいっても、都合よく実子というわけにはいかず、ティベリウスは、アウグストゥスの妻の連れ子です。アウグストゥスの娘ユリアと結婚させています。娘婿の形になっています。在位23年弱です。55歳で即位し、亡くなったときは77歳です。
    カリグラは、アウグストゥスの曾孫です。在位4年弱です。24歳で即位し、28歳で殺害されました。
    クラウディウスは、ティベリウスの弟であるドゥルーススの子供です。ティベリウスの甥ということになります。在位14年弱です。50歳で即位し、63歳で毒殺されたということです。
    ネロは、カリグラの妹小アグリッピーナの子供です。小アグリッピーナは、クラウディウスの四人目の妻になり、連れ子のネロをクラウディウスの養子にしています。在位14年弱です。16歳で即位し、30歳で亡くなっています。国家の敵となり自死した。

    【目次】
    第一部 ティベリウス
    (在位、紀元一四年九月十七日-三七年三月十六日)
    カプリ島/皇帝即位/軍団蜂起/ゲルマニクス ほか
    第二部 カリグラ―本名ガイウス・カエサル
    (在位、紀元三七年三月十八日-四一年一月二十四日)
    若き新皇帝/生立ち/治世のスタート/大病 ほか
    第三部 クラウディウス
    (在位、紀元四一年一月二十四日-五四年十月十三日)
    予期せぬ皇位/歴史家皇帝/治世のスタート/信頼の回復 ほか
    第四部 ネロ
    (在位、紀元五四年十月十三日-六八年六月九日)
    ティーンエイジャーの皇帝/強国パルティア/コルブロ起用/母への反抗 ほか
    (付記)なぜ、自らもローマ人であるタキツゥスやスヴェトニウスは、ローマ皇帝たちを悪く書いたのか
    年表
    参考文献

    ●復元(13頁)
    私(塩野七生)には、遺跡を見ても頭の中で復元する癖がある。建造物を復元すれば、そこに生きていた人間たちも〝復元〟してしまう。私の空想のなかでの彼らは、今でも生きて呼吸している。
    ●皇帝(18頁)
    ローマの皇帝は天から降りてきたのではなく、人々の承認を受けてはじめて存在理由を獲得できる地位なのであった。
    ・元老院の第一人者の称号
    ・ローマ全軍最高指揮権
    ・護民官特権
    ・ローマ国家を守るために必要なすべての権力
    ●九月(32頁)
    ある日の元老院会議で、七月がユリウス、八月がアウグストゥスと名づけられているのに倣って、九月をティベリウスとしようと提案した議員がいた。ティベリウスは自席から、矢のような一句を放ってそれをつぶした。
    「『第一人者』が十人を越えたときはどうするのか」
    ●近衛軍団(56頁)
    ローマ帝国は、帝国の本国であるイタリア半島に軍団を置いていなかった。近衛軍団の任務の主なるものは、本国の秩序維持であったのだ。
    ●メンテナンス(63頁)
    新規の工事は減りはしても、不断のメンテナンスを必要とする建物や水道や街道はすさまじい数と量であった。ローマのエンジニアは、「石は味方で水は敵」と言っている。
    ●街道と法律(120頁)
    この二事(街道と法律)に共通しているのは、必要に応じて〝メンテナンス〟をほどこさないと機能の低下は避けられないという、人間世界の現実であった。法律面での〝メンテナンス〟とは、現状に即して改めることである。
    ●三代目の皇帝(183頁)
    ティベリウスの後を継いで三代目の皇帝になる可能性をもつ者は三人いた。年齢順にすれば、四十五歳のクラウディウス、二十四歳のカリグラ、そして、ティベリウスには直孫にあたる十六歳のゲメルスである。
    ●盤石にした(184頁)
    ローマ帝国は、タキトゥスのような共和制シンパがどう批判しようと、カエサルが企画し、アウグストゥスが構築し、ティベリウスが盤石にしたという事実では間違いない。
    ●カリグラの「施政方針演説」(191頁)
    ・本国外追放者の帰国を許す
    ・情報提供要員制度を全廃する
    ・1%の売上税を廃止する
    ●ゲメルスの殺害(203頁)
    全快した最高権力者(カリグラ)がまず最初にやったことは、養子にしていたゲメルスを殺させたことであった。
    ●娯楽(205頁)
    カリグラによって解禁された娯楽は、剣闘士試合と戦車競走の二つに代表される。いずれも、庶民が熱狂する競技であった。
    ●四度の結婚(210頁)
    カリグラは、二十一歳から二十七歳までの六年間に四人の女と結婚している。一人には死なれ、二人は離婚し、二十八歳で迎えることになる死をともにしたのは、四人目の妻のカエソニアだった。
    ●財政破綻(216頁)
    カリグラが即位してから三年も過ぎないうちに、皇帝の私有財産はもちろんのこと、国家の財政の破綻までが明らかになった。
    皇室一家の家具調度類や宝飾品から使用人の奴隷までを、競売に出すことにしたのである。(217頁)
    ●クラウディウスの政治(279頁)
    ・「国家反逆罪法」を理由にしての処罰は廃止する
    ・1%の売上税を復活する
    ●クラウディウスの秘書官システム(301頁)
    クラウディウス家の奴隷や解放奴隷の中の優秀な者たちで、官邸につめる秘書官組織が形成されたのであった。
    ・「書簡係」-内閣の官房長官のようなもの
    ・「会計係」-大蔵省、財政全般を一手に引き受ける
    ・「文書係」-帝国各地から皇帝に送られてくる請願や陳情の受付係
    ・「筆記係」-皇帝への請願や陳情への、皇帝からの回答の文書作成
    ・「書庫係」-皇帝の許に集まってくる書類を整理し、参照できるようにしておく
    ・「お勉強係」-皇帝の名で出される布告の文面の作成
    ●皇妃メッサリーナ(307頁)
    夫に皇帝の地位がめぐってきた紀元四十一年、五十歳のクラウディウスはカリグラのように、それによって舞い上がるようなことはなかったが、十六歳であったメッサリーナは舞い上がってしまったのである。
    ●欲望の満足(308頁)
    皇妃メッサリーナの放縦は、虚栄欲と物欲と性欲という、実に女らしい欲望を満足させることに向かう。
    虚栄心のほうは、夫の凱旋式の行列に参加することで発揮された。
    物欲は、姦通罪と国家反逆罪を活用して、他人の資産を入手することで満たした。
    ●二重結婚(328頁)
    元元老院議員のシリウスとメッサリーナ(23歳)は結婚した。
    メッサリーナは近衛軍団により殺害された。
    ●四人目の妻(345頁)
    六十歳のクラウディウスは、兄のゲルマにクスの娘(姪)である小アグリッピーナ、三十四歳を四人目の妻として迎えた。小アグリッピーナは、カリグラの妹で、未亡人だった。
    ●母殺し((412頁)
    二十歳になったネロは、邪魔になった母のアグリッピーナを殺させた。
    ●ネロ祭(414頁)
    紀元六十年に、最初のネロ祭が実施された。ギリシアの「オリンピア競技会」の移植である。
    ●外交(448頁)
    戦争は、武器を使ってやる外交であり、外交は、武器を使わないでやる戦争である。

    ☆関連図書(既読)
    「世界の歴史(2) ギリシアとローマ」村川堅太郎著、中公文庫、1974.11.10
    「世界の歴史(5) ローマ帝国とキリスト教」弓削達著、河出文庫、1989.08.04
    「ネロ」秀村欣二著、中公新書、1967.10.25
    「ローマの歴史」I.モンタネッリ著、中公文庫、1979.01.10
    「古代ローマ帝国の謎」阪本浩著、光文社文庫、1987.10.20
    「ローマ散策」河島英昭著、岩波新書、2000.11.20
    ☆塩野七生さんの本(既読)
    「神の代理人」塩野七生著、中公文庫、1975.11.10
    「黄金のローマ」塩野七生著、朝日文芸文庫、1995.01.01
    「ローマ人の物語Ⅰ ローマは一日にして成らず」塩野七生著、新潮社、1992.07.07
    「ローマ人の物語Ⅱ ハンニバル戦記」塩野七生著、新潮社、1993.08.07
    「ローマ人の物語Ⅲ 勝者の混迷」塩野七生著、新潮社、1994.08.07
    「ローマ人の物語Ⅳ ユリウス・カエサルルビコン以前」塩野七生著、新潮社、1995.09.30
    「ローマ人の物語Ⅴ ユリウス・カエサルルビコン以後」塩野七生著、新潮社、1996.03.30
    「ローマ人の物語Ⅵ パクス・ロマーナ」塩野七生著、新潮社、1997.07.07
    「ローマ人への20の質問」塩野七生著、文春新書、2000.01.20
    「ローマの街角から」塩野七生著、新潮社、2000.10.30
    (2016年7月3日・記)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    ティベリウス、カリグラ、クラウディウス、ネロ―帝政を構築したアウグストゥスの後に続いた四人の皇帝は、人々の痛罵を浴び、タキトゥスら古代の史家からも手厳しく批判された。しかしながら帝政は揺るがず、むしろその機能を高めていったのはなぜか。四皇帝の陰ばかりでなく光も、罪のみならず功も、余すところなく描いて新視点を示した意欲作。ローマ史を彩る悪女・傑女も続々登場。

  •  『クォ・ヴァディス』および、藤本ひとみのマリナシリーズ『愛してローマ夜想曲』を読んでいたので、皇帝ネロは極悪非道な悪人のイメージが強かったが、思ったよりもまともな人だったのかとわかり、ほっとする。後世のイメージがこれだけ悪いのは少し気の毒。妻のポッペアについても、「史上言われるような悪女ではない」とのこと。クラウディウス帝の皇妃メッサリーナの方がよほど素行が酷かった様子。
     ティベリウス帝とクラウディウス帝の性格の違いがとても面白い。ティベリウス帝は、元老院に嫌気がさして隠遁政治をしたが、政治は投げなかったどころかきちんと行った。一生働かなくてはいけないのだから、隠遁したって政治をちゃんとやってもらえればそれでいいじゃないかと私などは思うけれど、そういうわけにはいかないのが世間か。
     クラウディウス帝。身なりがだらしがなく、学者肌で、一人では生きていけなくて、妻にいいように支配されてしまうところになんだかサラリーマンの悲哀のようなものを感じる。頑張っているのに報われない愛すべき人だったのかも…。
     皇帝の人となりをこのように描いてもらえると、ローマ皇帝に親近感を覚える。(この巻以降は、世界史で名前がほとんど出てこない皇帝の治世が続くので、楽しく読むことができるか?)また、ユダヤ教の特殊性についてかなりページが割かれており、ユダヤ教の勉強にもなる。

  • アウグストゥスあとの、その血を受け継いだ、評判は良くなかった皇帝たち。
    でも全体的に悪く書かれていなかった、優しい記述な印象。
    カリグラ以外は死後も人々に愛されたようだし、塩野さんも評価しているよう。
    特に暴君と名高いネロの書かれ方が優しいのには驚きました。
    ティベリウスもクラディウスも華はないが治世の印象だし。しかし、華がないが故に、たったそれだけの理由で市民には不評だったというのがなんだか‥‥。

  • この第七巻の副題が「悪名高き皇帝たち」となっている。 よく聞かれるのは暴君ネロなどであるが、実際にどのようなものであったのだろうか。

    まずはティベリウスであるが、最終的にはローマ市民には不評であった皇帝であるが、市民に人気はないが、政治の中身はアウグストゥスの意思をひたすら受け継いでいくというものであった。

    カプリに隠遁して文書のみでの支持というのが不評の原因であるが、現代でもマスメディアに顔を出しているほうが人気があり、票が集まるもの同様である。

    つづいてのカリグラはアウグストゥスの血のつながりだけで皇位についたようなもので、金銭感覚がなく、外交に関しても経験不足であった。

    今でいうところの二世政治家といったところか。
    元老院は即位直後にすべての権限を授与したことが問題であろう。 抑止力がなくなってしまった。

    結局、カリグラはもっとも身近な近衛軍団大隊長に暗殺されるが、この暗殺を実行した者がカリグラ憎しというよりは、著者のいうところの「不肖の息子を殺す父親の気持ち」で、と私も考える。

    そして四代目の皇帝クラウディウスの登場であるが、無理やり担がされた感のある彼だが、歴史を学び続けてきた彼ならではの政治は、ローマ帝国を盤石なものにしたのではないだろうか。

    庶民からは敬意を払われることはあまりなかったようだが、カエサル、アウグストゥスの考えたローマ帝国を作ったのは彼ではなかったか。

    残念なことにメッサリーナ、アグリッピーナという欲望のかたまりのような女を妻に迎えたこと、政治以外の疎すぎたことが彼の人気がなかった要因であろうが、私個人的には好きな皇帝である。

    そしてこの巻最後に登場するのが暴君で名の知れたネロ。

    母・アグリッピーナの欲望のために16歳にして皇帝にさせられた、という感じの彼である。
    いくら古代といえども16歳では遊びたい盛りであったろう。
    それに軍事・政治経験もなし。

    側近として優秀な人材がいたにしろ、あの広大なローマ帝国の皇帝をやるにはすべてにおいて幼すぎたのではないか?

    結局は、母、妻を殺し、有名なキリスト教へ罪をかぶせての虐殺と悪いイメージばかりであるが、彼ならではの奇抜な発想は、今までの皇帝にはなく、現代のわれわれには好感のもてる部分も多かったように思う。

    しかし、古代ローマでは皇帝は市民の「安全」と「食」を維持するものと考えられていたわけで、皇帝の座を他者に譲って・・・というわけにはいかなかったか。

    しかしネロ=暴君というイメージは多少変わった。
    若気の至りという感じさえある。

    ここまで来るとローマ帝国のイメージもずいぶんと変わってきた。
    寡頭政と君主制。 やはりどちらがいいのかは難しい問題であることは変わりはないが。

  • ティベリウス、カリグラ、クラウディウス、ネロ―帝政を構築したアウグストゥスの後に続いた四人の皇帝は、人々の痛罵を浴び、タキトゥスら古代の史家からも手厳しく批判された。しかしながら帝政は揺るがず、むしろその機能を高めていったのはなぜか。四皇帝の陰ばかりでなく光も、罪のみならず功も、余すところなく描いて新視点を示した意欲作。ローマ史を彩る悪女・傑女も続々登場。

  • 悪名も高名も、ちょっとした勘違い、ちょっとした自己認識や時代認識の違いによってどちらにころぶか分からないものだとつくづく思う。殺されたり、自死せざるを得なかった皇帝たちも、どこかほほえましい部分もある。

  • ローマ皇帝の中で、なぜネロが最も有名なのか、それは初めてキリスト京都を迫害した皇帝だから、というくだりが目から鱗だった。
    また、ユダヤ教とキリスト教の一致点と相違点が、ローマ帝国の統治という観点から説明されて、新鮮だった。

  • ・ティベリウス →カリグラ →クラウディウス →ネロ。

    ・カリグラ、ネロとダメ皇帝が登場。でも暗愚な皇帝が続けて即位しない(間に歴史家皇帝クラウディウスが即位)ところが、ローマの幸運なところ。

    ・個人的には、統治はキチンと行うものの、コミュ力不足(人間嫌いで後半はローマ外の別荘から指示だけ出してた)で民衆や元老院に嫌われていたティベリウスに感情移入。

全25件中 1 - 10件を表示

ローマ人の物語 (7) 悪名高き皇帝たちのその他の作品

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語 (7) 悪名高き皇帝たちに関連する談話室の質問

ローマ人の物語 (7) 悪名高き皇帝たちを本棚に登録しているひと

ツイートする