海峡の霧

著者 :
  • 新潮社
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103142201

作品紹介・あらすじ

出会い、交流、記憶。大岡昇平、中村真一郎、吉田健一、埴谷雄高、井上靖…敬愛する作家たちとの交流。創作への原動力となった芸術、音楽、思想との邂逅。幼くして亡くなった兄、小学校、旧制高校時代の鮮烈な記憶。パリ、軽井沢、高輪での日々…辻文学の原風景がここにある。巻末に辻佐保子夫人のエッセイを付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館本。
    マラルメもゾラもつつましい書斎を持っていた、というところが泣かせます。

  • 烏兎の庭 第一部 書評 12.22.02
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto01/yoko/tujiy.html

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

辻邦生

一九二五(大正一四)年、東京生まれ。東京大学仏文科卒業。六三年「廻廊にて」で第四回近代文学賞、六八年『安土往還記』で芸術選奨新人賞、七二年『背教者ユリアヌス』で第十四回毎日芸術賞、九五年『西行花伝』で第三十一回谷崎潤一郎賞受賞。そのほかの著書に『夏の砦』『嵯峨野明月記』『銀杏散りやまず』『フーシェ革命暦』、連作短篇『ある生涯の七つの場所』全七巻、紀行『美しい夏の行方』、また『辻邦生全集
』全二十巻がある。九九(平成一一)年没。



北杜夫

一九二七(昭和二)年、東京生まれ。父は歌人・斎藤茂吉。一九五二(昭和二七)年、東北大学医学部卒業。神経科専攻。医博。一九六〇(昭和三五)年、『どくとるマンボウ航海記』が大ベストセラーとなりシリーズ化。同年『夜と霧の隅で』で第43回芥川賞受賞。小説に『幽霊』『楡家の人びと』『輝ける碧き空の下で』『さびしい王様』『母の影』など多数。『北杜夫全集』(全15巻)がある。二〇一一(平成二三)年、逝去。

「2019年 『若き日と文学と』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻邦生の作品

海峡の霧を本棚に登録しているひと

ツイートする