レッドアローとスターハウス―もうひとつの戦後思想史

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (7)
  • (17)
  • (15)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 163
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103328414

作品紹介・あらすじ

西武と団地は、何を生み出したのか-特急電車と星形住宅が織り成した「思想空間」をあぶりだす力作評論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全396頁の最後の2頁前に出てくる「戦後思想史を一国レベルで語ることの危うさ」がこの大冊の要点だろう.西武沿線の団地の歴史を詳細に述べているが,出てくる事象は様々だ.トクヴィルが喝破したニューイングランドの地域自治の多様さは,ひばりが丘団地と滝山団地に当てはまる.日本という国の政治思想史を抽象概念で一本化して捉えることの危険性は理解できるが,それを具体化した一連が本書だと思った.西武沿線に住んでいたので馴染みのある地名が頻出していたので読みやすかった.

  • 原武史さんの本は、何を読んでも面白い。
    同書は、まさに「空間政治学」を提唱する史の面目躍如である。
    岸信介万歳、アメリカ万歳であった堤康次郎は買収を重ねて西武鉄道を作り上げたが、その沿線に形成されていったのは各家庭が均質な生活を営まざるをえないようなソ連・東欧型の団地であり、住民となった新中間層は結果的に東京で最も共産党の勢力が強くなっていった。
    堤が理想としたロサンゼルスに近かったのは、むしろ五島慶太がレッチワースを理想として戸建て住宅の建設重視して開発を進めた東急沿線であり、こちらはハイ・ミドル階層が住民となることで保守の地盤となっていった。
    このように皮肉に皮肉が重なる形で話が展開してゆくのが同書最大の面白さであるのだが、ひばりヶ丘や東久留米などには全く止まらない特急に、西武が意図せず「レッドスター」と名前を付けてしまったところまでゆくと、もはや皮肉というよりほとんど笑い話にも似た趣が感じられる。

  • 中では触れられていなかったけど、個人的に「西武鉄道100周年記念読書」
    原武史先生のアイデンティティ、原点となった滝山コミューン1974以前、西武線沿線に団地が形成されるようになった1950年代~1970年ごろまでの西武線と団地、堤家と団地の人々について語られた1冊。
    個人的には自分が育った土地であり、親が育った環境である団地に関する考察というのは、4歳?くらいまでの記憶がある公団久米川団地や、都営団地を思い出させる光景でもあり、微妙な懐かしさがある話でもある。
    そして興味のあった団地という居住環境、武蔵野という土地、そしてその開発規模、時代性、それらが組み合わさることで独特の政治思想が地域に誕生するというのは再認識。
    一方で、永江朗が書いたセゾングループは何を夢見たのか? や上野千鶴子と辻井喬の共著本などセゾングループ研究本などと比較すると、西武・セゾングループというのが戦後政治思想などを勉強する上で、興味深いにもほどがありすぎるサンプルとして取り入れられるのではないか? という気がしてならない

    NHK出版本も読む!

  • 戦後一面の原野に突如出現した人工的住居空間「団地」を母体とする思想独特の性格を、歴史的に解明して興味ぶかい。

  • 反共だった堤康次郎が勧めた西武園線沿いの団地はソ連のそれが参考にされた。
    理由として戦後、都心の人口増加に対応するには質より量が重視され、自家用車が普及していなかったため、アメリカのような郊外住宅地の建設が不可能だったためである。

    また、かねてから沿線には結核やハンセン病患者の療養施設があり、彼らを支援する共産系の団体の活動があった。

    ゆえに団地コミュニティに共産の活動が入ってくるのは自然であり、一時期共産の支持が高くなった、という研究。

  •  西武鉄道とその路線の団地から見る戦後史。

     スターハウスは50年前に建てられたY字型の団地、レッドアローは池袋ー秩父間を走る特急の名前である。
     西武グループは開発によって親米保守的な日本をつくる一助を担おうとしていた。会長の堤康次郎に至っては天皇と自分とを同一視化する程だった(秩父と天皇家の関係にびっくり!)。しかし、それとは対照的に均一的な団地はソ連の町並みのようであり、住民の団結を呼び、皮肉にも共産党の大きな支持基盤となっていった。
     社会は単純ではなく複雑な構造が絡み合っている。それを多くの人が人生の中で触れたことがある団地というものを通して描いているのが興味深かった。

     団地に住んでいたことがある人、西武沿線に住んでる人は必読。

  • 先日初めてレッドアローに乗車しました。池袋駅で乗り場がわからなくて上がったり下がったり。東京では生活圏が違うとまったく自分には関係のない電車が出てきます。その関係ないはずの路線である西武池袋線、西武新宿線で挟まれたエリアが、世界でもっとも社会主義が成功した資本主義国日本の政治意識の揺籃の地となって、例えばジブリの「となりのトトロ」の自然観まで影響を与えるというスリリングな論考です。「反共親米」の資本である西武・堤康次郎の野望と上田耕一郎・不破哲三という日本のマルクスブラザーズの活動、秩父宮と昭和天皇の微妙な距離感、堤清二と堤義明の確執、西武と東急との戦争、そして共産党と公明党の自治会へのアプローチ、などなど数々の東京郊外を舞台にした二項対立がダイナミズムを生み出し日本人の意識を形成していく様子が感得できます。たぶんあの時代に人格形成をした鉄っちゃんである著者が天皇制や政治思想史の専門家となって初めて書ける本かも。

  • やはり東京はたくさんの村落の集合としての都市であり、鉄道路線がそのカテゴリーを作ってる。地方なら例えば郡に相当するような。中央線沿線と西武新宿線沿線では、大した距離はなくても違うものに対する帰属意識がはっきりと出ている。
堤が反ソ親米路線を地で行ったとはいえ、沿線の開発に対して力を入れなかったがゆえ、西武鉄道の沿線は公団住宅の森となり、それが国家が描いた新中間階級のアメリカ的マイホームとなるかと思えば、空間的な理由でソ連的都市が生まれ、共産主義の温床となる。
団地という空間、西武鉄道沿線という空間が特有の政治的状況を生み出し、氏の唱える空間政治学のいい例となっている。
空間が何が別の次元に何らかの写像ももたらす。または何らかの次元の写像としてある空間が生まれてくる。そういう視点、手法論としてで建築の分野でも活かせるかもしれない。

  •  沿線の宅地開発に関心がなかった西武鉄道沿線に大量に供給された公団住宅が、共産党を軸とする特異な政治風土を生み出していったさまを、経験的な観察を織り込みながら論じていく。
     以前の著書『滝山コミューン』は、著者の思いの強さにやや辟易させられたが、より一般的な沿線文化に焦点化した本書は、西武鉄道と日本共産党双方にとっての〈裏面史〉として興味深い。戯画的なまでに戦後の親米保守を地で行き、自社に小天皇制めいた文化を作っていった堤清次郎(鎌倉霊園の堤の墓所はまるで天皇陵だ)が、図らずも戦後左翼の重要拠点を演出してしまっていたことに注目した点は、非常に大事なところだと思う。

     だが、大量のエピソードが綴られていく本書を読み終えても、〈本当に鉄道は文化政治の下部構造たりえるのか?〉という疑問は拭えない。確かに、公団によって急激かつ一気に開発が進んだ西武沿線の風土は特異だし、中央線や東急線との沿線文化の違いも体感的には理解できる(東急線に対する馴染めなさは半端なものではない)。だが、西武沿線の特異性を強調してしまうと、1970年代の各地都市部で相次いだ革新自治体の簇生が説明できなくなってしまうのではないか。
     むしろ、本書のポイントは、この時期の日本共産党の拠点となる支持層が〈新中間層〉だったことを明らかにした点にある。ライフスタイル、世代、文化資本などの点で、左翼の基盤は党の志向性と明らかにズレをきたしていたのだ(おそらく、1970年代の左翼を支えた流れは、東映動画=スタジオジブリにつながっている)。共産党と公明党とが支持を争いあう中で、公明党がより世帯収入の低い都営住宅から浸透していった、という指摘も含め、1970年代の文化政治の多層性を考えるきっかけとなる一冊であることは、間違いないと思う。

  • 西武線クオリティーが、割と、理解できた。

全22件中 1 - 10件を表示

原武史の作品

レッドアローとスターハウス―もうひとつの戦後思想史を本棚に登録しているひと

ツイートする