人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった

著者 :
  • 新潮社
3.56
  • (12)
  • (23)
  • (19)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 237
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103328810

作品紹介・あらすじ

お客様満足度日本一/従業員満足度日本一/売上げ伸び率日本一を達成した「最優秀店長」が大公開!高校生のバイトでも「輝く人材」に大変身させる「マクドナルド流人材育成術」とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鴨さんの生き方を解りやすく熱くまとめてくれた本。
    読み易すぎて、ブワーっと読んでしまった。
    同時にマクドの素晴らしさを知る。

    仕事って面白い。一生懸命やる人達との仕事ってこんな面白いんだなぁって思う。


  • 1.ほぼ毎日お世話になってる鴨tubeファンとして、絶対に読もうと決めていたので購入しました。

    2.「人生で大切なこと」と書いてありますが、人との関係性について特化して述べられています。世間一般でいうところの「人材育成術」と呼ぶのでしょうが、自身の失敗から学んだ教訓が熱く語られているので、自叙伝?という方が相応しいのではないかと思いました。また、何のために仕事をするのか、人間にはどんな価値があるのか、素直な気持ちを持っている著者だからこそ書けるストーリーになってるのだと思います。

    3. 30分くらいで読めるので、仕事、アルバイトを始める人は絶対に読んだほうが、今後の仕事をより楽しめると思います。さんざん鴨tubeで見てきたので「なんのために仕事をするのか」「人との関係性には何が必要なのか」常に考えてきました。この本を見て、キーワードであろう「尊敬」があるからこそ、他人に優しくなれるうえに、成長も早くなるのだと思いました。

  • 自信家な情熱系マネージャーのマクドナルドファンブックという印象。しかしながら同じタイプの人間は少なからずこの方と同じ経験を持ったことがあるのではないか。(私もその一人。)

    結局のところマネジメントや人を育てる上で共通するのは「楽しいと感じるよう導くこと」なのではないかも思う。難しいけれどもサービス業においてこれが肝心。

  • (レビュー初心者です。読みにくかったら、申し訳ありません)。

    本書を一言で語るなら、、、「熱い!」
    マクドナルドに対する愛を超えて、お客様に喜んで頂くことに対する筆者の情熱が、本書全体を通してビシバシと伝わってきます。

    とても読みやすいので、是非手にとられて見てください。


  • 人材育成本

    鴨頭さんはYouTubeをきっかけに知った。
    マクドナルド店員ということは知ってたけどここまで遅咲きな人?やとは思わんかった。
    (マクドナルド界隈では成功者の部類やと思うけど。)

    鴨さんは失敗をしっかり認め、その後のリカバリーを真っ先に考えるところがとても勉強になる。

    スシローの本にも書いてたけど失敗した時って性格出るなぁ。

    鴨さんはすごく素直なところも尊敬できる。お世辞抜きで真っ直ぐな生き方をしていると誰でもみたらわかる。一瞬で。

    最後の本気で世界を変える、という発言。
    自分にはどれくらいの本気度があるのか問いかけてみたくなった。落ち着いて時間あるときに考えよう。

  • youtubeで頻繁に出ているので、気になった著者の本をよんでみた。
    今から6年以上も前だから、書きっぷりも話しっぷりとはだいぶ違う。
    エピソードはおなじみなので、
    まぁ、サーっと読めました。

  • 7月20日 ハンバーガーの日 にちなんで選書

    【以下、https://zatsuneta.com/ より引用】
    この記念日は、1996年(平成8年)に日本マクドナルドが制定。1971年(昭和46年)7月20日、東京・銀座の三越デパート1階にマクドナルドの日本1号店が開店した。開店当日、1万人以上の客がつめかけ、1日で100万円以上の売り上げを記録した。ハンバーガーは1個80円であった。記念日は開店25周年を記念して制定された。

    マクドナルドは1954年、アメリカのカリフォルニア州で誕生した。創業者はレイ・クロックで、ドライブインを経営していたマウリス&リチャード・マクドナルド兄弟から店の権利を買い取ってハンバーガーチェーンとして展開し、世界のチェーン店に成長させた。

    日本マクドナルドの創業者は藤田田(ふじた でん)で、英語の発音では「マクダーナルズ」であったが、日本語として発音しやすい「マクドナルド」の名前を採用した。

  • 経営者のありがたい言葉よりも現場の言葉が多く、ためになる。店長職の方には特に刺さることが多いのではないだろうか。

  •  マクドナルドのバイトをバカにしていたが、「会社の金で人間形成に必要な教育を受けられる」ことが分かり、贅沢であり、悪いバイトでないことが分かった。
     手軽で身近なマックのバイトであるが、社会を知る、人間的に成長する、にはいい。
     思えば自分も大学時代のドーナツのバイトはそんな感じだったなと、懐かしく感じた。
     著者はそのまま入社、社員となりその後のサクセスストーリーが描かれている。

  • 鴨さんのYouTubeにハマってそのルーツを知りたくて読んでみました。

    マックで働くきっかけも普通の人と同じだったし、何が彼をここまで変えたのか興味深かった。とにかく熱い!

    失敗からの心をどう整え復活したのかもう少し詳しく知りたいこともありましたが、明確な目的やゴールを持つことで仕事に対する価値を高め、更にマックのシステムを理解してマネジメント能力を培ってきた行動力と思いは凄かった。

    さすが日本一の講演家になる予定の人だ。(^^)

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)
1966年大阪生まれのセミナー講師・講演家。アルバイトとして4年間、社員として21年間、日本マクドナルド株式会社に勤務。98年、お客様満足度全国1位、従業員満足度全国1位、セールス伸び率全国1位の「三冠」を獲得、「最優秀店長」に選ばれる。マクドナルド初の「グループ運営店長」やオペレーションコンサルタント、本社人事部での採用担当などを経て、現在は人材育成、マネジメント、リーダーシップ、顧客満足、セールス獲得、話し方についての講演・研修を行っている。日本一熱い想いを伝える炎の講演家として活躍する傍、株式会社3社の経営とNPO法人1社の経営、出版社とクラウドファンディング社も運営。著書に『人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わった』、そして2019年7月19日刊行の『自己肯定力』ながある。

鴨頭嘉人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピーター・セージ
柳井 正
佐々木 圭一
デールカーネギ...
ジェームス W....
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

人生で大切なことはみんなマクドナルドで教わったを本棚に登録しているひと

ツイートする
×