千度呼べば

著者 :
  • 新潮社
2.40
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103346319

作品紹介・あらすじ

あきらめはすまい。あのひとに思いが通ずるのは千一度目かも知れないから。抒情詩の可能性をひたむきに追い求め、豊かに紡ぎ続けて70年になんなんとする詩業の、全作品中から選びぬかれ、劇的に配列された41篇の恋の情景。かなわぬ恋、破れた恋の切なさ哀しさ、こんなにも苦しくて、こんなにも甘やかな「あのひと」への思いを鮮烈に歌いあげる。日本語という美しき言霊の幸いを、この一冊に込めて。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋の詩をテーマに編集してありましたので、私には合わなかっただけで、恋愛中のうら若き女子が読めばグッとくるのではないでしょうか。やはり詩は受け取れる感受性が高い時にそれに合ったテーマに触れ合うと良いと思います。

  • 名作『わたしを束ねないで』を生んだベテランの詩人の最新作。いつまでも枯れぬ恋心がテーマ。絵がきれい。

全3件中 1 - 3件を表示

千度呼べばのその他の作品

千度呼べば Kindle版 千度呼べば 新川和江

新川和江の作品

ツイートする