詩ノ黙礼

著者 :
  • 新潮社
4.07
  • (5)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103299219

作品紹介・あらすじ

2011年春。福島で暮らしつづける、詩人の祈り。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なぜだかわからないけど涙が止まらない。自分はなにもしなかった。涙で読めない本は初めて。どんなときに読むべき本なのかわからない。やはり泣ける本とはフィクションで有って欲しい。あの時期の事が頭に浮かんできた。関西に住んでいるにもかかわらず。俺も持ちたい。想っています。

  • 毎晩少しずつ声に出して読んでいった。
    今、福島を日本を命を未来を思うこと。
    失われたたくさんの魂を決して風化させないために。

  • 福島で被災した著者の、真っ直ぐな言葉の弾。
    自然の不条理に怒り、
    国の対応に怒り、
    殺処分に泣き、計画的避難に泣き、怒る。

    怒ること、悲しむことを受け止め、
    「それでも詩を書くしかない」
    と腹を括って毎日Tweetする彼こそ、
    時代を動かす詩人だと思った。

  • カメラでは撮れないものがある。
    誰でも彼でもが共有できるものは、意外と少ないということか。
    ただ甚大な被害の前では、共有こそが恐ろしい。
    途方もない悲しみが胸を締めつける。
    画像で見るよりも脳には刺激が強い。

  • ツイッターもTVで紹介されていたということも知らなく
    書店の店頭に平積みされているのを何の気なく手にとり
    言葉の力に衝撃を受けた。

    同じ方のツイッターをまとめた詩集が同時期に別々の出版社から三冊でていて
    書店の店頭でも並んでいてたまたま最初に手にとったのがこれだったのだ。

    あまりの衝撃にほかの二冊も開いてみたが
    ごく普通の印象でしかなかった。

    つぶやいた期間は重複していないのだが
    なぜこの一冊は言葉の寄せ方が違うのだろう?

    圧倒的な言葉のうねりに、続けて読むことができず
    少しずつ拾い読みしている。
    続けて読み通せる日は来るのだろうか?

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1968年福島生まれ。詩人。国語教師。第4回中原中也賞、第47回晩翠賞、みんゆう県民大賞、NHK東北放送文化賞、福島県文学賞、第1回ニュンク・レビュー・ポエトリー賞などを受賞。東日本大震災以降、ツイッター上に詩を投稿、『詩の礫』『詩ノ黙礼』『詩の邂逅』を3冊同時刊行し、大きな反響を呼んだ。

「2021年 『Transit』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和合亮一の作品

ツイートする
×