盲目的な恋と友情

  • 2354人登録
  • 3.45評価
    • (80)
    • (319)
    • (389)
    • (59)
    • (15)
  • 373レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相手を見下したり、必要以上にひがんだり、ちょっとした言葉尻でイラついたりと、女性のドロドロした部分をまざまざと見せつけられました。
    「親友」という言葉がやたら出て来るのも女子ならではだなぁと…。

    ラストシーンが見えた時、「ちょっとベタというか陳腐じゃない?」と思いましたが、本当に復讐したかった事柄がわかった瞬間、「そうか、だからこういうラストシーンなのか。陳腐どころか超怖い((((;゚Д゚))」ということに気づかされました。

  • まず、装丁がヒグチユウコさんで、美しく物悲しい世界観を鷲掴みにされます。
    以前何かのインタビューで、著者がズルズル引きずるタイプと答えていたのが本作品で生きているんだなぁと、勝手にほくそ笑んでました。
    今迄になかったえげつなさが、デビュー当時からは想像出来ないし、今年はデビュー10周年であと2冊出版されるので、楽しみにしている。

  • なんとなく手詰まりというか、
    才能が枯渇してきたのではないかと思ってました。。。
    今もちょっと思ってます。。。

    ちょっと裏技(?)です?!

    19日にこの「盲目的な恋と友情」を中心にした懇親会に参加しました!
    そこで生「辻村深月」さんとちょっとだけお話ししたのです。

    ちなみに、
    この懇親会に参加する人は事前に「盲目的な恋と友情」を読ませていただくことができ、
    もちろん読んで行きました!
    だから、
    感想をあげるのがはやい(笑)

    今までの何作品かを読んで、
    「直感」で書いてたのが「考えて」書いてる気がしてたのね。
    自分の中にあるものを素直にだしてんですが、
    ある時から、
    自分の中にあるものをどう表現しようかと悩みながら書いてる感じがしたの。

    話しを聞いて、
    「白」い作品と「黒」い作品があるんだって。

    「サクラ咲く」なんかは「白」い方よね。
    今読んでる、
    「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」は「黒」い方なんじゃないかな?
    当然、
    「盲目的な恋と友情」も「黒」い方なんですよ。

    「白」い方は、
    まだ読んでないんですが「島はぼくらと」が、
    「白」い方の自分が書きたくて書ききった作品なんだって。
    読みたくなったわ!
    じゃ、
    と、
    思ったのが「盲目的な恋と友情」は?
    そう、
    書ききったって言ってなかった!
    「黒」い方はまだ余力を残してるのです!
    で、
    読めば分かるし、
    他の人の感想や辻村さんもおっしゃってましたが、
    「あえて美波のことは書いてない」
    みたいに言ってる。
    そう、
    「星近」ももっと掘り下げて書いてもよかったはずなのに、
    読者にゆだねたそうです。

    ありかなしかは読者が決めて、僕はありでいいと思うの。
    しかし、
    そこが「余力を残して書いてない」と思える部分で、もっと出し切って欲しいな!
    と、
    心底に感じた部分であります。

    まだまだ書いていくそうです。
    まだまだ楽しませてくれそうです。
    ちなみに、
    主人公は「蘭花」ですが「シェリル」は登場しません(笑)

  • 一気に読んだ

    留利絵 怖っ 彼女はいちいち引け目を感じていて育ってきた環境でこんなになってしまうのか もっと私に感謝して、とかかなりおかしい

    蘭花ちゃん せっかく可愛いのに幸せになって欲しかった

    茂美が そんなにやさぐれてボロボロになっちゃうなんて

    小学校の頃から男子と打ち解けられる女子はいつの時代もいるわけで、大人になってもそんなに変わらないんだと思う

  • 重たくて丁度よく怖い。辻村深月ってこんな感じだったなって思う。

  • よくよく考えると、菜々子のたった1つのお遊びに、こんなにも人が巻き込まれて、狂い、堕ちてゆく。
    少しの退屈と、歪んだ欲が、人を殺し、心を殺す。

    想いを重ねるのは、こんなにも難しい。
    無知も、純情も、全ては綺麗に見えるけれど、本当はとてつもなく弱く、壊れたら一気に堕落してゆく。

    自尊心を満たされる快感にしかもう何も見えなくなってくる。

    側から見れば情けないが、どんな人にでも重なってしまう。人間である限り避けられない、苦しみの根源。

  • 留利絵さん怖いね。でも大人になっても、女同士の仲良しに嫉妬する人っていた。こんな人に絡まれたらそっと離れるしかないのに。蘭花もちょっとどうかと思うけど、留利絵さんみたいな勘違い女は絶対嫌だわ。

  • わぁ…嫌だなぁ、こうゆうの。
    でも、あるんだよね。
    うん。ある。

  • 怖いなぁというのが第一声。恋編と友情それぞれの立場での人間模様が交錯してくるが
    るりえの卑屈さとストイックな感情に恐怖すら覚えた。
    同じフレーズが2度出てくるのも
    全然違った意味合いで響いてきて効果的。救いがないお話だったけどぞくぞくするような寒々しさも時には良い刺激なのかも。

  • 【あらすじ】
    これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への――。一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。彼らは親密になるほどに、肥大した自意識に縛られ、嫉妬に狂わされていく。そう、女の美醜は女が決めるから――。恋に堕ちる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書下し長編。

    【感想】

全373件中 31 - 40件を表示

盲目的な恋と友情のその他の作品

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
辻村 深月
辻村 深月
宮下 奈都
辻村 深月
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする