地下水路の夜

著者 :
  • 新潮社
3.07
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103343295

作品紹介・あらすじ

あの名作が、あの名文句が、驚きの物語を生み出す。名人ワザ冴え渡る名短篇集。古い街の地下を流れる誰も知らない水路。そこで出会ったはずの絵本を読む美女は本当に存在したのか? 亡き父はなぜ「アリマタヤのヨセフを調べろ」と言い遺したのか? 一冊の本、一つの言葉が記憶の鍵を解き放ち、予想外の物語が立ち上がる。著述生活半世紀に及ぶ著者の文学愛が名短篇に結実した、豊饒なる十二話の綺譚集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古い街の地下を流れる誰も知らない水路。
    そこで出会ったはずの絵本を読む美女は本当に存在したのか?
    亡き父はなぜ「アリマタヤのヨセフを調べろ」と言い遺したのか?
    一冊の本、一つの言葉が記憶の鍵を解き放ち、予想外の物語が立ち上がる。
    (アマゾンより引用)

    この人の話は何やら分からん

  • 中年の男性や女性が主人公の短編集。一昨日、本屋で広辞苑第七版を見て、欲しいな、でも分厚いし重いな、と思っていたのですが、この本の短編に、何かの折に人に紙の辞書をプレゼントする男性が出てきて、よし、広辞苑買おう、と思いました。寝る前に広辞苑を見るのも楽しそうだなー。

  • 短編集12編
    どれも主人公にとって,少し現実からすべり出たような怪異な現象が起こる.過去に遡る記憶であったり今現在の体験であったりするが,このホラーとまではいかない不思議な感覚が,じわじわと滲み出てくる.「朗読者」と「花を訪ねて」は怖いところもあるが美しくて良かった.「言葉の力」のコースターは謎だけれど面白かった.

  • 久々の阿刀田氏の新刊。
    間隔があいても、すっと馴染んで戻ってくるこの感覚。
    これが阿刀田さんなんだなぁ。
    帯によると、氏の著述生活は50年になるのだとか。
    さすがの名人芸。
    氏の得意とする、日常の隣りに空いた非日常、不思議
    だったり、ぞっとさせられたり。
    見識の深さがさりげないのもいい。
    私が読み始めてからでも30年は経っているはず。
    これからも新刊を楽しみにしよう。

  • H27/12/27

  • 掌編が12.どの話も気が利いていて楽しめるが,「男と女の学校」では朔子が押しかけてくる話を発端にして,正枝,明美,和恵,直枝と出てくる.ほんのりとそれぞれの女の様子を描写していることろが良い.

  • 12編の短編が収められている。どの話も趣きがあって普通に興味深い作品だけど、これはという「決め手」には欠ける。

  • 夢かうつつか、これまた不思議な世界の内容だった。

  • 2015/6/8(月曜日)

  • 期待して読んだのだけれど、ちょっと肩すかし。
    追憶のストーリーばかりでなんだかキレが無い。
    独特の、淡いというか緩いというか、余裕な雰囲気は各作品に感じたけれど。
    その中で「朗読者」にはうすら寒いモノを感じ、「言葉の力」では帯文通りにまさに名人!や豊饒という言葉が浮かんだ。
    阿刀田氏の昔の短編読んでみようかしら。

全12件中 1 - 10件を表示

阿刀田高の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする