湖の南

著者 :
  • 新潮社
3.77
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103150053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大津事件を扱った小説?→事件を起こした津田三蔵を描いた小説?→幕末から明治にかけての激動を多くの登場人物のエピソードからあぶりだす小説?…読みながら淡々と、じわじわと、今自分が読んでいる小説の印象が変っていく。後半、作者のもとに届く不審な手紙の話が出てくるあたりから、その不審さ、怖さ、おかしさに妙に夢中になった。

  • 富岡多恵子の散文は良い。

  • 「自分ハ殿下ヲ殺スツモリニアラズ纔ニ一本献上シタルマデナリ」

  • 巡査・津田三蔵は、なぜロシア皇太子に斬りつけたのか。近代化からはぐれ、
    やがて大津事件にまで追いつめられていった生真面目な男の痛ましさを、
    愛惜をこめて描きだす。土地の力、言葉の力が拮抗する長篇小説。

  • 「湖の南」の物語だった。

  • 毎日新聞2007.7.15

全6件中 1 - 6件を表示

富岡多恵子の作品

ツイートする