熟成する物語たち

著者 :
  • 新潮社
3.56
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103321514

作品紹介・あらすじ

人気翻訳家による文学とワインをめぐるユニークでスリリングな33章。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ワインと本に関する凄い知識を披露している.引用されている本で読んでみたいものが多数あった.

  • 文学界に連載しているエッセーをまとめたもの。文学とワインを融合させた話が多いが、どちらもかなりマニアックな領域まで突き進んでいるため、なかなか付いていける人はいないのでは、とちょっと心配になってしまった。個人的にはかなり楽しめるものだった。

  • 翻訳論・文学論とワインのうんちく話をいちいちからませるのが、じつに単調だし、強引でうっとうしい。

  • 翻訳家として知られる鴻巣さんの、薀蓄深き「ワインと書」にまつわるエッセイ。翻訳作業のかたわら膨大な読書量を誇る書評家としての一面も見せながら、それに加えて生涯をかけてワイン道を追求しようと言うその姿勢。大変な情熱がほとばしり出る内容。

    今回のエッセイは、最初から最後まで、文学とワインとのマリアージュを意識した構成。ただ、ワインにしても文学論にしてもこちらの知識がついていけない一面があって難解。

    ワイン通で文学通という真のヨーロッパ的知識人向けの一冊。

  • やっぱり文庫になるまで暫く掛かるだろうなぁ~

全5件中 1 - 5件を表示

熟成する物語たちのその他の作品

熟成する物語たち Kindle版 熟成する物語たち 鴻巣友季子

鴻巣友季子の作品

ツイートする