まずいスープ

著者 : 戌井昭人
  • 新潮社 (2009年10月1日発売)
3.20
  • (6)
  • (22)
  • (33)
  • (11)
  • (4)
  • 本棚登録 :181
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103178217

作品紹介

人間のバカさとダメさが凝縮!本当にまずいものって、世の中にそうそうない。でも、これはかなりまずいかもしれない。サウナへ行くと言ったきり、父が行方不明になった…。パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」の鬼才が放つ新潮流小説。

まずいスープの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パフォーマンス集団を率いる1971年生まれ~浅草の団子屋でアルバイトする僕は,祖父がやっていた焼け跡の八百屋からビルになった4階に父・母・従妹と住んでいるが,ある日,父がまずいスープを作って出掛け,そのまま帰らなくなってしまったので,母は飲んだくれているし,父の友人を頼って,伊東でみつける。川崎のアパートでイラストレーターと暮らす日雇い派遣の僕は,川崎で電車を降り,競輪で30万を得てしまって,使わなくてはいけない。亭主に風邪をうつされた私は怠く,ようやく寝床からおきられるようになった~今の世を写している作品だ。閉塞感かな

  • 再読。女性がだらだらする話が非常に良かった。

  • 時計仕掛けのオレンジ位狂った話。内容はイマイチだけどw

  • 2017/02/18読了

  • 2016.07.02 読了。

    図書館にて。

  • 日常の何でもない話しだがすごく好きな雰囲気。これといった事もなく、そこら辺にいそうなしょうもない人達のしょうもない日常の話がさらりと書いてある。劇団の脚本なんかを書いている人が作者らしい。描写が目に浮かぶ。

  • 「鮒のためいき」の鮒のくだり。
    何度読んでもシュールな状況に笑える。

  • 戌井さん 初めて読みました。

  • BGM 女のためいき / 森進一
    ☆緊張したくないときにぜひ!

  • だらだらと生きている人たちの話を、だらだらと読んだ感じ。

全39件中 1 - 10件を表示

まずいスープのその他の作品

戌井昭人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

まずいスープはこんな本です

ツイートする