ライアー

著者 : 大沢在昌
  • 新潮社 (2014年4月30日発売)
3.54
  • (14)
  • (45)
  • (42)
  • (12)
  • (0)
  • 本棚登録 :282
  • レビュー :46
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103333524

作品紹介・あらすじ

愛する者のため、誰もが命懸けで嘘をつく――至高のアクション・ハードボイルド! 優しい夫と可愛い息子。幸せな生活を送る妻の本当の顔は、対象人物の「処理」を専門とする工作員。彼女にとって、家庭とは偽りだった。夫が謎の死を遂げるまでは……感情を持たない故に無敵だった彼女が、愛を知るための戦いの幕を開ける。壮絶な騙し合いと殺し合い、その果てに待つ慟哭の真実――大沢アクションの最高傑作。

ライアーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *殺人の代償。それは、誰も愛さないことだった。優しい夫と可愛い息子。幸せな生活を送る妻の本当の顔は、対象人物の「処理」を専門とする政府組織の工作員。彼女にとって、家庭とは偽りだった。夫が謎の死を遂げるまでは…殺人機械だった彼女の、愛を知るための戦いが幕を開ける*

    設定や「処理」の描写は大沢氏らしい面白さ。ただ、二転三転する謎の推理が似通っているので、ややこしい上に少々退屈。実の息子の計画殺害、刑事のあからさまな恋慕など、やや強引な部分も。

  • 嘘つきばかりで何が本当か。サクサク読めて面白い。刑事と主人公が恋仲になるのが、理解できない。あと、実の息子の殺害指示するかなぁ。

  • ラストが強引な展開で若干残念。

  • 対象人物の「処理」を専門とする政府組織の女性工作員の話。
    主人公自身も家庭では「ライアー」であるが、彼女を取り巻く人たちの誰もがライアーであり、誰が真実を言っているのか、誰を信用していいのか、最後まで嘘が繰り返される。
    設定も展開も面白いのだが、静的というのか、いつもの面白さがなかった。
    常に冷静で工作員としての資質に溢れる主人公の性格設定は好きだった。
    (図書館)

  • 面白くなくはないんだけど、現実味がなくて途中ついていけず・・・。
    刑事さんが奈々を好きになるのが急な感じがした。けどそれがないと、話が成り立たないよね。

  • アクションとしての爽快感はあったけど、ミステリーの要素は薄いと思った。

  • 神村

  • 2014年読了

  • ドキドキの展開でかっこよくいくと思いきや終わり方悲しみに満ちててつらいです。
    特殊工作員に人としての幸せは望めないのでしょうか。

  •  極端で、サイボーグみたいだから、面白く読める。

全46件中 1 - 10件を表示

ライアーのその他の作品

大沢在昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ライアーはこんな本です

ライアーを本棚に登録しているひと

ツイートする