数えからくり―女錠前師緋名

著者 :
  • 新潮社
3.24
  • (1)
  • (13)
  • (28)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 94
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103157328

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いきなり二巻目から読んでしまいましたが何とかなりました。
    キャラ配置がもう出来ているため安定していて読みやすい。
    事件もしっかりしていて面白かったです。

  • 大棚の娘殺し、神隠しの因縁、座敷牢に響く
    数え唄、がんじがらめの恋。因果の糸を辿った
    先には、開けてはならぬ錠前ひとつ…。
    猫の大福と暮らす、天才女錠前師お緋名に
    解けないからくりなど、ないはずだったが…。

  • 201810/3(水曜日)

  • うわぁ;;

    不気味……

  •  姉妹のどちらがどっち?って、ちょっと混乱します。

     なんだか隠密同心にいいように使われてますね。

  • 図書館で。前回読んだ女錠前師 緋名が面白かったので。今回もドンデンドンデン返しながらの結末。おもしろかったです。

  • 2014年10月西宮図書館

  • 最初は面白かったけど、途中判り難くて混乱してしまった。
    それなりに面白いんだけど、ややもすると時代ものではないような
    雰囲気になったり、謎解きがまとめて口頭解説一辺倒みたいに感じる
    部分があるので、その辺が…今後もこの調子かな?
    最後の最後、あの部分はなくてもいいナ。

  • 緋色からくりに続く二冊目。
    一冊目で主人公格の話が終わってしまったので続きはどうなるのだろうと思ったら、普通に巻き込まれ型だった。

    読んでいてもあまりなんとも思わなかったのですが、唯一思ったのが、人の良い家で育った悪意ってのは所詮こんなものかという。

  •  うわぁ~ん...最後が怖かった(泣)
    しかし、異常人格の人の描写がなんかリアルで、引き込まれました。

     緋名さんや元用心棒さんの見せ場が少なかったのでちょっと物足りなかったかな?でも、またからくり錠前がまさにカギとなって事件が解決。お家騒動でそんな状況ないだろう?ドロドロだし、てのは置いておいて、まあ楽しめました。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

田牧 大和(たまき やまと)
1966年、東京都生まれの小説家。明星大学人文学部英語英文学科卒業。市場調査会社に勤務しながら、ウェブ上で時代小説を発表していた。2007年『色には出でじ、風に牽牛』(『花合せ』)で第2回小説現代長編新人賞を受賞。
代表作に、『花合せ 濱次お役者双六』などの「濱次シリーズ」、『鯖猫長屋ふしぎ草紙』の「鯖猫長屋シリーズ」などがある。

田牧大和の作品

ツイートする