• Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103308317

作品紹介・あらすじ

世間的な価値観から大きくはみ出している"異端"のふたりが、震災で露わになった差別のしくみや、ネット社会の気持悪さを、舌鋒鋭くえぐり出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 対談集。
    『ホンマでっか!?TV』を殆ど見てないので、池田清彦先生を存じ上げなかった。
    虫を追っかけたりとか、口調が江戸っ子だったりとか、
    存在自体面白い方だなーと、この本を読んでみて思った。
    どなたかのレビューに『池田先生は高田純次入ってる』と書かれてて、妙に納得。

    震災を語るくだりを読んだときに、発売当時に読んでおくべきだったと思った。
    逆に言うと、震災直後と現在では温度差があるってことに気づかされたともいえる。
    その後はマイノリティーの生き方だったりとか存在意義だったりとか。
    話題は各方面に亘るので個別の感想を言い出すときりがないけど
    マツコ・デラックスという人は本人が言うよりだいぶまっとうな人だというのが
    主だった感想。
    正確にいうと、至極まっとうに怒るべきことに対して怒ることのできる人、
    だということ(最近の『怒り新党』を見てると尚更)。
    そういう人は貴重だけど、今の日本では生き難いだろうなーとも思う。
    なんだかんだ言ってもマツコさんのことが嫌いじゃないのは
    そんなところに理由があるのかもな、とも思った。
    同時に、以前『世迷いごと』を読んだときに「意外と愛情たっぷり」だと感じた理由も
    なんとなくだけど判ったし、腑に落ちた。

    こういう切り口でマツコさんがモノを語った本をもっと読んでみたい。
    というか、今の芸人的、イロモノ的な扱いではもったいないと思う。
    ご本人が聞いたら怒りそうだけど。

  • 好き嫌いが、はっきり別れる本。だと、思う。

    人は自分のことが自分自身でさえよくわかっていないのに、他人のことなど分かるわけない。更には、分かってもらえないなんて思うのはヘン。

    って、言える、このお二人が好きです。

  • 世の中に対してのモヤっとした気持ちを綺麗に代弁してくれる良書だと思います。マツコさんの本、他にも読んでみたい!

  • 信念を持つ、または見切った人は強い。

  • 対談集
    心に残ったのは
    やり取りすることで、自分や相手が変わることが本来のコミュニケーションっていう言葉
    本を読むっていうことも
    本を書いた人とのコミュニケーションだね

  • 異端だけど正面から戦わない、座ったまんまするっと入って「えーそれ変だよー」と声を上げるようなふたりの対談。
    マツコさんは怖くてもやるべきことはちゃんとやる責任感があって、池田さんは好きじゃなくても使えるなら使っとこうという柔軟性があるというイメージ。
    そうやって、社会から離れずに折り合ってる。

    東日本大震災の後に行われたからその話題が多いけれど、そこを切り口にもっと大きな社会を論じている。
    二人はあり方や思考の道筋が似ているようで、時候の挨拶みたいな余計な能書き無しに話が進む。
    いちいち止めて疑問を呈す狂言回しがいないから、乗れればすごく面白いし、乗れない人には嫌かもしれない。

    私は面白く読んだ。
    基本的に同調できるからっていうのもあるけれど、当人たちの言う「半身(はんみ)」の姿勢のおかげか。
    「これは私の意見です」というのを全面に出しているから、私と違う部分にも「そう考える人もいるのか」「いやそれは違う」「それは…違う?と言いきれるほどの知識がないからもうちょっと調べよう」と思う。
    お前もこう感じろと教化されるようなプレッシャーを感じない。
    だから素直にわからない部分は知ろうと思える。
    北風と太陽で言えば太陽な語り口。

    それで直前に読んだ「社会運動の戸惑い」http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4326653779を考えていた。
    自分と違う意見のものは敵とみなす風潮は怖いねって話だとか、そのあたりで。
    社会運動のやり方は北風。祝島http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4004313996みたいに、北風じゃなきゃ倒れちゃうこともあるから正面の戦いも必要なんだけど、太陽の戦法が必要な部分もあるよな。


    ・好きなことを仕事にしちゃった「趣味」じゃなくなる話。
    メイクが楽しみじゃなく作業になってしまったという部分で、「新 ボケても心は生きている」http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4422410725にあった言葉を思い出した。
    「ちょっとした外食も日取りを決めたら日常ではなくイベントになってしまう」っていうのと反対の状況だけど同じことだ。

    ・温暖化の話は反対意見を知りたい。
    ・自殺についての部分はかなりひどいこと言ってる。

  • 震災後の人々の様々な動揺の話や
    マイノリティについて、差別、ボーッとしないと全健忘になるなど自分にとって価値観の変わる事が多数ありました。
    池田氏の「コミュニケーションとはただ話すことではなく、相手から影響を受けて自分の中が変化していく事」という趣旨の話と
    マツコ氏の自分が叩かれてもきちんと自分の考えや立場を表明して世間にそれを投げかけていくと覚悟しているという話の件はなんと普段のんびり過ごしてるんだろうと反省すらしました。
    この本を読んで楽しめそうな友達にはぜひ薦めたいです。

  • 東日本大震災の甚大な被害に対して、「どんな悲惨な目に遭ったって、命さえあれば再起できる。」
    「生きてりゃ何とかなるよ」という池田先生の男っぷりにキュンとした。

    「死ぬのはしょうがない。死に方が問題だ。」
    池田先生のかっこうよさにふれる本。

  • マツコさんが意外と(失礼!?)常識人なことを言ってました。(笑)

  • 途中批判的な対談が続くが 全体に生き方や過ごし方 考え方や諦め方など 面白かったです

全48件中 1 - 10件を表示

マツ☆キヨのその他の作品

マツ☆キヨ Kindle版 マツ☆キヨ マツコ・デラックス

マツコ・デラックスの作品

マツ☆キヨを本棚に登録しているひと

ツイートする