ホンダジェット: 開発リーダーが語る30年の全軌跡

著者 :
  • 新潮社
3.79
  • (6)
  • (12)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103289227

作品紹介・あらすじ

こんなきれいな飛行機見たことがない! ――新しい伝説が、いま飛翔する。航空ショーに出展されるや一躍、アメリカの航空ファンを虜にした超小型機、ホンダジェット。エンジンから座席シートに至るまで自社設計にこだわった「創業者・本田宗一郎の夢」を乗せた機体が、いま離陸する! 無謀だ、ドン・キホーテだと揶揄されながらも、決して諦めなかった三十年の苦闘に迫るビジネスノンフィクション!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自動車メーカーのホンダがビジネスジェットと呼ばれる小型航空機を独自開発し、間もなく販売に漕ぎつける事はあまり知られていないかもしれません。今後の成長分野として有望視されながら、あまりのリスクの高さから長らく日本から航空機ビジネスに参入するメーカーが現れない中で航空機とは全く縁のなかったホンダが機体だけではなく、エンジンまでも独自に開発し、事業化しました。そのホンダジェットの開発責任者への詳細なインタビューをもとに開発着手から30年にわたるプロジェクトの推移を追います。航空機ビジネスとはどういうものか、なぜ参入障壁が高いのかなどのビジネスの背景や、尾翼の上にエンジンを搭載するという全く新しい機体形状の設計に至る開発秘話など、興味深い内容が満載です。「日本企業に多い調整型のリーダーではなく、全ての技術に精通した一人のリーダーが強力なリーダーシップで進めなければ航空機開は難しい」、「最初からみんなで協力してやりましょうではだめ。『一人でも結構やり遂げられる』ぐらいに思える人が集まって初めて限界を超えて仕事ができる」など、無謀と言われた挑戦をやり遂げた開発責任者の方の言葉は興味深いです。

  • 年始の課題図書その2、やっと読了。文庫化でコンパクトになったけど、航空産業の基礎からホンダの経営哲学、ホンダジェットの特徴解説まで多岐に渡っていてなかなかのボリューム。

    スケールでは遠く及ばないけど、ぼくも異業種から「ひとの命を預かるような」商品の開発に関わっていて、許認可の取得からテクニカルなジャッジ、マーケティングまで関わる分野がやたら広いのも似た境遇に思うところは多い。本書によれば、ホンダジェットの成功の秘訣は

    ・日本でやらず、本場に最初から行ったこと
    ・トップが端から端まで技術を熟知したうえで直接ジャッジして、コンセプトを貫いたこと
    ・ひとりでなんでも抱えるのを単に悪しとせず、ひとりでもそれなりにできる、人を5人集めてやっと仕事になる、という感覚で取り組んだこと

    だそうで、1つ目はさておき、2つ目と3つ目はまさにそうだと思う。
    そういう人材を育成していける企業としての求心力、魅力がホンダにあって、かつ本田宗一郎の夢が飛行機だった、というのが最終的にMRJに比べて差がついたポイントかもしれないけど、器用貧乏と言われて早15年、とことん突き詰めて、いまやっている事業を仕上げようと思った一冊でした。ホンダジェットは30年がかりだから、あと15年はあるな…

  • こんな良い会社は珍しいのか、会社を動かすだけの力があったマネージャーなのか。

    最近のホンダ、頑張れ!

  • ホンダジェット開発の 30年を、開発リーダー藤野道格へのインタビューを中心に構成したノンフィクション。ご存じの通りホンダジェットの開発、事業化は、今どきの日本では珍しい Project-X 風の成功譚で、これが一冊の本の形で読めるのは素晴しい。

    著者は自身もジェットエンジン設計の経験があり、航空関係で多くの著書がある前田孝則。2008年には「なぜ日本は50年間も旅客機をつくれなかったのか」という本も上梓しているくらいなので、ホンダジェットが FAA の型式認定を受け、量産機として空を飛ぶ姿は著者にとっても感無量であったろう。

  • ライモンド・ローウィの言葉:「口紅から機関車まで」に記された次の言葉。無駄な装飾を排除して物の持つ実用的構成に美を見出す、いわば力学的均整に美があり、物そのものの生きるべき姿の中に直接に美の本質を発見する。そのために無駄なものは思い切って排除する

  • ホンダジェット開発に関する軌跡。
    エンジンだけでなく全部作ろうとしたのは、やはりHONDAのDNAなのだろうか。
    成功してほしい。

  • ATP アドバンストターボプロップファンエンジン

    福井威夫 父 福井静夫 海軍技術少佐 大和の設計 収集していた膨大んあ資料 海事歴史科学館に寄贈

    ワシントン スミソニアン博物館 赤い初代civicがある
    藤野道格(みちまさ)氏よく見に行った

    YS-11 開発リーダ 東條輝雄 東条英機元首相の次男

  • 2016.7.26読了

  • ホンダジェットの開発の軌跡と奇跡の経過を、元IHIのジェットエンジン開発者であった著者が丹念に追った技術系ノンフィクションの傑作。
    メーカーにいる人なら読んで損は無い、というか読むべき。
    新規事業がうまくいった事例というよりも、既存企業で新規事業がうまくいくのはこれだけの人間と才能と運に巡りあわなければ難しいというのが感想ではあります。

  • まったく新しい事業としてジェット機をつくるという
    けっこう壮大なものがたり。
    うまくいってよかった。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1946年生まれ。石川島播磨重工の航空宇宙事業本部技術開発事業部でジェットエンジンの設計に20余年従事。退社後、日本の近・現代の産業・技術・文化史の執筆に取り組む。おもな著書に『YS-11』『富嶽』『マン・マシンの昭和伝説』『戦艦大和誕生』(いずれも講談社)『日本のピアノ100年』『満州航空の全貌』(いずれも草思社)『技術者たちの敗戦』(草思社文庫)『新幹線を航空機に変えた男たち』『日本の名機をつくったサムライたち』(いずれもさくら舎)『飛翔への挑戦』(新潮社)など多数。

「2017年 『文庫 戦艦大和誕生(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ホンダジェット: 開発リーダーが語る30年の全軌跡のその他の作品

前間孝則の作品

ホンダジェット: 開発リーダーが語る30年の全軌跡を本棚に登録しているひと

ツイートする