人生やり直し読本―心の涸れた大人のために

著者 :
  • 新潮社
3.62
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103223207

作品紹介・あらすじ

「お父さんは男です。お母さんは?」という問いに、「お母さんは大好きです」と答えた子ども-。こうした、みずみずしく柔軟な感性に触れることが、自由な発想を失い、日々辛さを感じながら生きている大人の心を刺激する。人生を見直したい人に向けた一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自己啓発本のようだが内容は全く違う。著者が、昔は子どもだった今はそのことを忘れてしまった心が枯れた大人たちへのメッセージ。

    1人の死も数十万人の死も死には変わりない。事故、テロ、災害、戦争などによって奪われてしまう命は多いから酷い、少なかったら良かったでは、ない。当たり前のことだが。日々流れてくるそれらのニュースを我々は聞き過ごしてないだろうか?

    子どもは大人が思っているよりも、ずっとずっと色んなことをわかっていて、感じている。子どもに大人が精神的に支えてもらっていることが多いかもしれない。でもそれでいいのか?子どもが心が枯れないような未来をつくる大人の責任とは何か? このままでいいのか?

  • 2階書架 : 914.6/YAN : 3410155332

  • 思った事は、言葉にしなければ伝わらない。
    黙ってるんじゃなくて、話さなくちゃな。

  • たったひとつの命だから・・・・
    あなたなら、この言葉の後にどのような言葉を続けますか・・・
    エピソードの感銘

    お父さんは男です
    お母さんは大好きです

    自尊感情、ありがとう、話すことの意味、植物人間じゃないんだ

  • この間手書きの手紙を書いた。何年ぶりだろう。ただし、横書きだったけれど。スマホに代表される便利さ。感性を鈍らせるひとつなのかな。

  • タイトルと内容が違う。もっといいことが書いてある。

  • これはハウツウ本ではない。心の涸れたオトナのために、絵本の価値を伝え、情報社会の危険を警告する良書。

全9件中 1 - 9件を表示

柳田邦男の作品

ツイートする