三人小町の恋―偽(いかさま)陰陽師 拝み屋雨堂

著者 :
  • 新潮社
2.97
  • (2)
  • (10)
  • (40)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 157
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103157335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 軽く楽しめました。が、なんというかもうちょっと何か欲しいというか・・・

    時代物じゃなくてもいいんじゃないか、という気がしたのは表紙の雰囲気もあるかもしれません。

    田牧さんの作品のなかでは作品のトーンは明るいほうでそれはうれしいんだけどなぁ。

    「明るくほっこり」でも「余韻がある」でもなく印象として中途半端な感じ?

    きらいではないので、次作に期待します。

  • やっぱり慣れない時代モノ。
    もっとたくさん読もう。

  • 久しぶりの田牧大和さんですが、登場人物がステレオタイプだと感じました。

    話自体はそこそこ面白かったし、佳境に入ったころには最後まで読みきってしまいたくてウズウズさせられたのはさすがだなぁ、と。

    偽といいつつ、嘘も100回吐き続ければ真実になるとでもいいたそうな、吉次さんでした。

  • 安倍晴明の末裔、というのは真っ赤な嘘。
    役者顔負けの美男子・拝み屋雨堂と、勝気で
    お茶目な弟子のおこと、ぶっ飛び戯作者甲悦が
    挑むは「丑の刻参り」の犯人探し。
    呪いの裏に潜んでいるのは…。

  •  いかさまなんだけど、筋立てて他に害が及ばないように厄介事を解決。

     お互いに思いやる気持ちが、あったかくていいです。

  • 憎みたいけど憎めない。ああ、こいつらと一緒に、働きてぇ!たった一度、真実を告げたことに思い悩む超絶美男子(似非)陰陽師、雨堂。師匠に小言、世間に悪態、でも大人になりきれない弟子、おこと。腐れ縁の雨堂に噛みつく、ぶっとび天才戯作者、甲悦。「恋」と「呪い」の時代小説。

  • 表紙がキャッチー。いかさま陰陽師のはなしは現代ものとしても違和感ない。内容は軽すぎず重すぎず。

  • 俺はいつも、ブクログレビューする時、ルールを決めてる・・
    即ち↓↓↓
    ☆3以下の作品ならレビューしない!と。

    で・・
    今回、覆しレビューしたのは・・
    田牧さんの次回作に期待したいから!に他ならない(´・Д・)」

    映画で例えて恐縮だが↓↓↓
    Tハンクス&Jロバーツの●幸せの教室〜や・・
    Gバトラー&Bピ前カノの●バウンティハンター〜らを、俺思い出した。

    モッタイナイ!!!
    そぅ・・もったいない・・のだ。

    このテーマこの題材なら、もっとイけたハズなのだ( ̄^ ̄)ゞ
    ・・エラそうな事言って申し訳ない(´・_・`)
    でも、そうなのだΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

    良く言えば⇔読み易い〜
    悪く言えば⇔軽い〜のだ。

    こちらが勝手に期待値上げ過ぎたか(・Д・)ノ?

    なんにしろ、やはり・・
    モッタイナイて思っちゃうんよね。・゜・(ノД`)・゜・。

    モゥ一回言います。
    田牧さん!次回作も期待してお待ちしております♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

    はい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  • 登場人物三人とも、それぞれ実は心に何か抱えてます。というような…シリーズ化するのかな?最近(?)続けて新刊出てるみたいだが、内容が前より薄い印象。表紙が時代物っぽくないのはいいのか悪いのか。

  • 『波』に連載されていたので、惰性で読んだが、まあ面白かった。

著者プロフィール

田牧 大和(たまき やまと)
1966年、東京都生まれの小説家。明星大学人文学部英語英文学科卒業。市場調査会社に勤務しながら、ウェブ上で時代小説を発表していた。2007年『色には出でじ、風に牽牛』(『花合せ』)で第2回小説現代長編新人賞を受賞。
代表作に、『花合せ 濱次お役者双六』などの「濱次シリーズ」、『鯖猫長屋ふしぎ草紙』の「鯖猫長屋シリーズ」などがある。

田牧大和の作品

ツイートする