ジゼルの叫び

著者 : 雛倉さりえ
  • 新潮社 (2017年7月21日発売)
3.00
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103342120

ジゼルの叫びの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まるで詩だ



    詩が連なって文章になって小説になったかのような



    心が痙攣するような瞬間がずっと続いて

    宝石に目が眩んで眩暈がしそうだった



    咽るような緑の香り

    崩れそうな儚い曲線

    壊れたままの夢

    夢の先に道を見つけた人



    生と死が反転するように舞う 湖の下に沈んで

    切れ切れの息で 息継ぎして 空を瞳に映して



    息をして 繰り返して

    それだけで 息をして

    それだけで 生きていて



    美しくも脆く 弱く

    同時に 揺らぎながらも輝く 眩くも 強く



    死のせめぎあいで 咲く 花のような 生と

  • 小説によくありそうなエピソードを詰め込んだという感じ。そしてとっ散らかったまま終わっているような気がした。新刊をずっと楽しみにしていたけれど、前作の方が面白かった。

  • 読み終わったけど、よくわからない。

  • なかなかひどかった。
    デビュー作は10代の瑞々しさ、危うさ、脆さが出ていて不安定ながらきちんと紡いだ文章に好感を抱き、今作を楽しみにしていたのだけど、なかなかの支離滅裂っぷり。
    連作短編小説で視点が変わるのだけど、誰の視点から読んでるのか読者が迷子になるほど、キャラクターが似たり寄ったり。(唯一金田先生の息子だけ男だったからそこだけすいすい読めたけれども)
    R18文学賞で最終候補に残っただけなのに、出版社は推したいのかな、若いから。けど、これはなかなかひどかった。クラシックバレエを習っていたわたしでもなんの感情を抱かないほど、薄かった。。残念

全4件中 1 - 4件を表示

ジゼルの叫びのその他の作品

ジゼルの叫び Kindle版 ジゼルの叫び 雛倉さりえ

雛倉さりえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジゼルの叫びはこんな本です

ツイートする