盲目的な恋と友情

  • 2354人登録
  • 3.45評価
    • (80)
    • (319)
    • (389)
    • (59)
    • (15)
  • 373レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色男との色情に盲目になってしまった蘭花と、女同士の友情に盲目になってしまった留利絵の二部構成。前半は恋愛劇で、後半はその舞台裏といった感じで、戦慄が走る。

    蘭花も留利絵も相手に対して情が深いわけだけど、それは己の「欲情」であり「愛情」ではないところが読みどころなのかな。
    情に溺れると理性を失い痛くて重い。色情にも友情にも溺れていない美波の存在が唯一の救いのように感じる。

    しかしながら、私にも、ここまで極端ではないにしろ、色情にも友情にも盲目になってしまっていた時期があるから、身につまされる気持ちで読んでしまった。他に代えの利かないオンリーワンな存在を、失いたくない気持ちや独占したい気持ちは、やっぱりなかなか抑えが利かないし、周りがなんと言おうと、強情になってしまう。

    蘭花目線での出来事と、留利絵目線での出来事では、受け止め方が全然違って、男女のパートナー同士にしろ、どんなに気心知れた親友同士にしろ、ちゃんと言葉で想いを伝えても、相手には一生伝わらない、決定的に乗り越えられない壁みたいなものってあるのだなぁと切なくなった。

  • 盲目的な恋よりも、盲目的な友情の方が何倍も恐ろしいと思った。

  • 大学オケの指揮者を務める茂実と誰もが認める美人の蘭花の盲目的な恋。容姿のコンプレックスを抱える留利絵の蘭花に対する盲目的な友情、そして復讐。
    辻村深月のいつものダメな依存男に執着する美女の話かと読み進めたけど、ラストの展開でまだ本は半分残っていた。まさかここから二転三転するとは。あまり執着心が無いので理解は出来ないけど、本の作り方と展開は面白かった!

  • 【ネタバレあり】

  • いやだーこわいよー!

  • るりえ拗らせててこわい

  • まだまだ読みこぼしてるのあるなー、辻村深月さん。

    表紙がとてもステキ。猫の絵が上手い人(ヒグチユウコさん)の絵ですね。

    ふたつの話を読んで、タイトルの意味がわかりました。
    私は友達とは割と淡白につきあってきた方なので(高校時代からずっと続いてる友達はいるけど「親友」だなんて言ったことないし、第一、私たち、親友だよねとか口に出していう女は大嫌いだった)、留利絵の気持ちはわからないなあ。

    もっと他のことに目を向けられたらよかったね、蘭花も留利絵も、なんて思っちゃいました。

  • オンナのコ、の浅はかというか一生懸命というか、の胸の内を、そして、ハマっちゃうコの典型のような末路を、表現していく、何も救われないイタいお話。

  • イヤミス

  • 市図書館にて。

    だからもう大丈夫だけど、一応、あなたには知っていて欲しくて
    そんな幼さを吐いてみたい。

全373件中 51 - 60件を表示

盲目的な恋と友情のその他の作品

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする