冥界からの電話

著者 :
  • 新潮社
3.00
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 95
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103309055

作品紹介・あらすじ

信じられないかもしれませんが、これは本当にあった話です。ある日、死んだはずの少女から電話が掛かってきた。数々の超常現象に見舞われてきた著者が、友人の医師から聞いて巻き込まれた不思議な出来事。一体これは何なのだろう……。死は人生の終点ではない。肉体は消滅しても魂は滅びない。死後の世界の真実を伝えたい、95歳の著者からの渾身のメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 多分、実話を小説風に仕上げた本。
    主人公は作者の知り合いの医師の男性。
    主人公は講演会で講師として呼ばれた際に知り合った女子大生の少女と交流をもつようになる。
    会った事はなく、電話だけの交流。
    やがて、少女は事故で亡くなるも、その亡くなったはずの本人から電話がかかってくるようになる。
    彼女はもう亡くなっていて肉体がないので電話がかけられない。
    だから、彼女の兄の体を使って電話をしてくる。
    その不思議な電話はずっと続いてー。

    霊から電話がかかってくるというと、単純に恐いけれど、この話では電話をかけてくる少女が恨みをもって電話をかけてくるという感じでないし、少女の性格が純粋で清らか、という形容詞で語られているために恐いという感じはない。
    電話を受ける側も、彼女が早く成仏する事を願いつつも、電話がないと淋しいという思いを抱いたりしている。

    この本では死後の世界はこういうものだ、という風に語られているけど、私自身、まだ死んだ事がないので本当やらどうやら分からない。
    何故、死後の世界はこうだ、と言い切れるのか分からない。
    ただ、この本を読んでいて霊魂というのはあるのかもな・・とは思った。
    それと波動が大事だというのは納得した。
    人の悪口を言ったり、恨んだりという低い波動をもって神様にお願いしたりすると、却って悪いものを引き寄せてしまう、というのは恐いな・・・と思った。

  • 著者の友人である医師の体験談。実話なのできちんとした結末があるわけではないのです。そしてそれが怖い。一体なんだったのか…。

  • 交通事故で亡くなった女子高校生と医師が電話で会話をする。死後の世界を語る。
    私はそんなに霊的なことに強くないので、ふーんって、一つのお話として読みました。死後の世界もまあそうなんですかと。信じる人もいれば信じない人もいる。ただ、体がなくなっても魂は滅びない、と私は思う。心の持ちようでもあり、感謝する心や、信仰は決して軽んじてはいけないのである。

  • 著者の意図として事実をそのまま書いているからやや内容的には(読み物として)は物足りなさを感じたが、言いたいことは最後の一文もそうだが、大事な事を仰っており、非常に共感できる。
    途中霊界などの話はあれと思ったが最後まで読んでなるほどと感じた。

  • ファンタジーですよね?

    唯一のリアリティは東京ばな奈のみ…

  • 久々にとんでも本を掴まされた。
    佐藤愛子さんはそのエッセイ集が売れに売れており、私も何冊か読んだが、お年の割にといっては失礼だが、感性もみずみずしく、面白く読ませてもらっていたが、今回はさすがにムリ。
    知人の話として、死んだはずの女の子から頻繁に電話がかかってくるという話を延々とつづっており、途中、劇的なドラマがあるわけでもなく、最後に何かオチがあるのかと思いきや、何もなし。びっくりした。
    この本を一冊の本としてこの価格で売る感性がわからない。残念、それだけ。

  • 著者の知り合いが体験した実話。「死んだ女性が兄を使い電話をしてくる」話だけど、兄の正体もわからず、電話が真実かどうかの証拠もなく信じがたい話だった。実際、著者もそのように書いている。電話があった時、なぜ録音しておかなかったんだろう?何十回も電話がかかってきてるんだから録音があれば真実かどうかわかったのに。知り合いも「私がおかしいんだろうか」と悩まずにすんだのにね。

  • 不思議な世界の報告だった。が、一蹴する気は、もちろんない。実際、見えてない世界の方がはるかに多いと思っている。謙虚に世の中のさまざまな事象を見ていきたいと思っている。

  • フィクション、小説として読んだ人は、消化不良過ぎて結末に不満を感じるかもしれませんね。
    でも、私は「本当にあった話」として読んだので、とてもおもしろかったです。
    最後までイッキ読み。
    そして、プロの作家というのはすごいなぁ、と思いました。私が同じ話をしても、きっとこんな風におもしろく話せないなぁ・・・というような、非常に「ビミョー」な話です。

    ひふみちゃん、という穢れなき女子高生は「最初からいなかった」、というのが、著者含め、多くの人の一致した意見じゃないでしょうか。
    私もそう思います。
    「妹の死」という重い事実を共有しているにもかかわらず、電話番号や住所を教えない、聞かれてもはぐらかす、一度も会おうとしない、というのは、やはりどう考えても変だと思います。

    Amazonなどのレビューを見ると、多くの人が、「お兄さんのいたずらなんじゃないか」と考えておられるのですね。

    私は、本の中で出てきた霊能者が言っていたように、「この世のものではない何か」のいたずらなんじゃないか、と思ったのですが。

    まず男性諸君に言いたいのですが、女子高生が、ろくに面識もない中年男性に一方的に恋心を抱く、なんてことは、絶対にありえないです。淡い想いを抱くどころか、相手するのも面倒くさい、ってのが本音ですよ。
    にもかかわらず、多くの男性がそのような可能性を夢見ていることにいつも驚きます。(男性作家の小説によく出てきますよね・・・ありえませんから!!!)

    この本のお医者さんも、もちろん、そんなことを夢見たりしていませんし、別にスケベ心を抱いているわけでもない、それは事実だと思います。
    でも、もう死んだ、ということを理解させるために、「おっぱいに触ってごらん?ふくらみがないだろう?」としつこくおっぱいにこだわるところは、「やっぱりオッサンだなぁ・・・」と思わずにはいられませんでした。私だったら、「体に触ってみて」とは言うだろうけど、いちいち「おっぱい」なんて思いつきませんよ。

    そいういうちょっとした煩悩の部分に、「この世のものではない何か」が付け込んだのではないのかなぁ、と思います。
    この方は、次の「審神者(さにわ)」の有力候補者みたいだから、それもあって、いたずら半分で力試しを挑まれたのではないかしら。なーんて。

    私は、人間には理解できない大いなるものの存在、力、隣にある見えない世界、というものをわりと信じています。
    でも、占いに従うとか、波動がどうとか、数字や雲のサインとかいう話になると、話し手によっては違和感や警戒心を感じます。本人が心の中でひそかに気にするのはいいけれど、まるで何かの証拠みたいにその日見かけたゾロ目の数字のことを言われても困ります。
    この著者の「波動を上げる」うんぬんのくだりにも、なるほど、おもしろい、とは思うけれど、だからといって実生活を支配させられたり、善行に義務感を感じたくない、とは強く思います。

    波動がどうとかあの世の仕組みがどうとか知らなくても、普通に日々を生きるだけで、ごく自然に、自分は大いなるものに生かされていると感じたり、特別なことはなくてもちょっとした偶然に感謝したり、ありのままの物事の美しさに畏怖の念を抱いたりできると思う。そういう意味で、超常的なことを信じる・信じない、というのはどうでもいいことのように思うけど、人は割と極端に二極化してリアクションするので驚きます。(毛嫌い、or 妄信、の二極化)

    とは言え、昨今の日本を支配している「キレやすい」ムード、何がおもしろいのかさっぱり理解できない飲食店バイトによる動画テロ、短期的な利益のことしか頭にない環境破壊行為などに対しては、この著者が言うようなスピリチュアル的アプローチ(波動を上げることは重要なんだよ、みたいなアプローチ)は大いにアリなんじゃないか、なんて思ったりもするので、こういう見えない世界を描いた「あやふやな本」ももっと読まれればいいのになぁ、と思います。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐藤愛子

1923年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。69年『戦いすんで日が暮れて』で第61回直木賞、79年『幸福の絵』で第18回女流文学賞、2000年『血脈』の完成により第48回菊池寛賞、15年『晩鐘』で第25回紫式部文学賞を受賞。17年旭日小綬章を受章。エッセイの名手としても知られ、近著に『九十歳。何がめでたい』『冥界からの電話』など。

「2019年 『気がつけば、終着駅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冥界からの電話のその他の作品

冥界からの電話 Kindle版 冥界からの電話 佐藤愛子

佐藤愛子の作品

ツイートする