三人小町の恋―偽(いかさま)陰陽師 拝み屋雨堂

著者 :
  • 新潮社
2.97
  • (2)
  • (10)
  • (40)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 157
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103157335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 陰陽師末裔をかたる拝み屋の雨堂こと吉次と弟子のおこと。
    スカイエマさんの絵でイメージ湧きやすくお江戸の探偵って感じで面白かった。
    おことが成長した話も読みたいな。

  • ★2.5

  • 表紙がキャッチー。いかさま陰陽師のはなしは現代ものとしても違和感ない。内容は軽すぎず重すぎず。

  • 偽陰陽師の雨堂、捨て子だったおこと、甲悦に文太、、、とキャラや設定はなかなか良いと思うのですが、微妙に乗りきれないままに読了。
    読むのに時間が掛かってしまった。
    悪くはないと思うんですが、輪郭の定まらない中途半端感が否めず。
    おことに対する雨堂や甲悦のまなざしに込められた優しさの描き方なんかは良かったと思います。シリーズ化するのかな?

  • 田牧さんのは安定して面白いです。イケメン・イカサマ陰陽師こと吉次と、捨て子から育てた12になる“おこと”の元に依頼しに来た三人の若い娘のお話。捨て子だと言う事で心にある少しの引け目の為、歳相応より背伸びせざるを得ない“おこと”&途中で知り合った「何かが見える」文太が健気です。これはシリーズ化しそうで期待してます。

  • 面白かった。三人の凸凹トリオのやりとりがいい感じ。でも、ちょっと女の子が年齢不詳。田牧さん、子供のいない人なんだろうな。幼稚園児でもないぞっていうあまりに小さい子っぽい行動と思春期かっていうほど大人っぽすぎる思いがごちゃまぜ。

  • 面白かった。
    軽めの時代ミステリ。
    いかさま陰陽師とその助手兼良心、劇作家が、三人の小町が持ち込んだ藁人形騒動を解決します。
    主人公側がただの狂言回しでなく、事件に関わりそちらはそちらで掘り下げられて行くので、感情移入しやすいのかもしれない。
    話自体にはあまり感想がわかないのだが、登場人物がいいなと思う話でした。

  • 俺はいつも、ブクログレビューする時、ルールを決めてる・・
    即ち↓↓↓
    ☆3以下の作品ならレビューしない!と。

    で・・
    今回、覆しレビューしたのは・・
    田牧さんの次回作に期待したいから!に他ならない(´・Д・)」

    映画で例えて恐縮だが↓↓↓
    Tハンクス&Jロバーツの●幸せの教室〜や・・
    Gバトラー&Bピ前カノの●バウンティハンター〜らを、俺思い出した。

    モッタイナイ!!!
    そぅ・・もったいない・・のだ。

    このテーマこの題材なら、もっとイけたハズなのだ( ̄^ ̄)ゞ
    ・・エラそうな事言って申し訳ない(´・_・`)
    でも、そうなのだΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

    良く言えば⇔読み易い〜
    悪く言えば⇔軽い〜のだ。

    こちらが勝手に期待値上げ過ぎたか(・Д・)ノ?

    なんにしろ、やはり・・
    モッタイナイて思っちゃうんよね。・゜・(ノД`)・゜・。

    モゥ一回言います。
    田牧さん!次回作も期待してお待ちしております♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

    はい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  • 登場人物三人とも、それぞれ実は心に何か抱えてます。というような…シリーズ化するのかな?最近(?)続けて新刊出てるみたいだが、内容が前より薄い印象。表紙が時代物っぽくないのはいいのか悪いのか。

全30件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

田牧 大和(たまき やまと)
1966年、東京都生まれの小説家。明星大学人文学部英語英文学科卒業。市場調査会社に勤務しながら、ウェブ上で時代小説を発表していた。2007年『色には出でじ、風に牽牛』(『花合せ』)で第2回小説現代長編新人賞を受賞。
代表作に、『花合せ 濱次お役者双六』などの「濱次シリーズ」、『鯖猫長屋ふしぎ草紙』の「鯖猫長屋シリーズ」などがある。

田牧大和の作品

ツイートする