未来を切り拓くための5ステップ: 起業を目指す君たちへ

著者 :
  • 新潮社
4.22
  • (23)
  • (17)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 202
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103356110

作品紹介・あらすじ

日本人初! Googleに会社を買わせた男がステップバイステップで教える。「起業本」の新たなバイブル誕生! いつどんなアイデアで始めるのか? 何をどう売るのか? どうやって会社を大きくするのか? 実践的なノウハウ満載。学歴や職歴、金やコネのない若者でも一発逆転が狙える。自分でビジネスを始めたいと思っている人、不確かな世の中を生きていく技術を身につけたい人には最良の1冊――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ロボットベンチャーのSCHAFTをGoogleに売却した加藤さんの著書。書いてある事は起業の基本的な事で見聞きしたことある内容だけど、何だかワクワクさせてくれる本。やっぱり経験あるから説得力ある。

  • 後書き「一度目のをするためには、この本の内容を読むだけで十分なのだ」。読み終わり、どこかで学び足りないと気持ちがあるかもしれないが、それは「気のせい」だ。実際に起業してみれば、そしてベンチャー企業を経営してみれば、分かるが、事前に100%すべてを学ぶことはできないのだ。限られた知識でそれを修正していくことこそが、起業家として大切なこと。出来るだけ早いタイミングで多くの失敗を経験し、その経験を糧に社会に大きな影響を与え、自分自身の成長を掴んでほしい。
    なるほどね。大切なのは実行することだ。

  • 著者が若いことに驚く。
    若いといっても、30後半だけど。

    SCHAFTが、NASAのコンテストで優秀な成績を収めたことは何かで知っていたけど、このような形になっていたとは。

  • 熱い魂を持った男、加藤崇さんの著書。起業に関心がある若者はもちろん、起業支援に関心がある人も、起業家の生体が分かるので強くおススメ。細かなマニュアルが示されているわけではなく、「なぜ始めるのか」「誰と作るのか」といったことに関する考え方、指針を示してくれている。また著名起業家による共感できるメッセージも豊富。残念なのはそのメッセージを発しているのはほとんどアメリカ人ということ(これは前著作と変わらない)。第3部も遠からず出版されると思うが、そのときは日本人起業家の事例が豊富になっているといいなあ。もっとも、世界を良くしてくれるなら国籍なんて関係無いけどね。

  • HONZの代表成毛氏が「起業をするのであればこの1冊で十分だ」とお薦めの本。たしかにワクワクする。

  • 自分にも起業ができると思わせてくれる
    初めて企業するときの本。

  • SCHAFTの立ち上げからGoogleまでの売却に一通り携わられた加藤さんの内容は非常に説得力があります。また、SCHAFTではなく過去のこれまでの起業家、VCなどのメッセージも効果的に利用され起業に大切なポイントをまとめられています。

  • おもしろかったです。
    起業をするための本です。起業するきっかけ、起業するための考え方、起業した後に何が起きて、どう対処するべきか等がとても分かりやすく書いてあります。
    特に今起業を考えているとかではありませんが、起業をする人の視点や、今までにたくさんのベンチャーと関わってきた著者の企業に対する考え等とてもおもしろく、シリコンバレーの起業家の言葉もたくさん引用されていてよかったです。
    僕のいつも読んでいる書評サイトのイチオシでした。

  • 企業を目指す人が対象だが、それ以外の仕事に悩む人にもいいかも。ビジネスのよくあるフレームワークを使わずにわかりやすく、また、先人たちの言葉(経験)を用い、優しく解説。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ。早稲田大学理工学部(応用物理学科)卒業。元スタンフォード大学客員研究員。東京三菱銀行等を経て、ヒト型ロボットベンチャーSCHAFTの共同創業者(兼取締役CFO)。2013年11月、同社を米国Google本社に売却し、世界の注目を集めた。2015年6月、人工知能により水道配管の更新投資を最適化するソフトウェア開発会社(現在のFracta, Inc.)を米国シリコンバレーで創業し、CEOに就任。2018年5月に株式の過半を栗田工業株式会社に売却し、現在も同社CEO。著書に『未来を切り拓くための5ステップ』(新潮社 2014)、『無敵の仕事術』(文春新書 2016)。現在、米国カリフォルニア州メンローパーク在住。

「2019年 『クレイジーで行こう! グーグルとスタンフォードが認めた男、「水道管」に挑む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤崇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
エリック・リース
佐々木 圭一
ブラッド・ストー...
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
ビジャイ・ゴビン...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

未来を切り拓くための5ステップ: 起業を目指す君たちへを本棚に登録しているひと

ツイートする
×