サーカスの夜に

著者 :
  • 新潮社
3.26
  • (11)
  • (84)
  • (138)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 789
レビュー : 112
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103311928

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外国の童話を読んでいるかのような雰囲気で読了。病気を抱えている少年はサーカスに魅了され、劇団の下働きから始め、劇団員たちとの関わりの中で、成長し、ジャグリングを身につけ、綱渡り師を目指すようになる。サーカスはTVで見た記憶があるが、舞台裏があり、成り立つこと、団員たちも日々の血の滲むような練習とともに普通の暮らしを送っていることに親近感を感じ、エンターテイナーとして人を魅了させることの難しさも語られていて、内容も良かった。クリニクラウンの演技で傷を負った人達が少しずつ前向きになっていく姿は心温まる。

  • 両親のかわりにグランマに愛情をうけて育った少年。昔見たサーカスでの自立を夢みて入団を決意する。華やかなサーカスの個性豊かな人々とその内に秘めたドラマ。いいところで終わります。

  • 物語の中は、ここではない非現実の世界。そここらさらに非日常空間であるサーカスの世界を訪れることができて、ワクワクした読書体験でした。
    実は小川糸さん作品はちょっと苦手なのですが、この作品は素直に楽しめました。他の方のレビューを拝見したところ、糸さんファンには異色作なのかな?
    食べ物の描写は糸さんらしいし、ライトな性描写や下ネタも必要?と思いつつ、食べることと交わることは生き物の根っこなのだというメッセージとして受け止めました。
    ありきたりな感想ですが、サーカスを観に行きたくなります(^^;;

  • 地球をぐるりと一周して、僕が、僕自身の後姿を見つめている。未来とは、僕自身のこと?

    悲しいのにうれしい。切ないのに楽しい。

    サーカスは、詩だよ。

  • きっ…期待し過ぎてしまった^^;
    いつも通り優しい物語やったのに、期待度が高すぎて、物足りなさを感じてしまったw
    サーカス団に入って、色んな大人達に助けられながら成長していく少年の物語。
    サーカスとかピエロとかって、泣いているのに笑ってるトコに、なにか物悲しさと神秘さを感じるネ。
    ただただ、糸さんの本には強さと優しさを備えた、やっぱり良い人が多くて、最後まで平和な気持ちで読めました♪
    穏やかな休憩時間をありがとうございました♡

  • 読みながら、小川さんの作品なのにばななさんを彷彿とさせた。生と死の交錯するサーカスの話だからかもしれない。

  • いまの心境だと、こういう優しい作品が安心できる。

  • ラストにじんわりきました

  • 小さい時から病気でつらい思いをした僕。
    病気が治ったと思ったら、今度は両親が離婚してしまった。
    しかも、病気の後遺症で10歳の時から身長が伸びない。

    自分の運命を悟った僕は、たまたま番外地に来ていたサーカスの劇団員に立候補する。

    最初は雑用。
    コックのお手伝いからトイレの掃除など。
    そして、やがてジャグリングを教えてもらい、恋をして、綱渡り師を目指す。

    途中から「この主人公名前がないのかな」と思っていたら最後に自分でつけることになりました。その名も「ソリャンカ」。彼が前を向いて真っ直ぐ綱の上を歩き出す所で物語は終わる。

    この物語、そもそも登場人物の名前ってないんですよね。
    皆食べ物の名前を呼称にしている。名前を大事にする考え方って新鮮でした。

  • 雰囲気がこの人っぽくない…誰かに似ている…って頭のどこかで思いながら読んでた。
    勘違いかな、サーカスっていう別世界の雰囲気がそう思わせただけかも。

全112件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

小川 糸(おがわ いと)
1973年生まれ、山形県出身の小説家であり、作詞家・翻訳家でもある。作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。
2007年に初の絵本を上梓し、さらに翌2008年に小説『食堂かたつむり』を発表。同作は第1回ポプラ社小説大賞に応募し、最終選考にも残らなかった作品だったが、目に留めた編集者によって刊行され、ベストセラーとなり映画化された。同作は、2011年7月、イタリアの文学賞である、バンカレッラ賞料理部門賞も受賞している。
2017年、『ツバキ文具店』が「本屋大賞2017」で第4位にノミネート。ドラマ化もされた。続編『キラキラ共和国』も発行、代表的シリーズかつヒット作となっている。
その他代表作として、テレビドラマ化された『つるかめ助産院~南の島から~』。

小川糸の作品

ツイートする