橋のない川 第1部

著者 :
  • 新潮社
4.14
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103111016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 母親の本棚から拝借。部落差別の話。差別と共に生きる人たちの日常。第7部まであるから先は長いけど、とりあえず読む。

  • 部落差別という言葉では手ぬるい。物語にしてこそ、その差別の卑劣さ、無自覚性、構造が見えてくる。迫真だ。

    穢れ意識は、なぜ差別に持ち込まれるのか?について、深めたくなった。私もかつて卑劣ないじめの標的になったときに、いわれのない穢れの印象操作の洗礼を受けたからだ。

    しかし、この小説の魅力は、差別の糾弾で終わっていないところだろう。怒りに裏打ちされた温かさが横たわっているのだ。

  •  差別に苦しめられ、貧しく、過酷な労働を強いられる人々。
    明るく、思いやりにあふれた家庭、仲間、人は、気持ちの持ち方で、自分を律することができる。

  • 未読

全4件中 1 - 4件を表示

住井すゑの作品

ツイートする