盲目的な恋と友情

  • 2354人登録
  • 3.45評価
    • (80)
    • (319)
    • (389)
    • (59)
    • (15)
  • 373レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 怖い話だった。
    面白いけど怖かった。

  • 恋も友情も傍から見るとひどいことになってますが、本人達は真剣。私たちも似たようなものかもと思えてしまった。不細工な子特有のマイナス思考が痛々しくて、読んでいて辛くなりました。ラストの衝撃は、「彼女がその名を知らない鳥たち」に似てたなー。辻村さん初読ですが、他も読んでみようと思います。

  • 女性特有?の粘っけがある人間関係をうまく描写している。男の視点からすれば、全く理解できないが、女性は共感するものなのだろうか?
    (男の場合は、最終的に力がある奴が強いというような、単純なヒエラルキー乃至は短絡的な思考が多いので)

    逆にこの本の内容に共感できない男でよかったと正直思ってしまう。。。こんなに表面上はべたべたして、裏ではけなし合ったりする関係なんてとてもじゃないが、やってられない。。。めんどくさい。
    依存と虚像と嫉妬と悪意が渦巻いた気持ち悪い世界だと感じてしまう。

  • 蘭花も瑠璃絵にも共感できず。
    女の嫌なところを突きつけられる。
    その辺りを面倒だ、気持ち悪いと思ってしまうところが
    私に友人が少ない理由か。

  • 読んでいる最中は気になるので夢中で読んでしまいました。が、読了感は最悪でした。救いがなさそうと思っていたらやっぱりなかった。
    同じ話を複数の人物の視点から見ると、違っているもので、その差異が気持ち悪いと感じました。
    タイトルを信じて読めば、色々と納得いくかと。

  • タイトル通り。キャラクターの描写が巧くて、ところどころ痛くなるくらい。

  •  趣味として音楽を楽しむ、私立大学の管弦楽団に所属する1年生の蘭花は、夏の合宿で外部から指揮者としてやってきた茂実星近と出会う。キレ長の目、高く整った鼻梁、そして長い手足。オケの先輩たちが色めき立って噂する茂実に気後れする蘭花だったが……。
     やがて、茂実が先輩とつき合っているという事実が公然の秘密となり、言葉も交わしたことのない蘭花はますます彼との距離を痛感するが、一年後蘭花の前に現れた茂実は彼女に好意を示すのだった。しかし、恋に夢中で周りが見えなくなった彼女に、親友の留利絵は割り切れない思いを抱く。

     タイトルにならい、物語は「恋」「友情」の二部構成です。育った環境、容姿にも恵まれたお嬢様蘭花と、中学生時のクラスメートの男子から受けたいじめを未だに引きずる留利絵。2人が同じサークルで出会い、親しくなったことが悲劇のはじまりとなって、物語が進んでいきます。
     いわゆる「イヤミス」というジャンルになるのかなぁ。あまりにも救いがなくて、しんどかった……。

  • H28.8.9読了

  • むむ〜後味が悪い…

  • 16/08/01
    装画の緻密でちょっと不気味な雰囲気がツボ。ヒグチユウコさん。
    タイトル通り、“盲目的” でした。ただの恋愛もので終わることなく、不穏なサスペンス調に進むのはやはり辻村さんですね。

    ・大人だと思っていた。だけど、茂実もまた、学生と何も変わらない、呆れるほどの、子供なのだ。(P70)

    ・蘭花は、私の、春だった。
     長く明けない、冬の世界に暮らす私の、たった一つのあたたかい、居心地のいい、春だった。(P243)

全373件中 61 - 70件を表示

盲目的な恋と友情のその他の作品

辻村深月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする