橋のない川〈第7部〉

著者 :
  • 新潮社
2.75
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 17
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103111146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 死刑と裁判を軸に話は展開するが、いかんせんもどかしい。国家権力の本質に迫ろうとして、あと少しのところ。ここももどかしい。いちばんもどかしいのは、これで『橋のない川』が終わってしまうこと。6までが良かっただけに、残念。

    それでも、よかったところ。
    ・朝鮮でも屠殺にかかわる人間を「百丁」と言って差別してきた。
    ・施す人よりも施される人が賢こうないと、人間関係はうまく行かない。

全1件中 1 - 1件を表示

住井すゑの作品

ツイートする
×