ツナグ

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (441)
  • (703)
  • (363)
  • (34)
  • (5)
本棚登録 : 3445
レビュー : 648
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 死んだ人間と生きた人間を会わせる使者。それが『ツナグ』。
    といってもイタコのように口寄せをするわけではなく、あくまで仲介人として、故人との一度限りの面会を用意するのが仕事。
    依頼者たちが会いたいと願うのは、好きだったアイドル、母親、親友、恋人など・・・。

    最初は依頼者目線、途中から使者目線で書かれていて、だんだんと全体のことがわかってきます。
    『ツナグ』という役割。それを引き継ぐことになった歩美の戸惑いや葛藤。依頼者たちのその後。
    優しくもあり、切なくもある、いいお話でした。

  • さすが映画化された作品だと思った。最初はこんなの難しそうだなーって思ってたけど読み始めたらほんとにおもしろいかったです(≧▽≦)どんどん読めました。区切り方も最高で読みやすかったです。歩くんの葛藤はとても心にひびきました。両親が鏡を見て死ぬっていうのは予想つかなくておおー!ってなりました。映画も見ようと思ってます。私も死んだお父さんに会いたい。話したい。つないでほしい。なけました。

  • 死者は、いるのか。

    ファンタジックな設定だけど、うったえてくるのは、非常にシンプル。生きること、死ぬこと。生きていく人、死なれた人。死を抱えた依頼人は葛藤する。ツナグと呼ばれる使者も、生きている人間で葛藤する。そういえば、死者も使者も「シシャ」なのは、何か意味があるのかな。

    「親友の心得」厳しかった。嵐の弱さが、二度間違いを犯した。でも、取りかえせない傷を抱えて生きていく嵐はどんどん強くなるだろう。もう決して間違えないだろう。
    「使者の心得」使者を継ぐ歩美の葛藤。死者に会わせるというあまりに大きな役目に誠実に向き合っている様子が好印象。死ぬ人を想うことは、誰のための行為なのか。生きている人というよりは、生きていく人のため。それを傲慢と評した歩美の鋭さに、頭をガツンと殴られた気がした。

    死んだ人には、もちろん、もう二度と会えないけれど、もし会えたら、それは幸せなんだろうか。結局その人の気持ちの持ちようだと思う。でも、会ったら変化するから、その変化をプラスにしなくては。それが、生きていくということ。プラスに変化していかなくては、生きていく意味がない。傲慢だけど、悲しいけれど、図太く生きていくために。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「死者も使者も「シシャ」なのは」
      そう言えば、、、
      「図太く生きていくために。」
      決意に泣けてくるヨ。。。
      「死者も使者も「シシャ」なのは」
      そう言えば、、、
      「図太く生きていくために。」
      決意に泣けてくるヨ。。。
      2014/04/25
  • 映画化されてたやつって知らなくて読んでた。読みやすかったし面白かった。

  • 一生に一度だけ死者と合わせてくれる人がいる。それは「使者(ツナグ】」

    って話。同作家の本二冊めですが、作風が非常に好み。ちょっと乙一思い出すかな、と思うのは私の読書量が少ないからかな…

    アイドルの心得
    長男の心得
    親友の心得
    待ち人の心得
    使者の心得

    親友の心得が大変お気に入りです。
    嫉妬の表現が最高。使者の心得でさらに舞台裏があかされてことによりホラーじみた嫉妬劇が明るみに出て非常にたのしかったです。

    「きれいな気持ちのまま、まのじょは私に、もう関わりたくなかったのだ」p161が、使者の心得でちょっと違った様相を呈すのはぞくぞくしました。

  • 夜中に読み始めたら止まらずに一気読み.
    読んだことに後悔はないが,後味が良いかといったらそうでもない.
    色々と考えさせられる本.

    ■アイドルの心得
    以前声をかけてもらったアイドルに会いたいという一般人女性のお話.
    何かに救いを求めてる人の気持ちに素直に共感できた.
    アイドルの,いろんな人に可愛がられていたけど一生に一度の機会を自分に使ってもらえない切なさにも心がググっとなった.
    「使者(ツナグ)」のシステムがよくわかっていない状態で読んでいる章であるため,二人の会話で段々その条件の厳しさが呑み込めてくる.
    その厳しい条件の中,会うことができた,ほとんど初対面な2人.
    一般人女性のその後がとても気になる….
    ■長男の心得
    出来のいい弟がいるのに加え,田舎の長男教育を受けて育ったせいか,素直になれない,年のいった長男が理由をつけて母に会うお話.
    聞きたいことを聞かないでおくと,誤解が誤解を生んでいくんだなぁと納得.
    プライドなんて捨ててしまえ.素直が一番!
    ■親友の心得
    自分の所為で死んでしまったかもしれない親友に会う学生さんのお話.
    このお話も素直になれないのがネック.
    最後の「伝言」のしっぺ返しは…自業自得ながらかなりイタい.
    この本の真ん中にあるからこそ,頑張って読めるし,あとの2話でこの話の痛みを和らげることができる,いい配置.
    このお話がないと本全体の内容が締まらないけど,読み進めるのは泣きそうになるくらい辛いのでご注意あれ.
    ■待ち人の心得
    消息を絶った,素性がよくわからない婚約者の帰りを待つ男性のお話.
    純愛です.キュンキュンしてしまいました.
    待つのもできなくなるからと,真実を知りたくない気持ち.
    結婚も決意した相手が,死んでいるかもしれないと思ってしまう7年の重さ.
    自分だったら…こんな耐えきれるんだろうか.
    ■使者の心得
    「ツナグ(使者)」見習いの青年のお話.
    ここまでの4話で出てきていた青年についてと,使者とは,という疑問に答えが出てくる.
    伏線が回収されるのもこのお話.

  • 都市伝説のように語りつがれる、使者、ツナグ。
    一生に一度、死んだ人に一人だけ会うことができる。
    死んだ人は、呼び出されたら、一度だけ、生きている人と話すことができる。
    その仲介をするのが、ツナグと呼ばれる使者。

    連作短編で、依頼者目線の物語と、(新米)使者自身の物語が収録。

  • 既に映画化されているこの本。
    評判が良かったので、図書館で借りてみましたが
    評判通り、とても素晴らしい作品でした。

    いくつかのお話が続きながら
    終盤で全てをまとめる文才は素晴らしく、一気に物語に引き込まれました。
    中でも畠田靖彦が母親に会いに行った話。
    その母親が、初孫を見せるため、亡くなった夫に会いに行った事。
    そしてそれらを全て理解した靖彦。
    自分にも息子がいるからか、感情移入をしてしまい、涙が溢れました。

    死者と生者をつなぐ「使者(ツナグ)」。
    そんな存在がある訳はないと思いながらも
    この本を読み終わった後、きっと誰しも考えるであろう
    『私だったら、誰に逢いたいかな?』を真剣に考えてしまいました。
    今の私だったら…
    きっとまだ使わずに取っておくだろうな。

    映画化されるのも納得!
    映画ではどのように表現されているのか観てみたいです。

    今回、初めて辻村深月さんの作品を読みましたが
    文章の構成、情景描写、全てが私好みで、とても読みやすかったです。
    辻村さんの他の作品を読んでみたいと思います。

  • 5話から成る連作短編集。
    カテゴリは迷った末ファンタジーにしちゃったんだけど
    実際に使者がいても違和感がないくらいのリアルさがある。

    人間ってホントにひとりひとり違うんだなぁ、と思わされた最初の4編。
    救われたねぇ、よかったねぇと胸を撫で下ろす結末が殆どの中にあって
    ひとつだけ哀しかったのが『親友の心得』。
    最終章を読むと何故そういう結末になったのか判るんだけど
    それでもやっぱりこの結末は双方にとって酷だなと。
    どっちが悪い、という話では無いので尚更。

    4話までで終わっても特に問題はないのかもしれないけど
    最後の『使者の心得』で縺れて絡まった糸が解けたような気がした。
    後の章に行くに従って使者の印象に直接かかわる描写が増えていき
    最終章に使者の視点を持ってくることで
    それまでの4編の印象を補完してくれているような感覚だった。
    安堵感も、遣り切れない思いも。
    巧いな、というか、まんまとしてやられた、というか(爆)。

    以前『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』を読んだときは
    個人的にはあまりにも生々しくてキツイ思いをしたものだが
    今回はいろんな人の視点があることで安心して読めた。
    ファンタジーだったのもよかったかも。

  • 使者と書いてツナグ。死んだ人と合わせてくれる使者。生者は一生に一回、一人の死者とのみ会える。死者も1回しか生者に会えない。

    短編の連作形式で、アイドルに会う人、母親に会う人、事故で死んだ友達に会う人、失踪した婚約者に会う人、の話が続く。それぞれ、丁寧に背景や心情が語られていく。特に3話目、4話目は生者と死者の間に強烈な葛藤があり、読んでいて人間の感情が恐ろしくもあり、せつなくもなる。

    そして5話は使者自体の話となる。高校生が使者になっていく過程が、1話から4話までの舞台裏を語りながら進んでいくが、この章こそが本作の中心であり、前の4つの話はその導入であったとわかる。
    最後に、高校生の両親の謎が解き明かされ驚かされる。

    単なるオカルトの話にならず、人と人との関係にある大きな感情のやりとりを丹念に描写した傑作と思う。

全648件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

辻村深月(つじむら みづき)
1980年山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞などをそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第6回ブクログ大賞、第15回本屋大賞などを受賞し、2019年6月からコミック化される。他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。2020年、河瀬直美監督により『朝が来る』が映画化される。

ツナグのその他の作品

ツナグ(新潮文庫) Kindle版 ツナグ(新潮文庫) 辻村深月
ツナグ (新潮文庫) 文庫 ツナグ (新潮文庫) 辻村深月

辻村深月の作品

ツイートする