サーカスの夜に

著者 :
  • 新潮社
3.27
  • (12)
  • (84)
  • (141)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 797
レビュー : 114
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103311928

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小さい時から病気でつらい思いをした僕。
    病気が治ったと思ったら、今度は両親が離婚してしまった。
    しかも、病気の後遺症で10歳の時から身長が伸びない。

    自分の運命を悟った僕は、たまたま番外地に来ていたサーカスの劇団員に立候補する。

    最初は雑用。
    コックのお手伝いからトイレの掃除など。
    そして、やがてジャグリングを教えてもらい、恋をして、綱渡り師を目指す。

    途中から「この主人公名前がないのかな」と思っていたら最後に自分でつけることになりました。その名も「ソリャンカ」。彼が前を向いて真っ直ぐ綱の上を歩き出す所で物語は終わる。

    この物語、そもそも登場人物の名前ってないんですよね。
    皆食べ物の名前を呼称にしている。名前を大事にする考え方って新鮮でした。

  • 雰囲気がこの人っぽくない…誰かに似ている…って頭のどこかで思いながら読んでた。
    勘違いかな、サーカスっていう別世界の雰囲気がそう思わせただけかも。

  • 大きくならない少年が、サーカス団に入りトイレ掃除係りからやがて綱渡りとしてデビューするまでのお話。どこか日本ではないような異国情緒あふれる幻想的な童話のような世界観。エリン・モーゲンスタンの『夜のサーカス』を思い出す。サーカスの裏側はきれいごとばかりではないのだ。

  • 私はどうもサーカスを見ると泣けてしまう。

    何とかソレイユとか(済みません)
    華やかなショー的なイメージよりも
    どうも旅芸人的な物淋しさを感じてしまうんです。

    昔、遊園地でミニサーカスみたいなのがやっていて
    衣装に着替えたとっても綺麗なロシアのお姉さんが
    女子トイレで一緒に並んでいるのを見たときの
    あの感じを思い出します。

    この本のサーカスがまさにそんな感じ。

    理由もなく涙腺を刺激されつつ
    このおとぎ話から目が離せませんでした。

  • 体の成長が止まってしまった少年が、かつて自分を捨てた両親とともに見たサーカスに憧れ、弟子入りをする。そこは、体や心に傷を持った人たちの集まりで、少年は団員たちの苦しみや悲しみに触れながら、様々なことを学んでいく。

    異国の架空の町が舞台で、地に足がついていないような、ふわふわした感覚が漂っている。そこが魅力ではあるものの、問題を抱えた人たちの集まりなのだから、おとぎ話で終わらせず、もう少し「毒」を加えて大人の小説に仕上げてほしかったな。

  • 請求記号: 913.6/Oga
    資料 I D : 50079547
    配架場所: 図書館1階西 学生選書コーナー

  • おしゃれな映画になりそう。

  • 子供の頃、家族で見に行った木下サーカスを思い出した。なんか、ものすごくワクワクしていた気持ちも。

  • 2015/04/22
    移動中

全114件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

小川 糸(おがわ いと)
1973年生まれ、山形県出身の小説家であり、作詞家・翻訳家でもある。作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。
2007年に初の絵本を上梓し、さらに翌2008年に小説『食堂かたつむり』を発表。同作は第1回ポプラ社小説大賞に応募し、最終選考にも残らなかった作品だったが、目に留めた編集者によって刊行され、ベストセラーとなり映画化された。同作は、2011年7月、イタリアの文学賞である、バンカレッラ賞料理部門賞も受賞している。
2017年、『ツバキ文具店』が「本屋大賞2017」で第4位にノミネート。ドラマ化もされた。続編『キラキラ共和国』も発行、代表的シリーズかつヒット作となっている。
その他代表作として、テレビドラマ化された『つるかめ助産院~南の島から~』。

小川糸の作品

ツイートする