三人小町の恋―偽(いかさま)陰陽師 拝み屋雨堂

著者 :
  • 新潮社
2.97
  • (2)
  • (10)
  • (40)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 157
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103157335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロリコン野郎二人!拝み屋を営む美青年だけど、素顔はだらだらした感じの吉次。吉次の面倒を見ている十二歳の少女、おことにめろめろな吉次と彼の親友が……ロリコンにしか見えない……(笑)。いや、ツボですけどね?コン・ゲーム好きにはサイコーでした。ラストの展開なんて、ほんっと超歓迎!すばらし!あー面白かった……。拝み屋といいつつ、かなりうさんくさいことをしている吉次とおことのミステリ的な展開とか、おことの複雑な気持ちとか。ぜっひとも続きが出てほしい!

著者プロフィール

田牧 大和(たまき やまと)
1966年、東京都生まれの小説家。明星大学人文学部英語英文学科卒業。市場調査会社に勤務しながら、ウェブ上で時代小説を発表していた。2007年『色には出でじ、風に牽牛』(『花合せ』)で第2回小説現代長編新人賞を受賞。
代表作に、『花合せ 濱次お役者双六』などの「濱次シリーズ」、『鯖猫長屋ふしぎ草紙』の「鯖猫長屋シリーズ」などがある。

田牧大和の作品

ツイートする