ガサコ伝説―「百恵の時代」の仕掛人

著者 :
  • 新潮社
3.87
  • (5)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103267317

作品紹介・あらすじ

一九六〇年六月。部数百万の国民的芸能雑誌「平凡」に、一人のアルバイトが雇われた。彼女の名は折笠光子、通称「ガサコ」。男勝りのバイタリティと細やかな気遣いで瞬く間に活躍の場を得た彼女は、七〇年代アイドルスター全盛時代を動かす仕掛人にまでなったが…。「伝説の編集者」の栄光と挫折の生涯を追った感動のドキュメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面倒見がいい。気配り。
    どこにでもついて行くことで、いつでも見守っていますよと思わせる。

  • かつて平凡出版が出していた娯楽誌「月刊平凡」に折笠光子という名物記者がいた。名前の「笠」とガサツとを掛けて「ガサコ」と呼ばれていたその人は、橋幸夫、舟木一夫、森田健作、南沙織、野口五郎、森昌子、山口百恵、近藤真彦、堀ちえみといったスタアたちに慕われた……というとスゴイ人物のようだが、本書を読むかぎり、きっと小心で古風で真面目な女性だったんだろうなと思う。錚々たるスタアが慕っているのだが、次代に残すほどの仕事をしたわけでもない。ガサコその人は、ひたすら非日常の世界に生きるスタアたちの癒し役だったということなのだろう。だから、慕われはしても仕事では名を残さなかった。古き良きスタアと社会の関係で生きた人だから、仕事だけとっても後半生はつらかっただろう。宝くじなど運のツキがよかったという逸話もあるが、57歳でがん死ということも含めて、総じていえば平凡な幸せを味わえたわけではない。
    この本、タイトルからはすごい人のようだが、実はそれほどでもない。でも、それでいてこの本ができてしまうところが、やはりガサコさんが慕われた人物だった証だということなのだ。
    個人的には「月刊平凡」休刊後のガサコの仕事ぶりをもっと書いてほしかった。途上の不遇ではなく、華やかな毎日の後の10年近くの不遇をどんなふうに感じ、仕事していたのだろうかと気になる。

  • 芸能雑誌には縁がなかったけれど、この本に登場する芸能人の多くはリアルタイムで知っている。彼ら、彼女らに慕われ続けた一編集者の生涯。

  • 雑誌記事で知り、即購入。 時代を作った名物編集者、輝く部分と闇の部分・・・、気遣いの女性。 21世紀の現代には登場し難いキャラクターかとも思う、でも最後は人間性ですよね!

    追記
    読み終わって、もう2度と出てこないタイプの編集者なのかも!? と感じた。 賛否両論だろうが誰しもが彼女の”熱意”には納得(畏敬の念)していたはず!

全5件中 1 - 5件を表示

ガサコ伝説―「百恵の時代」の仕掛人のその他の作品

長田美穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉田 修一
伊坂 幸太郎
森 絵都
高野 和明
奥田 英朗
デール カーネギ...
湊 かなえ
湊 かなえ
又吉 直樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする